2007年03月13日

【都知事選・石原三選阻止!】日本共産党はフランス共産党の「英断」から学んで欲しい。われわれは、ルペンも石原も「ノン」なのだ!

【ジョージ・オーウェル著「カタロニア讃歌」(岩波文庫)】−−「今東京においてファシスト石原を倒すための人民戦線が作られつつある。日本全国から石原の二期8年間の悪政を弾劾し、三選阻止のための義勇軍が集まりつつある。ヘミングウェイが「武器よさらば」で、オーウェルが「カタロニア讃歌」で描いたのとおなじようにファシストが三度都政を蹂躙することを許すのかどうかを巡って全国津々浦々から「石原を倒せ」の声が巻き起こっている。」「文中にジョージ・オーウェルの「カタロニア讃歌」を出しているのですが、この本の中ではフランコによる反乱軍と最前線において最も勇敢に戦った人々に対して共産党が「トロツキスト」として食料や武器弾薬の補給をスポイルし、あまつさえ後ろから襲撃して前線を破壊し、フランコに勝利を譲ったことが丁寧に描写されています。ここで言う共産党というのはコミンテルン(国際共産党)で、レーニン死後はスターリンが牛耳っていました。日本共産党はこの国際共産党の日本支部として結成されたのです。その出自に表れるように今回の都知事選挙においても最も果敢に闘う人々の足を引っ張りファシストに勝ちを譲ることでスターリン主義反革命としての面目躍如をするのか、それとも人民の先頭に立ってファシストを倒すのかが問われていると言えるでしょう。」(ブログ「アッテンボローの雑記帳」より引用)2002年のフランス大統領選。

この選挙、決選投票に勝ち残るのは保守・中道政党連合が推すシラク候補(現大統領)と社会党が推すジョスパン候補によって戦われるものだと誰もが考えていました。

ところが、決選投票に勝ち残ったのはシラク氏と、外国人排斥や排外主義を煽り立てる極右政党「国民戦線」のルペン候補でした。なんと、ジョスパン候補は決選投票を前にして敗退してしまったのです。

この時、フランス社会党と共産党は、「極右のルペンだけはノン!」の立場から、自党の支持者に対して保守系のシラク氏への投票を呼び掛けるという異例の決断をしました。フランスの共産党は「モスクワの長女」と言われるほど旧ソ連べったりのスターリン主義政党でしたが、それでもかような決断をしたのです。

さて、今回の東京都知事選において、日本共産党は吉田万三・元足立区長を単独推薦しつつ、浅野史郎さんに対しては「浅野氏も石原氏と同じ」と言わんがばかりの批判を「しんぶん赤旗」等で展開しています。

確かに、浅野さんの宮城県知事としての「実績」が必ずしも働く者、庶民の側を向いたものでは無いという一面はあるのでしょう。

しかし、私は日本共産党に問いたいです。

「浅野史郎さんが、「ババア」「三国人」などの暴言を行うあの石原慎太郎氏のような排外主義者・差別主義者と本当に「同類」なのでしょうか?」、と。そして、「シラク氏への投票を呼び掛けたフランス共産党の選択は間違っていたと考えているのですか?」、と。

日本共産党には、いま一度考えて頂きたいものです。

私は、フランス共産党が「反ルペン」の一点でシラク氏への投票を呼び掛けたのと同様の「英断」を、日本共産党にも行って頂きたいものだと願っております。


例えば、先の愛知県知事選では、日本共産党系の「革新県政をつくる会」は、民主党愛知や連合愛知などが推していた石田芳弘候補(前・愛知県犬山市長)に【共闘に向けた協議の申し入れ】を行いました。結局、この時は民主党サイドの「狭量」な態度のせいもあり、共産党をも含めた野党共闘は実現しませんでしたが。

また、参院沖縄補選においては連合沖縄の会長を民主党などとともに推薦しています。共産党、そして同党と親密な関係を持つ全労連にとって連合は「目の上のたんこぶ」的な存在であるはずですが、その連合の幹部を推薦するような柔軟性を見せています。

