2007年03月03日

【釜ヶ崎の住民に「法の支配」を!】「改めて大阪市へ抗議を!釜ヶ崎住民票問題」

【以下、AMLより転載します。】

タイトル:[AML 12294] 改めて大阪市へ抗議を!釜ヶ崎住民票問題
投稿者:"nasubi"さん
投稿日:07.03.03 00:59:43 +0900

なすびです。

 (多くの方が情報を流してくださっているので、内容が重複しているかもしれません。お許しください)

 大阪市は、今日行うとしていた住民票の抹消について、昨日の高裁での判決を受け、3週間程度「延期する」と発表しました。そして、3週間の間にドヤでの住民登録を周知し、新たな期限で再度、職権により住民票の抹消を行うと発表しました。
 とりあえずこの日の抹消は避けられたものの、この「延期」は何ら問題を解決するものではありません。

 ドヤを使った住民登録は、釜ヶ崎ではごく最近に簡易宿泊所組合と市とが合意し、3/1から行われているものですが、現場や飯場からいつもそのドヤに戻ってくることを前提として宿泊証明を出すなど、かなり無理のある条件になっています。
 長期飯場にいる人や入院している人はどうするのか、そのドヤで宿泊証明をとった人が飯場に入っている間もドヤは空き部屋にしておくはずもなく、戻ってきても宿泊できないことも容易に想像がつきます。同じドヤから現場に通ういわゆる「顔付け」の(比較的安定して仕事に行けている)労働者にしか意味がなく、市の主張する居住実態のようには行かないのは明らかです。
 新たな住民登録をしなければ3週間後に抹消する、というのは、より不安定な労働状況にある人を切り捨てる、ということを意味します。

 昨日の高裁の判断は、住民票の職権消除が重大な人権侵害を引き起こすと指摘したのであり、単なる手続き論ではありません。
 しかし大阪市はそれをねじ曲げて解釈し、ドヤでの住民登録などのルール作りとその周知をできれば、それに従わないものは住民票を抹消してもよいのだ、という姿勢です。これは、当事者の都合や意志とは無関係に、市側で何らかの「対策」を講じれば、野宿者を強制排除をしてもかまわないのだ、という従来の大阪市の態度と全く軌を一にしています


 しかも、この抹消延期を発表する記者会見は、市に申し入れに訪れた当事者たちを全く無視し、当事者には何の連絡もなく突然行われたものでした

 このような大阪市に対し、「住民票を抹消するな」の要請と抗議を引き続きお願いいたします

■抗議先

・大阪市市長室秘書課
 電話:06-6208-7231、Fax:06-6202-6950
・大阪市市民局区政課
 電話:06-6208-7321、Fax:06-6202-7074
・大阪市市民局「市民の声」
 http://www.city.osaka.jp/shimin/opinion/index.html

■激励先

・釜ヶ崎解放会館
 TEL 06-6631-7460 FAX 06−6631−7490
 大阪市西成区萩之茶屋2‐5‐23
・失業と野宿を考える実行委員会
 TEL・FAX 06‐6647‐8278 iryouren@air.ocn.jp
 大阪市西成区太子2−1−2 釜ヶ崎医療連絡会議内


(以下、朝日新聞の記事を転載)
====================================
西成・住民票削除を延期 高裁決定受け、大阪市
2007年03月02日

 大阪市は2日、同市西成区の大量住民登録問題で、この日夜に予定していた日雇い労働者ら約2500人分の住民票の削除を3週間程度、延期すると発表した。建設労働者の男性の仮処分申請に基づき、市側に住民票削除の停止を命じた1日の大阪高裁決定が、簡易宿泊所で住民登録するという市側の基準について、「相当の周知期間が必要」と指摘したのを受けた措置。ただ、その間に新住住所を届け出ない労働者らについては、30日の大阪市議選挙の告示までに削除を進める考えで、なお労働者側の反発が予想される。

 一方、市は、大阪高裁決定に対する最高裁への特別抗告は、憲法違反などの事由に限られていることから断念した。建設労働者の男性は当面、削除対象から除外する。(以下略)

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200703020036.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 なすび  山谷労働者福祉会館 活動委員会  
 〒111 東京都台東区日本堤 1-25-11 電話・FAX:03-3876-7073
山谷労働者福祉会館 http://www.jca.apc.org/nojukusha/san-ya
レイバーネット日本 http://www.labornetjp.org/
戦争と治安管理に反対するPINCH! http://www.iya-ten.net/pinch/


(追記)

「言ノ葉工房」というブログの↓の記事は、一連の「釜ヶ崎」での事件を考える上で興味深いです。

●「ローマ市にある架空の「モデスタ・ヴァレンティ通り」」

イタリアのローマには、「モデスタ・ヴァレンティ通り」という、架空の住所があります。


2002年1月にローマ市は、ホームレスの人たちの住所、架空の「モデスタ・ヴァレンティ通り」を創り、そこへ登録することで福祉サービスの受給や公民権の行使ができるようにしました

