2007年04月15日

【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『マジョリティの意識に届く言葉を』〜「フツーの都民」のハートに火を付けられなかった浅野史郎・吉田万三の両氏

石原慎太郎氏先日、文筆活動の傍ら「脱北者」支援運動などを展開されている評論家の三浦小太郎さんから、先の東京都知事選に関するコラムがメールで送られてきました。三浦さんの東京都民の捉え方には私も共感する面を感じましたので、三浦さんご本人の許諾を得た上で、当該メール文を全文転載させていただきます。

下記コラムをお読み頂ければお分かりのように、三浦小太郎さんは「諸君!」等の右派系の雑誌に寄稿されている保守系の論客であり、私とは政治的見解を異にする面は少なからずあります。しかしながら、石原慎太郎氏の方が少なくとも浅野史郎・吉田万三の両氏よりも都民の「マジョリティの意識」を捉えている等の指摘は、この私も認めざるを得ない「現実」だと考えています。

「差別発言」をも含め、石原慎太郎氏が発する言説は、決してごく少数の人士だけが支持しているような類のものでは無く、多くの「大衆」が大なり小なり「石原慎太郎的なるもの」を持ち合わせているのだという「現実」を私たちは深く認識した上で(*あるいは私自身もかような「大衆」の一人なのかもしれませんが)、「マジョリティの意識」に届く「声」を編み出さなければならない、と私も改めて感じます。

<関連リンク>三浦小太郎寄稿集1三浦小太郎寄稿集2「拉致の背景」)北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会


●三浦小太郎 『マジョリテイの意識に届く言葉を』

 今回の選挙ほど、マジョリテイに対して届く言葉を見つけることの必要性を感じさせるものは少なかったと思う。浅野氏、吉田氏の敗北は統一候補を作れなかったことではなく、東京都民のマジョリテイを捕まえ損ねた点だ。そこを再認識しない限り、日本では自民党的なもの、東京では石原氏的な存在が勝ち続けるのではないか。

 東京には確かにネットカフェ難民も、ワーキングプアも、そのほか様々な追い詰められている人々が存在する。浅野氏に彼らの「悲鳴」が聞こえた、というのは、それはそれで間違いではないだろう。しかし、それはあくまでマイノリテイの声であって、東京マジョリテイは「追い詰められ」ているという意識は、少なくとも主観的には無かったと思う。その結果が今回の選挙結果だ。

 東京は、まず日本全国から見れば「勝ち組都市」である。東京に住むということ、少なくとも東京近辺に住むということが全国から見てどれだけ有利な恵まれた立場にいることか、これは地方に住んだことの無い都民には中々実感できないだろうと思う。

 単に経済的有利さや就職のチャンスを言っているのではない。反体制運動や市民運動ですらそうなのだ。ネット社会になったからと言って、例えば仮に左派系、右派系のマイナーな文献などを探したい時、また、市民運動などに参加したいとき、東京に住んでいるか地方都市に住んでいるかの差は限りなく広い。「東京一極集中」は、市民運動の面ですら広がっているのだ(これは地方の地道な運動を軽視しているのではないことを誤解しないで欲しい)。

 この「勝ち組都民」で、いま働き盛りの、かつノンポリのサラリーマン(好むと好まざるに関わらずこれは確かに東京のマジョリテイである)にとって、確かに生活は苦しい。しかし、彼らは何政治に期待するよりも、まず今日の仕事をこなさなければ誰も自分を守ってくれる人はいないと感じている。彼らは福祉制度が自分の現在の生活水準を支えてくれるとは到底考えられないし、高度福祉社会が、逆に自分達のチャンスを減らし社会の停滞を招くのではないかと言う、論理的ではなくても漠然とした印象を抱いている(そうではない、という議論はもちろんあるが、それは彼らに充分届いてはいない)。かつ、多少なりとも自分の関心のあるテーマに関係のある仕事を得た場合、労働は以下に厳しくともそれはある程度の充実感をもたらし、労働基準法を無視するような苛酷な状況にも、本人は黙々と耐えているケースは決して少なくない。都民のかなりの部分は、「福祉」よりも「チャンス」をこそ欲している傾向があるのではないだろうか。そして、これは決して資本主義への全面降伏ではない。自分達の生活は国家に頼ることなく自らの力で勝ち取るのだという市民意識として肯定的に評価することも可能なのだ。