これらの事実からは、徐々にではありますが、日本共産党の姿勢も変わっていることが垣間見えます。
この「柔軟性」を是非とも東京都知事選でも見せて頂きたいものだと思う次第です。

2002年のフランス大統領選挙になぞらえるならば、浅野史郎さんはさしずめ<シラク氏>でしょう。
しかしながら、「東京のルペン」を落選させることと、当選の可能性が極めて低い自党が推す独自候補に拘ることと、どちらが民衆にとってプライオリティが高いのでしょうか。

ここは、敢えて日本の<シラク氏>を選択するという英断を行って欲しいのです。
そうすれば、日本共産党の先見性は世間から高く評価されること請け合いです。


それに、今年は参院通常選や統一地方選もある「選挙イヤー」です。仮に自民党が支持している石原氏が、「市民」の推す候補者によって敗北・苦戦すれば、その後の選挙戦の流れも大きく変わることは、必定です。

残念ながら、吉田さん(というより共産党単独推薦候補)では、そこまで大きな「うねり」を創り出すことは出来ないでしょう。

私はそこまで見据えた上で、浅野さん支持を打ち出しているのです。


今回の都知事選は「石原三選阻止」、そして今の自公ネオリベ政治に「ノー!」を叩きつける広範な政治的潮流を創り出す第一歩を踏み出すこと−それさえ叶えられれば、取り敢えずは良いではないでしょうか?「誰それの公約は気にいらない」云々と、多くを望まなくても。

【関連エントリー】

「浅野史郎さんは決して候補者として「ベスト」ではない・・・が、それでも浅野さんを勝手に応援する理由」
「統一戦線と人民戦線」・・・「反石原」で一致する全ての人々は<浅野史郎人民戦線>を構築しよう!?


