外観メニュー:
炒飯と刀削麺(トウショーメン)セット(\750)

味:
辛味醤油

コメント:
今日は、立川南口立川通り沿い「地中海夏の家」跡地に昨年オープンした「菜香厨房」に。

八王子にある同名店と同じく「西安刀削麺」の系列店のようですね。

13:00入店で先客は2人。

店内は、2人掛けテーブル10卓と4人掛けテーブルが5卓。赤と黒を貴重としていて、雰囲気は落ち着いた感じで、店員さんも丁寧で良い感じ。

店員さんは、みんな中国の方なのかな?
先に来ていたお客さんは、迷彩服をきたアメリカの方だし、お店の中は多国籍な感じになっています(^_^;)

メニューメニューは、「刀削麺」「ラーメン」各種に、ご飯もの、その他6種類のランチセットが用意されています。

ランチタイムの為か、メニューは少なめでしたが、表の看板を見る限りでは一品料理も充実していそうな感じ。
今日は、お得なサービスランチの中から「炒飯と刀削麺セット」を注文。

しばらくセットが出てきたので、早速いただきます。

全体
「炒飯と刀削麺セット」750円

少し小さめの丼に入ったラーメンは、赤々と色づいていて見るからに辛そうな感じ。

らーめん
「麻辣刀削麺」単品価格580円

スープは、鶏ガラ等をベースにしたあっさりした醤油味で、生姜が効いています。
キュッとしまったような軽い酸味と、ラー油や唐辛子・花椒の辛味が効いていて、かなり刺激的な辛さがある。
凄く辛いんだけど、中にはほんのりした甘味があり、鼻腔からはフルーティーな香りが抜けていくという不思議な味わい。

めん麺は、太く平たく削られた刀削麺。
少しガタガタした感じで形にムラがあって短めのもの。
今まで食べた刀削麺の中では、最も形が悪い気がする。
でも、トゥルンとした舌触りやモッチリした特有の食感は健在。
刀削麺を出すお店って、削りながら鍋に入れる様を見せる所が多いけど、ここは全く見えないので実際にやってるのかは定かじゃないです。

トッピングは、肉味噌、青菜、もやし。

デフォルトのスープもそれなりに辛いんだけど、肉味噌を溶かすことによって更に辛味が広がります。

メンマかな?と思って食べた短冊形のものは、生姜だったのでちょっとビックリ。

ちゃーはん
「五目炒飯」単品価格780円

炒飯は、チャーシュー、ネギ、人参、卵等を使った塩味のもので、パラリと仕上がっていて味付けも程よく美味しい。

ラーメンよりも、炒飯の印象の方がだいぶ良い気がするな。

今日の「刀削麺」は、ちょっと出汁の味が薄くて、辛味だけが強調されているのが残念だったかな。

ただ、「刀削麺」を食べられる貴重なお店だし、ランチのセットはかなりお得なので、使い方によっては重宝するかもしれないですね。

ご馳走様でした。


今年何杯目?:
18杯目

禁煙状況:


所在:
東京都立川市錦町1-8-5

営業時間:
11:00〜15:00 17:00〜翌2:00

定休日:


電話:
042-526-1598

駐車場:
近くにコインパーキング有