 この意味で、浅野・吉田両氏の「福祉」「保護」をかなり強く打ち出した政策は、勿論それを歓迎した人もいたろうが、充分な東京マジョリテイに届かなかったのではないかと思う。「強者に政治はいらない、弱者の為にこそ政治が必要」という浅野氏の言葉は間違ってはいないが、今の東京都に訴える時、「現実の強者」「強者を目指している人間」をも味方につけられるような言葉がもっと必要だったのではないだろうか。

 浅野氏は情報公開を大きなテーマとしてあげ、共産党は石原氏の過剰と思われる経費の無駄遣いを批判した。しかし、この2点は彼らが思うほどの効果を都民には与えていない。情報公開はそれ自体が目的なのではない。ノンポリの都民にとって、情報が公開されたからと言って大した興味を抱くわけではない。彼らは情報が公開されなくても政治が効果をあげてくれればよいのだ。この意識が正しいかどうかではなく、現実に彼らを味方に付けるためには、情報公開がいかに有効か、都民の生活にとって長い目で有利に運ぶかを説明しなければいけなかった。

 又、共産党の石原氏の経費や贅沢な出張などへの批判だが、マジョリテイは金持ちや強者に対し、彼等が贅沢であるほどに、反感と同時にある種の共感を抱く、という一面は無視できないと思う。これは貧しいアメリカ庶民が、ハリウッド映画やスターに憧れるのと同様で、成功者や強者に対する羨望はむしろ自然な感情であり、マジョリテイが成功者や裕福層に、単にルサンチマンを抱くのではなく、その子供っぽい浪費を多少は羨望しながらも笑い飛ばしたり、又一定限度彼らの才能、努力、又幸運に敬意を払ったとしても、それは決して悪いことではないはずだ。そのような庶民感覚に対し、やや、左派系は捕まえ損ねている面があると思う。

 フェミニズム系(この言葉は本当は大雑把過ぎるが、あえて単純化する)の上野千鶴子氏らの浅野支持は、マイノリテイの立場である女性や同性愛者らの味方としての浅野氏を印象付けた。しかし同時に、フェミニズムはマジョリテイの女性から必ずしも支持を受けているわけではない。現在女性は決して社会進出に消極的ではなく、むしろ経済的必要を含めて積極的なのだが、そのような女性たちが、必ずしも理念としてのフェミニズム、さらにジェンダーフリー思想に共感しているわけでは無い。石原支持が女性層でむしろ多かったことを、単なる意識の低さや、石原氏のマチズモへの共感などのレベルではなく、フェミニズム思想そのものの根本的弱点にさかのぼって考える必要があると思われる。ここではただ一点、フェミニズムのある部分には、ごく自然に家庭生活を送り、又職場でも自己主張しない女性を「敵」に追いやってしまう危険性があったことを指摘しておきたい。

 さらに、石原氏の差別発言とされる様々な問題発言についても考えてみよう。私はかって、石原氏陣営が衆議院時代、同選挙区の故新井将敬氏(彼は私の最も尊敬できる政治家の一人だった。戦後でも屈指の政治思想家になりうるはずだったと確信している)に対して行った侮辱と陰湿な差別に対しては怒りを覚えることをはっきり明言しておく。しかし、その上であえて言うが、マジョリテイの中の、一般マスコミなどでは出しにくい「悪しき本音」とでも言うべきものを、石原氏は無意識のうちに代弁している面は否定できないのではないか。