トラックバックURL

トラックバック一覧

<多忙ゆえ、しばらくの間、コメントの受付をお休みします。・・・またTBのお返しがうまく行か ないところがあるようです。ご容赦下さい。m(__)m> まずは、国民投票法案に関する続報を。 『安倍晋三首相は11日午前のNHK番組で、国民投票法案について「(憲法...
2. STOP! 外国人嫌悪&レイシズム、警察&裁判官の暴走  [ 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 ]   2007年03月13日 13:13
2007.3.12.23:45ころ。 内閣府が、昨年末に「治安に関する世論調査」
3. 石原スルー作戦を!  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月13日 14:01
いつもおじやましている「村野瀬玲奈の秘書課広報室」の東京都知事選 誰に投票するか
4. 国民投票法案の世論調査  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年03月13日 14:17
 今朝の新聞に国民投票法案の世論調査で国民投票法案の支持が68%以上に上昇したと有った。             どう何だろう。この法案の内容が曖昧で中身が見えてこないと思っているのは、私が不勉強なのだからだろうか。  私も単純に考えると、何事も国民投票で決...
5. 表の日本会議・裏の? 九段下会議  [ とむ丸の夢 ]   2007年03月13日 14:52
 先日、コメントで教えていただいた九段下会議。  伊藤哲夫(日本政策研究センター所長) 遠藤浩一(拓殖大学客員教授) 志方俊之(帝京大学教授) 中西輝政(京都大学教授) 西尾幹二(電気通信大学名誉教授) 八木秀次(高??
6. ケンカはやめましょう??!  [ 喜八ログ ]   2007年03月13日 15:23
  ←ランキング投票をお願いします 幣ブログは浅野史郎さんを応援します! ふと気づけば・・・。 2007年都知事選(03月22日告示・04月08日投票)の各陣営間で激しい論争が生じているようですね。 私(喜八)が憂慮するのは「浅野史郎応援団」と「吉田万三応援団」のあ...
7. 東京都知事選:反石原候補の一本化を目指すとしたら  [ M. H. Square. ]   2007年03月13日 16:04
 前のエントリーをあげてから、またあちこちのサイトを見てまわってみましたが、実に...
8. 3/13日今朝のテレビ 最大の情報 小諸市のゴルフ場叩き売り 官僚の改革案  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年03月13日 16:33
 大日本印刷から過去最大の情報が流失つたと放映していた。       その流失量は日本人15人に1人、863万7.505人にものぼるそうだ。多くの企業のダイレクトメールなど43社の顧客情報などらしい。  隠居の私でも何故、此の様な所からと思うようなダイレクト入るが、ネッ...
 インターネットに、「みんなの力事務所 浅野史郎確認団体」という情報が出ていました。へぇー、こんなところに作ったの と思いました。  「確認団体」という言葉は、ほとんど馴染みがありませんね。  政治家の後援会、というのは、よく聞きます。しかし、これらの団...
10. 大局を見誤るな!――都知事選挙によせて  [ 土佐高知の雑記帳 ]   2007年03月13日 20:30
東京都知事選挙について書きたい。浅野史郎前宮城県知事が立候補を表明して、ほぼ構図は決まった。そしてそれにともなって民主党がにわかに反石原ポーズを強めている。都民は現象にとらわれず、本質を見極めることが大切だと思う。
11. 「浅野 VS 石原」何が対立軸なのか?  [ ブログ「旗旗」 ]   2007年03月14日 00:12
浅野さんが「日の丸や君が代を許さない」と言ったのなら、右派の人が大騒ぎするのもわかります。ですが「強制はいけない」と言ったのです。この違いは非常に大切なことだと思います。この浅野発言に石原支持系の人が騒いでくれることは大歓迎です。これで「浅野的なるも...
12. ばいちゃ!「行政の禁じ手」と石原都政  [ 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 ]   2007年03月14日 00:19
2007.3.13.22:30ころ ◆サヨナラ! 石原都知事 HP版 ◆サヨナラ
 「革新都政をつくる会」(政党は日本共産党が参加)は元足立区長の歯科医師吉田万三さんを擁立して都知事選挙にのぞみます。地元の中野区でも、いよいよ、中野労連(労働組合)や中野民主商工会の呼びかけで、「革新都政をつくる中野の会」が活動しています。  私は、教師...
14. 夢の保革一騎打ち  [ そいつは帽子だ! ]   2007年03月14日 07:09
都知事選について 前回はぶるぶる震えながらエントリーを上げたが みなさんからお叱りを受ける前に 以下のような形っていうのは 実際あり得ないのだろうか というのを提案してみる 私が思うのは きわめてわかりやすい保革一騎打ちだ すなわち 右 浅野候補支持:自民・民主...
