001訪問日:
2017.1.31

メニュー:
肉とんこつ(\880)
替玉(\100)
ひとくちとん茶(\50)

味:
豚骨

コメント:
今日紹介するのは、羽村駅東口から離れた所にあるお馴染みのお店「上を向いていこう」。

1月31日19:00頃の入店で先客は2人。

009003
018019

メニューは、「クリームとんこつ(しお)」「クリームとんこつ(みそ)」「クリームつけめん」「肉とんこつ」「とんこつつけめん」「しおとんこつつけめん」「みそとんつけめん」「ブタキムチ」、「とんこつ(ふつう)」「とんこつ(おもめ)」「とんこつ(辛い)」「しおとんこつ(かるめ)」「しおとんこつ(ふつう)」「とんしおやさい」「しおやさい(辛め)」「みそ(かるめ)」「とんこつみそ(やさい)」「赤もやし」、「みそ(やさい)」「正油(ふつう)」「タンメン」「正油(やさい)」「正油つけめん」に各種トッピング、ご飯物等。

今回は、「肉とんこつ」と「替玉」をチョイス。

麺が「博多麺(白)」「博多麺(赤)」「熊本麺」から選べるので、「熊本麺」でお願いしました。

013015

ラーメンの出来上がりを待っている間に、ビュッフェコーナーで、白ごまと揚げネギ、辛子高菜とこってり脂を取ってきました。

しばらくくしてラーメンが出て来たので、早速いただきます。

021
「肉とんこつ」880円

白茶濁したスープは、濃厚な白湯豚骨。

炒めた肉とキャベツを油もろとも上からかけている感じなので、表面には油の層が出来ています。

上部だけ飲むと焼き肉のタレ的な甘味の強いタレと油の味が強く感じられちょっと重い印象なんだけど、スープをよく混ぜ合わせてから飲むと、ドロドロでどっしりとした濃厚な豚骨にタレの甘味と焼き肉の旨味や香ばしさが入り交じって凄く美味しい♪

031026

麺は、細めのストレート。

気のせいか以前より細くなったような?
やや低加水で程よく茹でられているので、モチモチした食感と粉感を楽しめ、スープの持ち上げも抜群で美味しい♪

トッピングは、豚バラ、キャベツのみ。

甘味の強い甘辛な焼き肉のタレで炒めた感じの豚バラ肉とキャベツがたっぷり入っています♪
一緒にご飯を食べたくなるような味わいで美味しく、キャベツはざく切りでボリボリ頬張るような感じ。

麺を2/3程食べたところで、「替玉」を「赤・バリカタ」で注文。

035
「替玉」100円

「替玉」は平皿で提供してくれます。

037040

予めビュッフェで取ってきておいた「辛子高菜」「白ゴマ」「こってり脂」「揚げネギ」を加えて♪
仄かにピリッと感じる麺の辛味と高菜の相性は良く、白ゴマの風味やこってり脂のコクが合わさって美味しい♪

もうちょい食べたいなぁと思い、券売機に行って「ひとくちとん茶」をポチっと。

「お好み焼き」「カレー」「イタリア風」「和風」「洋風」「韓国風」「とん辛」「のり茶」「辛茶」「ウメ茶」など多数の味が用意されている中から「韓国風」でお願いしました。

043
「ひとくちとん茶(韓国風)」50円

047「ひとくちとん茶(韓国風)」は、ひとくちサイズのご飯、辛味噌、刻み海苔がつきます。

これを残ったスープに入れていただきます。

辛味噌はゴマ油の風味と甜麺醤的な強めの甘みとやわらかな辛味が感じられるもので、海苔の風味とマッチしています♪
焼き肉の味と混ざりあった濃厚豚骨ともよく馴染んで美味しいけれど、馴染み過ぎて変化が少なかったかな?って印象も。敢えて「和風」とかの方が面白かったかな?と。


全体的な印象としては、シンプルだけど濃厚な豚骨と濃いめな味付けの肉がたっぷり入ったガッツリ系のラーメンで美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2017年何杯目?:
44杯目

前回の訪問:
2016.11.19

禁煙状況:
喫煙可

所在:
東京都羽村市富士見平2-22-9

営業時間:
11:30〜15:00 18:00〜23:00
土日11:30〜22:00
祝11:30〜15:00 18:00〜22:00

定休日:
水曜日

駐車場:
少し離れた所に6台分

駐車場