 石原氏の作家としての最良の作品は、「完全な遊戯」だと思う。この作品では、ブルジョア青年が精神に障害のある女性をレイプした挙句殺害するという、全く救いの無い世界が描かれている。しかし、残酷なテーマを扱っていながら、小説全体に漂うのは余りにも乾いたニヒリズムである。従来、このような悪漢小説においては(19世紀にも、特に小ロマン派の残酷小説にこういうテーマは幾つかあった。渋澤龍彦「悪魔のいる文学史」など参照、あるいは現代ならば、柳美里「ゴールドラッシュ」等)、犯人の残酷な内面性、又被害者の無垢な精神が汚されていく過程などが描かれ、逆説的な形ながら、社会に対する激しい怒りや、人間性の途方もない残酷な闇などが強調される。しかし、この小説では、加害者も被害者も、全く内面そのものが欠落し、悪も善も存在せず、ただ、この様な行為が「遊戯」として行われたという空虚な印象しか残らない。

 このような小説を読むと、石原氏も左派・進歩派とはまったく別の意味で、「戦後文学者」だったのだなと思う。しかし、石原氏は戦後を民主主義の到来としてではなく、むしろあらゆる伝統、道徳、社会規範が崩壊した、「空虚な自由」の社会と認識した。これは文学者として決して間違ったものではない。むしろ、戦後をアメリカ民主主義礼賛やスターリン幻想に囚われた左右の文化人よりも、石原氏の方が、「民主主義がファシズムに勝利した」という美名の元で行われた、原子爆弾と大量殺戮の第2次世界大戦が生み出した戦後精神の闇を深くとらえていたともいえるのだ。そして、この様なニヒリズムは、家族制度や地域共同体の崩壊を向かえた現代社会を預言していたとも言える作品である。

 石原氏自身は、おそらく公的、意識的には、「完全な遊戯」の非道徳的社会を否定しているはずだ。だが、無意識の部分で、石原氏は全く国家であれ、伝統であれ、又人間であれ、基本的には信じていないのではないかと思う。現代社会では、人間はほうっておけば非道徳的なエゴイスト以外のものにはならない、という石原氏なりの確信が、現実のマジョリテイの一面の真理を捉えていることは否定できないのではないかと思う。国旗、国歌への忠誠を求める姿勢は、石原氏の「右翼的側面」ではない。

 むしろ、人間は「国民国家の一員」であることを強制的に教育しなければ決して国民意識など持たないのだという、実は逆「左翼」的思想なのだ。日本国民は伝統的に祖国を愛し、皇室を敬愛する、日本文化は自然に受け継がれていくという「性善説的保守」と石原氏では、たとえ結論は同じでも全く意識的には逆なのである。ある討論会で、石原氏が国旗、国歌を「メタファー」と呼んだ時、私は全く無意識のうちに石原氏の本音を見た思いがした。

 このような石原氏が時として発する問題発言は、実はマジョリテイに内在する差別意識、もっと言えば、「平等」「弱者保護」といった建前の背後にある偽善性への強い反感を結果的に代弁している事がある。問題発言の指摘が必ずしも石原氏支持の低下にはつながらないことはここに根本的問題があるのだ。差別意識は、単にそれを「悪だ、無くすべきだ」と指弾するだけで解決することはできない。現代社会の先に述べたニヒリズムとエゴイズムの中では、「差別反対」という言葉や運動に対し、むしろその中の偽善的(と、マジョリテイに写る印象)側面が、差別発言そのものよりも反感を引き起こすこともあるという現実が在るのではないか。誤解を恐れず具体的に提起すれば、この傾向は特に北朝鮮問題と在日コリアン問題、及び同和問題を巡る現象に象徴的に現れている。

 私は現在の東京マジョリテイのあり方を全面肯定しているのではない。このような現実のどこを評価し、又問題と思われる点をどう改革すべきかという問を、政治的な運動や思想に携わる人間は今真摯に考えなければならないことを訴えたいのだ。ここで最低限認識しなければならないのは、自らの考える理想像をマジョリテイの現実の生活感覚から遊離した形で投げかけた言葉は、決して彼らに届くことはないという冷厳な事実である。「福祉」「弱者救済」「差別反対」であれ、又「愛国」「民族の誇りと伝統」「自由と民主主義の東アジアでの拡大」であれ、おそらく東京マジョリテイはいずれの言葉もその心に響いてはいない。これらの主義主張が間違っているというのではない。このような主張が政治運動、又現実の行政の中で語られるとき、それだけの偽善を背後に伴う危険性があるかという一点を認識する程度には、マジョリテイは確かに成熟したのだ。