15. 朝日新聞はどこに国民を導くのか  [ 花・髪切と思考の浮游空間 ]   2007年03月14日 09:16
とくに都知事選の報道にかぎってのことではありませんが、それにしてもマスメディアの報道姿勢はおかしいと思わざるをえません。朝日新聞(3・7)の「二大政党制」の流れに乗った論調は異常でさえあります。曰く、浅野氏と石原氏が表舞台でぶつかるだけでなく、二大政党の...
16. 票田1000万!ガップリ四つで闘って投票率アップ  [ あんち・アンチエイジング・メロディ ]   2007年03月14日 10:19
丸山弁護士が出馬を断念して、都知事選の候補者が出そろった。東京は有権者が1000万人。前回は44%の投票率だったが、今回はどうだろう。今朝の朝日新聞の世論調査では、選挙に興味のある人は47%。前回は投票日の一週間前で34%だったそ腕、投票率のアップが予想...
17. 浅野氏、都知事選出馬へ(四国新聞)  [ タカマサのきまぐれ時評 ]   2007年03月14日 12:07
■とうとう、出馬を決心したようだ。■『四国新聞』から。浅野氏、都知事選出馬へ/教育、福祉「荒廃」と指摘2007/03/02 10:00 4月の東京都知事選に意欲を示していた前宮城県知事の大学教授、浅野史郎氏(59)は2日、「覚悟を決めなくてはいけないという気持ちは強い...
18. 「週刊現代」の浅野史郎さんインタビューより  [ きまぐれな日々 ]   2007年03月14日 12:51
今日(3月13日)の朝日新聞に都知事選の情勢調査の記事が出ていた。見出しは、「石原・浅野氏 接戦の様相」となっている。 記事は、asahi.comにも掲載されている。 http://www.asahi.com/politics/update/0313/002.html
19. 偽装大国ニッポン(ウィキ)  [ 言ノ葉工房 ]   2007年03月14日 14:43
[るかっちWikipedia] 偽装 [ 太古の昔〜 現在日本全国で量産される特産品。 大量発生している害虫。              わたしはひよこ。 アパの耐震偽装はスルーしてもらえるが、 偽装君が代はスルーして〈i
20. なぜブッシュは9・11を起こしたか!?  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月14日 15:57
なぜブッシュは9・11を起こしたか!? その答えを提示する為に前にも紹介したこ
21. 浅野史郎出馬(3)  [ たんぽぽのなみだ~運営日誌 ]   2007年03月14日 22:05
浅野史郎氏が、東京都知事選に出馬する決心をして、 石原慎太郎氏との対決姿勢が、はっきりしてくると、 いままで、民主党のふがいなさを批判していた、マスメディアは、 こんどは、浅野氏の批判をやり出したようです。 たとえば、宮城県は、浅野氏が知事だったとき、、 借....
22. 「5千円」の水は不自然でない 塩崎恭久官房長官  [ 飯大蔵の言いたい事 ]   2007年03月14日 22:08
 松岡利勝農相の「今、水道水を飲んでいる人はいないでしょう」に関連した話題だ。このやり取りは次のように報道されている。この日の閣議後会見では、報道陣から「1本5000円の(ボトルの)水を飲んでいて、それを計上していると聞いているが」と質問が飛んだ。松岡農...
23. 都知事選 浅野史郎氏が出馬表明  [ 飯大蔵の言いたい事 ]   2007年03月14日 22:09
 予告されていた通り、浅野史郎氏が東京都知事選に出馬すると表明した。宮城県での実績はよく知らない。いくつかの批判もあるそうだ。まずは今回の出馬に際しての発言を見てみよう。 「石原都政にストップをかけなければ東京や都民、日本の政治にとって取り返しがつかなく...
24. 午前9時、国会へ集合!憲法改正国民投票法案強行採決への第一歩を阻止しよう!  [ 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 ]   2007年03月15日 01:01
NHKによると、【国民投票法案を審議する衆議院憲法調査特別委員会の理事懇談会が開かれ、与党側が15日に委員会を開いて公聴会の22日の開催を議決したいと提案したのに対し、野党側は地方での公聴会の開催も求めて話し合いがつかず、中山太郎委員長が職権で15日に委...
25. 「1人しか当選できない選挙」は幅広く支持を集めなければならない  [ 萌え萌え研究日誌 ]   2007年03月15日 01:50
首長(都道府県知事・市町村長)選挙、衆議院議員選挙の小選挙区、参議院議員選挙の定員1人の選挙区といった、「トップ得票した1人しか当選できない選挙」は幅広い支持をいかに獲得するかが重要になってきます。間近に控えている都知事選挙で石原3選を阻止するためには、石原....
26. 都知事戦に思う☆3月末で終了  [ 競馬が好きなワタシ☆勝てる方法が知りたい♪ ]   2007年03月15日 14:46