架空の住所でホームレスの人たちを救済 より一部抜粋

例えば 40歳のアリエテさんは、イタリア国営放送局で電気技師とした働いていたが、そううつ病を患って仕事も失ったという。

ところが住民登録をなくしたために、社会保険の登録も失効し、精神科の医者にもかかれなくなってしまった。

それがヴァレンティ通りに住所を移したお陰で再び精神科医の受診を受けられるようになり、保護施設で部屋も得ることができるようになったという。さすがはイタリア人だと思う。

四角四面の対応で、がんじがらめの規則の枠組みでしか考えない日本の自治体当局とは大違いである。(省略)

ローマの経験から学び、ホームレスの人たちの諸権利守られように、私たちも声をあげるべきだと思う。架空住所の試みを提案したカトリックの慈善団体は、「『住所の落とし穴』が行政の責任逃れを許していた」と言っている。(抜粋終わり)

・・・(以下略)

http://hizjihizji.blog85.fc2.com/blog-entry-112.html


私たちの社会は単なる法治主義では無く、「法の支配」をこそ確立せねばならないと考えます

釜ヶ崎の住民に「法の支配」を!


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 釜ケ崎解放会館の住民票問題、大阪市は3週間決定を先送り  [ 不条理日記 ]   2007年03月03日 11:50
わずか3週間決定が延びたというだけである。引き続き大阪市へ、日雇労働者の住民票を今後も認めるように強く働きかけなければならない。AMLと旗旗は毎日チェック! [AML 12294] 改めて大阪市へ抗議を!釜ヶ崎住民票問題 ブログ「旗旗」 山が動いた?大阪高裁が住民登録....
2. ローマ市にある架空の「モデスタ・ヴァレンティ通り」  [ 言ノ葉工房 ]   2007年03月03日 11:56
♪汚れた世界に 「悲しさ」は響いてない  どこかに通り過ぎてく ただそれを待つだけ                   by yen town band 人々の悲しみに鈍感になって傍観しちゃうような世の中は「汚れた世界
3. 07年3月3日・桃の節句号外編  世界の国会における女性の進出 参議院新清水谷議員宿舎  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年03月03日 14:41
07年3月3日・桃の節句  新聞のテレビの書き込み休刊していますが、参議院新清水谷議員宿舎の事をサタデースバットで放送していましたので、テレビの切り込みでの号外編で送ります。            今晩、ズバットコロシアムで放映されるらしいのですが、衆議院宿舎...
4. 喝采  [ ニャンケのブログ ]   2007年03月03日 19:57
まずはバンザイ三唱です。草加さんのブログ「旗旗」をごらんください。 ▽ だいたい
5. 平成19年度 「日本国人権侵害問題啓発週間」  [ 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・ ]   2007年03月04日 12:04
平成19年3月4日  平成19年度「日本国人権侵害問題啓発週間」実施要領  日本国当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ日本国当局による人権侵害問題の実態を解明し,及びその抑止を図ることを目的として,本年3月に,「...
6. 戦前・戦中・戦後語る  戦争は残酷です  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年03月05日 14:32
このコーナーに書くのは、2年前に護憲+の戦時を語るコーナーに、戦前・戦中・戦後に体験したり聞いた事を書いたものですが、再編してお送りしています。 戦争は残酷です  今朝の朝日新聞に関西地区周辺の主な爆撃が載っていました。広島原爆を省いて抜粋すると、...
7. 釜ヶ崎の住民票削除-3週間延期  [ ブログ「旗旗」 ]   2007年03月05日 15:31
 釜ヶ崎の住民票削除問題に心をよせるすべての方にご報告いたします。  大阪市は、当初、3月2日午後5時をもって職権消除する予定だった、2,700人余りの労働者の住民票削除を3週間延期することを発表しました。日雇い・野宿労働者たちは不可能と思われた2日の住民...
8. 漂泊の民・道みちの輩(ともがら)  [ アッテンボローの雑記帳 ]   2007年03月05日 22:54
 隆慶一郎の小説に「影武者徳川家康」と言う作品がある。原哲夫の作画で「週刊少年ジ

コメント一欄

1. Posted by るか   2007年03月03日 11:55
5 はじめまして。こんにちは。
取り上げてくださりありがとうございます。
内容が重複していても、少しでも多くの人の目に触れることで事態は変わると思います。

これがきっかけで、長年無視されつづけた、貧困問題にも光が当たると良いのですが。
2. Posted by まこと   2007年03月04日 06:54
るかさん、はじめまして。

>長年無視されつづけた、貧困問題にも光が当たると良いのですが。

まったく同感です。
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
 
記事へのコメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)