 勿論、以上のような現状判断に対しても、私と左派系の方々では認識に様々な違いはあろうと思う。一つの提起として受け取っていただければ幸いである。その上で、私はそれがいつか、右の立場から、この問題をどう克服し、石原氏とは違う「右」の姿勢を示したいと思う。(終)


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 大豆ジャパン/私は知っている。ヒビノ・ミライという青年を!/署名のお願い  [ 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 ]   2007年04月15日 09:30
2007.3.20.03:00ころ (2007.3.20.19:40ころ追記。本
2. 私的 リベラル考  [ あんち・アンチエイジング・メロディ ]   2007年04月15日 09:42
国民投票法案が委員会を通過した。「首相は憲法を私物化している」という辻元清美の言葉がすべてを物語っていると思う。確かに、あの人、この国を自分のものだと思っている。困ったもんです。この国は私達国民のものなんですが。
3. 自民党のいい訳  [ お玉おばさんでもわかる政治のお話 ]   2007年04月15日 10:07
  日本の政治ちょっとおかしいよねって実は思っている日本のおかあさんたちを探したくて・・・・お玉、人気ブログランキングに登録してます。いろんな人に語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けまし....
4. 東国原英夫がウケ、浅野史郎がウケなかったワケ  [ きまぐれな日々 ]   2007年04月15日 11:18
国民投票法案が衆議院本会議で可決され、衆院を通過したが、ここに至る与党のごり押しは、昨年12月の改正教育基本法成立のいきさつからも十分予想されたことだ。 報じられているように、国民投票は早くて4年後の2011年である。今
5. 「子育て」について  [ 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ ]   2007年04月15日 11:28
子持ちの再婚、女性の側のそれ、その困難は、昔も今も変わらないようです、ね。 >周囲やニュースを見ていると、親・夫婦だけが楽しい事に時間とお金を使い、子供の目線で子育てをしていない家庭が多いように思います。だから、近い将来の自分達や遠い将来の子供達が苦しむ...
6. 選挙前・選挙後、都知事再選の石原慎太郎  [ 私もひとこと言ってみる ]   2007年04月15日 12:47
わかりやすい奴!ハケーン!w 今週もウロウロしてたら一週間が過ぎていた(T_T; すでに皆さんは「そんなこと知ってらー」と仰るでしょうが(笑)4月9日の都庁での石原都知事の記者会見は、見事「選挙って~ものはこんなもの」といわんばかりの態度で選挙中の反省...
7. マジョリティの意識に届く言葉を探す必要性を考えさせる論説  [ 村野瀬玲奈の秘書課広報室 ]   2007年04月15日 12:55
「ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)」さんから、 【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『マジョリティの意識に届く言葉を』〜「フツーの都民」のハートに火を付けられなかった浅野史郎・吉田万三の両氏 http://blog.livedoor.jp/
8. 意見が異なっても『筋のいい人』は大勢いる    [ らんきーブログ ]   2007年04月15日 13:20
自公政権の土俵に乗って闘う必要は無いが知っておかなくてはいけない事は色々とある。 憲法改正の手続法である国民投票法にしても本来は、法によって決まっている事なので、 ことさら反対したり騒いだりする必要は無いので【
国民投票法案が、一応民主主義のこの国で、またまたまたまた強行採決されました。またまたまたまた暴挙です。 ※とってもおすすめ記事 [公式] 天木直人さんのブログ [2007.04.12] 国民投票法案の強行採決を前にして ゲーダ
 東京都知事選もいよいよ投票日目前となりました。この間、ネットやメディアでいろん...
11. 選挙制度の不思議・その1   庶民から見た2005年の衆議院選挙  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年04月15日 13:56