昨日は久しぶりの完全休暇。ブログの方もお休みさせて頂きました、と見せて不意打ちィ!!!ところが夕方から携帯電話が鳴ること鳴ること、実に大胆不敵!もちろん、仕事の用件ばかりです。でも、仕事人間の悲しい性かそれがァ~~~また楽しいと思えてしまったことも事実です!...
27. 一億総民意誘導・危険な全体主義  [ 高野 善通のブログアネックス ]   2007年03月15日 21:18
 先日エントリーしたように、無理やり、それも最高裁が法律違反をまでして世論誘導を行おうとする裁判員制度。そこまでしなければならないのはなぜか?  そもそも裁判員制度は、世論調査結果のように「選ばれても絶対にやらない」のが国民の三割もいるのでは成り立たず、...
28. 吉田万三さんの紹介ビデオ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月16日 14:47
吉田万三さんの紹介ビデオを見つけましたので紹介します。 youtubeにはひとつ
29. 改憲と薫製ニシン  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月17日 01:26
2つのブログの感心させられた記事から紹介します。 まず花・髪切と思考の浮游空間の
30. 都知事選の公開討論会  [ ごまめの遠吠え ]   2007年03月17日 02:32
 15日に行われた都知事選立候補予定者4人による公開討論会に行った。  開場時間より1時間ほど前に着いたが、予想していたほどの混雑ではなかった。それでも、報道によると、100人ほどが入場できずにテレビで「観戦」したそうである。  さて、肝心の討論であるが、この...
31. イギリスの良心達へ  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月17日 20:22
前の記事で英国の下院議員LYNNE JONESさんからトライデント核ミサイルの更
32. 都知事選挙 公開討論会概要  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月18日 18:34
JANJAN の都知事選挙 公開討論会 全映像 を見ました。 メモを取りました
33. 今朝の朝ズバの都知事候補討論会  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月20日 16:22
今朝の朝ズバの都知事候補討論会のメモです。 聞いた通りではありません。 (黒川は
34. 臨海開発は破産状態(レインボータウンからビンボータウンへ)  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年03月20日 20:41
臨海開発は破産状態(レインボータウンからビンボータウンへ)
35. 生き残るのは誰だ?  [ どうでもいい事がどうでもよくなくなる日記 ]   2007年03月20日 21:52
石原慎太郎都知事が都知事候補者の乱立について「バトルロワイヤルだね、プロレスの」とコメントしておりましたが、全日本プロレス恒例バトルロワイヤル、私好きでした笑。キラートーアカマタだとかフリッツフォンエリックだとか奇妙キテレツ大百科なツワモノどもが四角いジ...
 告示前ではありますが、石原都政を変えたいと思う人たちにぜひ読んでいただきたい論...
37. 改憲法案委員会強行採決糾弾集会参加記  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年04月12日 23:00
結果的にこの題名の集会に参加した事になりました。 毎日記事:国民投票法案:衆院特
38. 現実の生活感覚から遊離せず  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年04月15日 19:18
ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)の記事 【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『
39. 戦後史と選挙を学校で  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年04月16日 22:54
トラックバックを頂いた「かめ?」さんの都知事選の敗因を考える が面白かった。 独
40. 長崎市長銃撃事件を許さない  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年04月18日 07:05
今朝は不愉快なニュースで目が覚めた。 長崎市長が背後から2発の銃弾で銃撃され今朝
41. グーグル 地図で フランス パリへ  [ グーグル 地図で フランス パリへ ]   2007年04月21日 07:55
フランスは、パリです!
42. 強制連行賠償訴訟の最高裁判断は?  [ 大津留公彦のブログ2 ]   2007年04月28日 14:40
強制連行賠償訴訟で最高裁は今日こう判断した。 「72年の日中共同声明で個人の損害
43. カタロニア讃歌  [ ブック 単品 Check ]   2007年05月10日 17:26
カタロニア讃歌

