tetsuメニュー:
まぜそば(ニンニク入り)(\750)
ランチAセット(\250)

味:
醤油

コメント:
今日は、三鷹駅南口を降りてすぐの所にオープンした「TETSU」に。

ここは、言わずと知れたつけめんの人気店「TETSU」の同名支店として昨日3月12日にオープンしました。
地震の影響でオープンが遅れるかと思いましたが、予定通りオープン出来たようですね。

花花

流石はTETSU。店舗を覆い尽くさんばかりに、お祝いの花がズラーーっと飾られています。

店舗前にタッチパネル式の券売機があるので、そこで食券を買ってからの入店となります。

メニューメニュー
メニューメニュー

メニューは、「つけめん」「あつもり」「中華そば」「まぜそば」を軸に各種トッピング、その他「カレーライス」や「チャーマヨ丼」「茹でぎょうざ」などのサイドメニューも充実しています。

「TETSU」では、いつもつけめんばかり食べているので、たまには違うのをって事で「まぜそば」と「ランチAセット(チャーマヨ丼+茹で餃子2個)」をチョイス。

15:05入店で先客は16人。
店内は、L字カウンター15席と4人掛けテーブル2卓で、結構キャパがありますね。

店員さんは明るく、店内全体が活気に満ち溢れた感じです。

食券を渡すと、「ニンニク入れてもよろしいですか?」と聞かれたので、「お願いします」と。

しばらくしてまぜそばが出てきたので、早速いただきます。

まぜそば
「まぜそば」750円

まぜそばは、メインの丼の他にタレの入った器と、野菜の入った小皿が用意されました。

野菜は特別増して貰った訳では無いので、足りなかった分を追加で持ってきた感じですかね?

まぜそば

まぜそばなので、とりあえずガッツリ混ぜ合わせてみましたが、メインの丼には全くタレが入っていないようですね。

とりあえず、そのまま食べてみると、塩味は殆どついていませんが、やや強めの油感とペッパーやその他の具材の味、それに麺の持つ味が感じられます。

「タレには生卵が落としてあるので、よく混ぜてからお召し上がりください」との事なので、混ぜ合わせてから丼に豪快にかけてみました。

たれ

タレは、豚ベースな感じの醤油味で、優しい甘味と酸味が感じられるもの。
たっぷりの背脂が入っているのでこってりしていて、更に生卵のまろやかさで全体が上手くまとまります。

量が結構あるので麺とも馴染み易いですね。

タレをかけた後は、当然ながら先ほどとは全く違った印象になりますね。

麺麺は、中太のストレートで程よい茹で加減。
ツルツルとした味に滑らかな麺肌に、モッチリとした食感の麺を堪能する事が出来ます。

そばにあるトッピングによって変わるような、一口毎に違った味わいが楽しめるのはまぜそばならではですね。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、野菜、カイワレ、ネギ、フライドオニオン、刻みニンニク。

チャーシューヤサイ

チャーシューは、細かく刻まれたもの。
小さいので食感のインパクトは無いけれど、適度に脂身が含まれていてジューシーな美味しさがあります。

野菜はボイルしたもので、キャベツともやしが1:9くらいの割合。
硬すぎず柔らかすぎずの適度な茹で加減で、そのまま食べるとほんのり甘味を感じるようで美味しい。
これが刻みニンニクの風味と合わさると堪らないです。

刻みニンニクと背脂と野菜の組み合わせは、やっぱり凄いですね!
ボリュームも結構あるので、ジャンクの味わいを存分に堪能出来ます。


セット
「ランチAセット」250円

「ランチAセット」には、チャーマヨ丼と「茹で餃子2個」が付きます。

チャーマヨ

チャーマヨ丼は、細かく刻まれたチャーシューにワサビマヨネーズがかけられ、刻み海苔、ネギが載ります。

まぜそばに入っているのとは違った感じの濃いめの味が浸けられていて、白飯とよく合います。
濃い口のチャーシューと、ほんのりワサビの風味が感じられるマヨネーズの相性もバッチリですね。

餃子

茹で餃子は、トゥルンとした滑らかな舌触り。
中の餡よりも、皮とタレの印象が強いかな。
やや強めの酸味が印象的ですね。


全体的な印象としては、二郎の「汁なし」を思わすようなジャンクさをもっていながら、まろやかで優しい味に仕上げてあり、TETSUの麺をしっかり楽しめるまぜそばで美味しかった。

濃厚魚介豚骨のつけめんに飽きた時は、この「まぜそば」で行くのもアリですね♪

これから頑張って下さい♪

ご馳走様でした。


今年何杯目?:
84杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都三鷹市下連雀3-46-1

営業時間:
11:00〜23:00

定休日:


電話:


駐車場:
近くにコインパーキング有

公式HP:
TETSU