 選挙制度の不思議・その1  先日、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士さんが小選挙区について法律家から見た疑問点をお書きになっていた。  氏に承諾頂いたので、庶民から見た2005年の衆議院選挙、小選挙区の自民と民主の得票と議席。今回の国民投票についての最大の疑...
12. 選挙制度の不思議・その2 国民投票には投票率は加味されていない  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年04月15日 15:14
選挙制度の不思議・その2  国民投票には投票率は加味されていない。自民党案は国民投票は憲法改正に限定しているので、棄権した人々は憲法改正を承認したと判断したのだろうか。  私は憲法改正反対論者だ。しかし100の投票率の過半数の賛成だったら、それも民意だから仕方...
13. 日本の情報鎖国化はここまで深刻だ〜好きな人調査で明らかとなった大学生の情報格差  [ 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 ]   2007年04月15日 16:28
 3回連続で書いたメディアのシステム上の3つの問題による弊害を示すいい例が、今日のニュース(←こちら。読売)で流れている。日本と中国の大学生に、それぞれ相手の国の好きな人をアンケートしたところ、日本の大学生は、国際派女優チャン・ツィイーさん(8%)、ジャ...
14. ヤップのホクレア号  [ ミクロネシアの小さな島・ヤップより ]   2007年04月15日 18:14
わたしの留守中に、ホクレアはパラオからヤップに戻ってきて、4日後に出て行った。わたしの帰島が間に合えば、パラオから乗り込んだという2人のニホン人がどんな感じなのか、インタビューは無理にしても遠目からでもお顔を拝見できればと思っていたのだけど、ちょっと残念。...
15. 米国議会に、慰安婦問題はどう報告されたか  [ とむ丸の夢 ]   2007年04月15日 20:54
 数日前に、従軍慰安婦問題の背景に関する報告書が米国議会調査局から出されているのを知り、あわててこれを読んでみました。 この全23ページにわたる報告書については、特に元慰安婦の証言を否定したい人たちの間でちょっと??s??H
16. リベラル(と共闘とマニフェスト)  [ はじめの一歩 ]   2007年04月15日 20:58
リベラルと左翼の違いが説明できそうにないと書いたら,メロディさんがご自身のエントリで説明してくださった.ちょっとずつだけど,こんな風にして自分の考えが広がっていくから,ブログはうれしい.都知事選から1週間が経ち,自分の中のモヤモヤがだいぶ形(言葉?)になって...
17. グーグル検索で当ブログの阿修羅投稿記事がワールドランキング第3位に躍り出た!KEY="Alan ...  [ エクソダス2005《脱米救国》国民運動 ]   2007年04月15日 21:03
グーグル検索で「ウェブ全体から検索」をチェックし,検索キーワード "Alan Johnston BBC" で検索実行すると,BBCの最新の関連記事2本に続いて「世界第3位」のポジションに当ブログが阿修羅:雑談板に投稿した下記の英文記事がランクアップされる.→<検索を実行> ...
    13日、憲法改正手続き法案(いわゆる国民投票法案)が衆院で可決された。  またコチラに書いた米軍再編法案<正式名は、駐留軍等の再編の円滑な実施に関する 特別措置法案というそうだ)も可決された。  これでこの二つの法案は、衆院を通過して、参院に送られ...
19. 「日本型「被害者参加」で刑事裁判はどうなるか」  [ 右近の日々是好日。 ]   2007年04月15日 23:56
 こんばんは。『世界2007年5月号』(岩波書店)の215ページから、刑事訴訟法学のS先生による「日本型「被害者」参加で刑事裁判はどうなるか」と題する論文が掲載されています。今回は、このS先生の論文を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  S先生は論文のなか...
20. 創価の親分は「庶民の王者」  [ 競艇場から見た風景 ]   2007年04月16日 02:31
池田大作 「庶民の王者」 確かに「王者」と言ってますね。 驚いちゃいますわ。笑ってしまいますわ。 次は私が日本国の「◯◯」とでも言い出すんですかね? 池田大作 「庶民の王者」 TV朝テロップ「庶民代表」捏造編 ※この映像は直ぐに消される可能性があります。 誰か...
21. 石原三選の戦犯は民主党  [ BLOG BLUES ]   2007年04月16日 13:40
前説:タイトルを二通り考えた。上記採用のものと、も一つ「共産党アレルギーの慎太郎クンには共産党責めだった!?」である。慎太郎クンは大の共産党嫌いである。病的なほどの反共主義者である。「共産党」と口に出すのもおぞましい、虫酸が走ると思っているに違いない。も...