コメント一欄

1. Posted by 非共産党支持者   2007年03月13日 10:28
もし、共産党が吉田さんを引っ込めるなら、浅野さんも吉田さんの政策を丸呑みするぐらいの度量の広さを見せてくれてもいいと思います。早いうちから明確な政策を打ち出した吉田さんに比べて浅野さんは何となくムードで出たと言う印象しか持てません。

個人的には
‥豕五輪誘致白紙撤回
都教委10・23通達の撤回

この2点は譲れません。
2. Posted by ごまめ   2007年03月13日 13:35
君が代強制政策を廃止するか否かが、石原よりましと判断することができるかどうかの試金石だと私は思っています。その点が不明である現在、浅野氏が石原よりましだと判断することができません。
その点に関する判断材料をお持ちならお教え下さい。
3. Posted by 草加耕助   2007年03月14日 00:15
非共産党支持者さん、ごまめさん、はじめまして。
お二人の質問に対する答えをエントリーにしてみました。
同意してくれとは言いませんが、浅野支持者における「都知事選の争点」に対する考え方はご理解いただけると思います。
http://bund.jp/modules/wordpress/index.php?p=350
4. Posted by まこと   2007年03月14日 05:56
非共産党支持者さん、ごまめさん、おはようございます。

今回の東京都知事選、個人的には個々の政策の是非よりも、「<日本版ルペン>(=石原氏)はイエスかノーか?」にこそ最大のプライオリティを置くべきだと思います。

先のフランス大統領選の決選投票で、フランスの社会党と共産党はシラク氏に投票するよう呼び掛けましたが、これは両党がシラク氏の掲げる政策を素晴らしいと考えた故の選択だったのでしょうか?そうでは無いはずです。

私個人は、政策的には吉田万三氏により近しいものを感じます。しかしながら、吉田氏(というより共産党単独推薦候補)では石原氏を追い落とすほどの得票を集めるのは、ほぼ不可能だと思います。

ならば、吉田氏よりも保守層をも含めた広範な支持を期待できる浅野氏に「石原氏不信任票」を委ねるべきではないかと考えます。
5. Posted by まこと   2007年03月14日 06:03
なお、浅野氏の政策・公約についてですが。

私は宮城県民では無いので浅野県政の実態をこと細かく把握している訳ではありませんが、情報公開などの面を除けば「比較的マシな保守県政」という水準の域を出ないのではないかという印象を抱いています。

従って、仮に「浅野都政」が実現すれば都政の矛盾が全て解決する−などとは全く考えていません。別のエントリーでも書いたように、浅野氏が働く者、庶民を裏切るような事が無いよう、浅野氏を「『監視』し、民衆はその政策にもどんどん口を出していく必要があると考えます。
6. Posted by まこと   2007年03月14日 06:06
ちなみに、「日の丸・君が代」問題について浅野氏は、「『強制し、従わないからといって(教師を)懲戒処分にするのでは、学校現場はメチャクチャになる』と述べ」、「昨年9月の東京地裁判決を不服として、東京都が控訴したことについて、『都知事になったら控訴を取り下げる」との考えを明らかにし』ているそうです。

http://www.labornetjp.org/news/2007/1173510172596staff01

「10.23通達」のようなトンデモ政策は是正を期待できるでしょうし、また石原都政よりは遥かに「浅野都政」の方が市民との対話の回路の幅が広がるのでは無いでしょうか。

+++++++++++++++++++++++++

草加耕助さん、おはようございます。
いつもブログを興味深く拝見させて頂いています。
今後ともよろしくお願いします。
7. Posted by ひかる   2007年03月14日 11:09
 ファシズムか民主主義か共産主義のどれを選択するのか。ではなく、右翼か中道か左翼を選択するのであれば左翼でしょう。なぜならこれまで中道のいう「協調路線」のせいでどんどん後退しつづけいよいよジリ貧にまで追い込まれたのですから。戦う左翼でなければ存在する意味がない。と主張する新左翼陣営のみなさんは「戦う」ことをしないのですか。
8. Posted by ひかる   2007年03月14日 11:11
 共産党に大人になれ。という前に、左翼一丸となって全力をもって右翼を叩かなければまた後退するだけになりませんか。「協調路線」が害悪でしかないことは既に証明されているではありませんか。一回共産党に全力で支援したらいいんです。それでダメなら共産党関係者だって単独主義を諦めますよ。やらないうちから文句いっても仕方ないですよ、民衆だって共産党の政策のほうが自分たちのために良いと感じている人が多いのですから。どっちに統一するにしても一回民衆本位の本気の戦いをすべきです、体制にとらわれている民衆にも民衆の本気を知らせるべきです。そんなこともしないから投票率もどんどん下がる。新左翼陣営のみなさんは「戦う」ことは「暴力」でしかないのですか。
9. Posted by ごまめ   2007年03月14日 12:46
 まことさん、有難うございます。
 お知らせ頂いた記事を読ませて頂きました。

 控訴を撤回して地裁判決を確定させるということであれば、石原よりましだと思います。
 公約としてそれが明らかにされたなら、浅野氏を支持します。
 オリンピックや福祉切捨てなどの点で仮に石原を浅野氏が継承したとしても、基本的人権の根幹に関わる君が代強制が廃止されるなら、明らかに石原よりましです。

 共産党の市田氏は、浅野氏が石原よりましだとは思っていないとテレビで発言しましたが、君が代強制問題に関する浅野氏の伝えられる立場を前提としてなおそのように言うことができると考えているのなら、如何なる論理なのか教えて頂きたいものです。
 
