2007年02月11日

「ホームレス」問題と<日本>−「ホームレス」問題を「自己責任」論に回収すべきでは無い!

「ホームレス」支援雑誌・「ビッグイシュー」屋外生活者(「ホームレス」)問題、少し視点を変えて論じてみます。

日本の被差別者や漂泊民の歴史を調べれば分かると思うんですが、この日本では<昭和30年代頃までは>定住する家を持たずテントを持って各地を転々とする人達や、河川の橋の下や洞窟などで<無断で>暮らす人達は決して珍しく無かったのです。

そういう人達には職業上そういう暮らしをしていた人達もいましたが(例えば「サンカ」等と呼ばれる職能集団)、貧困や差別などの境遇で已む無く、しかも二世代以上に渡って家の無い生活を送っていた人達もいました。

歴史的にみれば、みんなが定住する家を持っているのが「常識」とされる社会状況って、少し見方を変えれば戦後の経済成長以降の完全雇用に近い雇用状況が実現した社会、ここ最近の現象に過ぎないとも言えるのですね。

しかも、昭和30年代以前と違っていまは家族を含めた互助的な「共同体」的なものが壊れていますから、ある意味当時よりも酷い状況だと言えます。一度失業すると「底」が無い。

「『ホームレス』になるのは本人の自己責任」などと片付ける人がいます。しかしながら、「ホームレス」問題はその時代の社会や政治・経済の状況と決して無縁ではありません。社会的・歴史的にこの問題を把握しする必要があるのではないでしょうか。

ところで、少し前の日テレ系のドキュメンタリー番組でも取り上げられていましたが、昨今は家を持たず(というより持てず)24時間営業の漫画喫茶で暮らす「ホームレス」の一歩手前の人達も増えているようです。私がお世話になっているブログの関連記事にリンクを張っておきます。

「ネットカフェ難民―漂流する現代日本のITコッチェビたち」(アフガン・イラク・北朝鮮と日本)

あと、朝日新聞社の月刊誌『論座』の1月号が「現代の貧困」と題して、この種の問題を網羅的に扱っていますね。「ネットカフェ難民」にならざるを得ないような人達を「搾取」する「ニュービジネス」の実態、刑務所が「福祉施設」化している現状などなどが取り上げられています。

昨今の「ホームレス」問題は単なる「自己責任」だとか「本人の働く意思」だとかいうレベルの問題に留まらず、<新自由主義的グローバリゼーションが齎す貧困問題>として捉える必要がありますね。雇用が流動化し、「建設業的雇用状況」があらゆる業界・業種に浸透しているいま、よほどの金持ちでもない限り誰でも「ホームレス」になる潜在的可能性があることを見過ごしてはならないでしょう。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. フランスの「屋根の上で暮らす権利」?  [ 言ノ葉工房 ]   2007年02月11日 12:26
愛国心はあるさ。ありますとも。あるからより良い国になってほしいのだーだから外国と存分に比べさせてもらいまーす追加キャンペーン!モア・アンド・モア このブログに訪れてくださる方の検索キーワードなのですが、
2. 大阪市強制代執行とフランスのホームレス事情  [ 言ノ葉工房 ]   2007年02月11日 12:26
「美しい国」の「国際人権都市大阪」がその名にふさわしく人権侵害をやってのけてくれました!こんな嘘っぱちだらけの国ってどうよっ追加キャンペーン! ひびのまことさんの要請書に賛同してくださった皆様ありがとうございま 
3. フランスの「屋根の上で暮らす権利」?  [ 言ノ葉工房 ]   2007年02月11日 12:27
愛国心はあるさ。ありますとも。あるからより良い国になってほしいのだーだから外国と存分に比べさせてもらいまーす追加キャンペーン!モア・アンド・モア このブログに訪れてくださる方の検索キーワードなのですが、
4. ホームレスと闘わず、貧困と闘いましょう!by玲奈さん  [ 言ノ葉工房 ]   2007年02月11日 12:27
憲法で「健康で文化的な最低限度の生活」を保障しているはずの美しい国がそれを保障するどころか奪うってどういうことよっ。こんな国ってほんとどうなのよっ追加キャンペーン! 松本清張さんのブログ自公政権打倒のため??
5. 与野党、新たな対立軸!「人の多様性をどうとらえるか/国家と人間の関係をどうとらえるか」  [ 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 ]   2007年02月11日 14:05
2007.2.9.07:50ころ どうにも今週前半は生活が不規則になってしまい(
 今回は、「教育再生会議のヤンキー先生こと義家氏のトンデモ着ボイス」の話と、 「安倍氏&柳沢氏&御手洗経団連」の話の続きについて書いてみたい。  安倍官邸の教育再生会議で担当室長を務める義家弘介氏(ヤンキー先生)が、自分が 番組を持つFM放送局が有...
7. 名も無き者  [ 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・ ]   2007年02月11日 23:05
チェ・ゲバラの若き日を描いた映画『モーターサイクルダイアリーズ』の白眉はハンセン病患者が隔離された孤島にチェが溺れかかりながらも泳ぎ着き、患者達と抱擁するシーンである。 ◆◆◆◆ このところ、柳澤厚労相の一連の発言や、経済財政諮問会議のメンバーのザ・アー...
8. 石原慎太郎氏を支持しません  [ 喜八ログ ]   2007年02月13日 20:46
森巣 話は少し変わるのですが、日の丸・君が代に最も熱心な人の一人は、明らかに石原慎太郎東京都知事でしょう。で、私はスパイに依頼して、田園調布の石原邸を監視してもらっているのですが、なぜか「祭日」に石原邸には日の丸が掲揚されていない(笑)。 森 いい話だな(...
9. 「岡崎ホームレス殺人」(2)…殺したのは誰だ!?  [ dr.stoneflyの戯れ言 ]   2007年02月26日 02:54
 23日夜に放映されたNHKのナビゲーション「漂流 そして橋の下で??ホームレス襲撃事件への軌跡??」は、ワタシにとって衝撃的な放送だった。番組では、殺された69歳の女性と殺した28歳の男の、そこに至るまでの略歴が綴られることになるのだが、これって結構「すごい」ことな...
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事へのコメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)