22. 狼になりたいのは反石原?反浅野?  [ BLOG BLUES ]   2007年04月16日 13:41
派遣社員やフリーター、ネットカフェ住人たちは、 史郎クンにシンパシーを抱かないんじゃないのかな。プーの直感で、 「コイツハ、オレラヲ、分カッチャネエ」と思うんではなかろうか。 論拠は、出馬に至る言動の二転三転。明らかに、精神のふんぞり返りが 伺える。上げ...
23. 07年4月16日・月曜日  今日から参議院で国民投票法が審議される  [ 護憲+グループ・ごまめのブログ ]   2007年04月16日 15:06
今日から参議院で国民投票法が審議される  今日から参議院で国民投票法が審議される。  今日の朝の番組は昨日の地震と保険会社の不払い其れに此の国民投票法についてだった。  庶民の私は文字や難しい言葉で長い説明をされるより、テロップで要点だけを取り出した説明は...
24. 新PKO法案  [ 政治 ]   2007年04月16日 20:46
新しい法律考えてみました。良くないでしょうか。 −新PKO法 or 国際平和維持法− 日本の憲法9条を海外にも広めることを目的とする法律。 9条の精神により他国からの軍事攻撃を受けた国がその相手側の国の人民を 一人も殺さ無かった場合には日本はその国の復興を全力...
25. 山口二郎「非自民結集」論の空虚さ  [ 花・髪切と思考の浮游空間 ]   2007年04月17日 09:07
山口二郎氏の非自民結集再論という文章がウェブ上で公開されている。私は、自民党政治の転換を願っているので、反自民で一致する戦線が強くなることを強く望んでいる。だが、山口氏のいう「非自民結集」とこれが同様のものと思われては困る。別のエントリーでのべていること...
26. 国民投票法案衆院通過を許さない!!…僕はなぜ反対するのか  [ あるいわき人の叫び ]   2007年04月18日 17:10
 今日、国民投票法案がついに衆議院を通過してしまいました!!これほど問題のある法
27. ネットカフェ難民やマック難民の生活  [ ネットカフェ難民とマック難民 ]   2007年04月19日 13:16
仕事をリストラされて、家賃も払えず追い出されたり、両親の虐待に絶えられず家を出たり、いろんな理由でネットカフェ難民をされてる方が
28. 「多数派の諸君!!」(外山恒一氏ふうに)  [ ++つぶやき手帳++ ]   2007年04月19日 20:44
一週間で三つの強行採決 国民投票法(12日憲法調査特別委員会) 米軍再編法(12日安全保障委員会) 少年法(18日法務委員会) 仕事から帰っていつの間にか寝てしまっている毎日、「都知事選の結果について」の続編を書きたいと思いながら、ついつい2週間近く...
29. 東京都知事選(3)  [ たんぽぽのなみだ~運営日誌 ]   2007年04月20日 01:49
4月8日の東京都知事選に関して、こんな文章を見つけました。 三浦小太郎氏による、『マジョリテイの意識に届く言葉を』 というコラムが、転載されています。 (ウェブログの作者に、メールで直接送られたもので、 どこかのメディアか、ウェブに発表されたものではないようで....
特集ワイド:都知事選に敗れて 吉田万三さん、ハイシャの弁 from MSN毎日イ...
31. 日本て独立国じゃなかったの?  [ 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな! ]   2007年04月21日 20:43
「太田光の私が総理大臣になったら...秘書田中。」という番組、評判はよく耳にし
32. 石原都知事は対米従属ではない  [ 右派社民党公式ブログ ]   2007年05月04日 18:46
石原都知事 7月参院選で大勝負 (ゲンダイネット) 石原慎太郎東京都知事(74)が、7月の参院選に打って出る――。こんなウワサが永田町を駆けめぐっている。盟友・亀井静香氏が代表代行を務める国民新党と連携し、2ケタの議席を確保。2大政党に割って入り、キャスチング...
33. ゴールドラッシュ 柳美里  [ 柳美里不幸全記録 ]   2007年11月22日 13:19
柳美里名づけえぬものに触れて/柳 美里; ¥1575; Amazon.co.jp. 雨と夢のあとに/柳 美里; ¥1470; Amazon.co.jp. ゴールドラッシュ (新潮文庫)/柳 美里; ¥580; Amazon.co.jp. 家族の標本 (角川文庫)/柳 美里; ¥500; Amazon.co.jp ... 「私語辞典」 柳美里8「私語辞典」 柳....