10. Posted by コミュニスト   2007年03月19日 01:12
1.徐々にではありますが、日本共産党の姿勢も変わっている
共産党は以前から同じスタンスでやっているのではないでしょうか?愛知・沖縄の例に限ったことではありません!
1960年代から70年代の革新自治体運動を調べてみてはいかがでしょうか?最近では岩手の陸前高田市で民主党候補を破って、長野の御代田町では部解放同盟の乱脈町政を転換させるために日本共産党員が無党派の人々や保守と言われている人たちと共同で勝利しましたよ。高知県でも橋本知事と是々非々で共闘していますね。

11. Posted by コミュニスト   2007年03月19日 01:14
つづき
2.「柔軟性」を是非とも東京都知事選でも見せて頂きたい
これは逆なんでは?ゴーマンでは?だって最初に立候補したのは吉田氏、政策を発表したのも吉田氏、その時浅野氏は立候補を否定していた!市民に押されて?立候補したんだけれど、ちょっと胡散臭くないですか?だって自分が立候補する最大の目的は「打倒石原」でしょう。だったら何で吉田氏と政策のすり合わせや候補の一本化をしなかった?不思議ですね。浅野氏は最初から、吉田氏と一緒にやるつもりはなかったから、立候補を遅らせたのでは?無党派市民の「打倒石原」の声が吉田と浅野でというようになったら、どうだったでしょうか?民主党のブレーンといわれている法政大学の五十嵐氏の主張の検討や鳩山氏が共産党と一緒にやるつもりはないと、市田氏に語ったことも思い起こしてください。一方的に共産党に責任を負わせるは、事実に反します。
12. Posted by コミュニスト   2007年03月19日 01:22
つづき
3.(1)政策的には吉田万三さんに近しい(2)共産党が「唯一の野党」として頑張っている(3)「疑惑」の解明に共産党が多大な貢献を(4)共産党に一票を投じる(5)共産党系のデモや集会等にも足を運ぶ(6)浅野さんの政策に心酔し「浅野史郎ファンクラブ」に属している訳でも無いが、大きな「うねり」を創り出すことは出来ない。

だったら、「大きな「うねり」を創り出」していきましょうよってなりません?実際大きな「うねり」を創ってきた!石原はテレビ討論では豪遊を含め、劣勢に立たされています。
そもそも「勝てる可能性」論はメディアが煽って創ったもの。これこそ、メディア戦略・策略的臭いのする高等戦略だと思いませんか?最初から、メディアのワクのなかで思考するのは危険では?憲法改悪国民投票の前哨戦として位置づけると、危険だと思いませんか?

13. Posted by コミュニスト   2007年03月19日 01:29
つづき
4.現在浅野さんの方が「勝てる」可能性が高い
ちょっと待ってくださいよ。まさ二大政党制下のメディア戦略=小泉劇場型の選挙と政治=今回の都知事選でうよね。「朝日」と「毎日」の社説に象徴されている!「勝てる候補」が勝っても、実際の政治になると、議会の既成政党と一緒になって有権者いじめの政治が行われてますよね。メディアがつくった「勝てる候補」ではなく、自分達の運動で「勝てる候補」に押し上げなければ無党派層は当選後梯子をはずすのでは?それが「打倒石原」を願う有権者分裂を狙う勢力の戦略・思惑では?是非とも共産党宮城県議団のHPと東京都議団のHPを調べてみてください。
14. Posted by コミュニスト   2007年03月19日 01:31
最後です
5.都知事選後の選挙戦の流れも大きく変わる。
そのとおりですね。参議院選挙に連動していきます。でも共産党戦犯論・既成政党否定論と無党派正議論が心配です。二大政党制が共産党排除の装置であることは、鳩山氏や森氏発言をみれば明瞭です。そうなった時の日本の政治は、今回のTMや事務所経費問題、政務調査費問題などなど、事実を見ればどうなるか、さらに明瞭になりますよ。だからこそ、メディア戦略を打ち破る戦略と戦術を、現在の日本の局面に即して「柔軟に」考えていく必要があると思うのです。
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事へのコメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)