コメント一欄

1. Posted by ニケ   2007年04月15日 12:46
5 初めまして、TBありがとうございました<(_ _)>

なかなか良い分析をなさる方ですね。本当に難しいと思うのは弱者の声を取り上げることも大事だが、それが抗議の形だけで終わらないことも考えないといけないと思いました。
政権側には政権側の支持者がいる。その人たちも矛盾を感じていないわけではない。政権交代にはそれなりの真剣で真面目な展望が無ければとりあえず現状の継続を選択するのでしょう。当然のことだとも思いました。
これからもよろしくお願いします。では〜〜〜^^
2. Posted by suyap   2007年04月15日 18:31
TBありがとうございました。
うっかりと新しい記事のほうをTB返してしまい、ちょいと主旨がはずれてますが、お許しください。
わたしがなんとなく感じていた石原の「ブレのなさ」について、三浦小太郎氏の分析は、とても参考になりました。
3. Posted by 樹々の緑   2007年04月16日 01:35
 まことさん、何だかともに尊敬している旧友が論争をし始めてしまったような格好で、率直にいって苦しいです。
 でも、まことさんの分析には、とても力づけられています。
 ただ、三浦さんのコメントについてですが、「マジョリティ」を今回石原「圧勝」の原動力となったと思われる人々に限定するのは、ちょっと「?」です。というのは、旧来の「無党派層」も、それなりに健在だった、そして、それらの人たちも、一つの「マジョリティ」を形成していると言えると思うからです。
4. Posted by 樹々の緑   2007年04月16日 01:35
 下町の「人情」をとても大切にする人たちの中や、山の手の「新興長者層」の人たちに、石原支持の傾向が強かったことは、間違いないでしょう。それは、「強者」そのものと「強者に阿る・憧れを抱く気分感情を持つ人たち」だと言えるかも知れません。
 しかし、旧来の無党派層がなくなって、「マジョリティ」がすべてこれらの人たちになってしまったのではなく、結果として相殺されてしまったのだと思います。数値で示せませんが、現地でのこれが実感です。
 もちろん、石原氏の「うまさ」に騙されないように、これら新「マジョリティ」に対する働きかけ方を工夫することは、三浦さんが指摘されるように、喫緊の課題だと思っています。
5. Posted by タキ   2007年04月16日 02:27
> 又、共産党の石原氏の経費や贅沢な出張などへの批判だが、マジョリテイは金持ちや強者に対し、彼等が贅沢であるほどに、反感と同時にある種の共感を抱く、という一面は無視できないと思う。

それは才能ある人が自分で稼いだ金ならいくら乱費しようといいでしょうが、それが税金でも良いんでしょうか?それに強者であるのも、都民が選んでいるからでしょう?知事、政治家という肩書きを外しても尚、あの方は独立峰のように厳として聳え立つほどの強者なんでしょうか?都民の気持ちは田舎者の私にはわかりませんけどね。
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事へのコメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)