DSC04087訪問日:
2017.10.13

メニュー:
味玉のせ 肉鰹つけめん(\950)

味:
動物魚介

コメント:
今日紹介するのは、小作駅東口から少し歩いた所にオープンした「虎テツ」。

ここは、今は無き人気店「二代目のぶ」の味を作った方によるお店で、色んな所のお祭りに「虎テツ焼きそば」として出店している事でも有名なお店です。

2011年、日野に「虎テツ」をオープンし、昨年初頭に聖蹟桜ヶ丘に移転しましたが、ずっと小作の方でやりたいとの気持ちがあり、聖蹟桜ヶ丘の方を閉めて凱旋的な感じで本日10月13日に小作にオープンしました。

DSC04095DSC04097

10月13日10:55到着で既に営業されていたので、1番客として入店。

店内は、L字カウンター8席に2人掛けテーブル4卓のゆったりした空間で、
レンガをあしらったオープンキッチンカウンターに、木をふんだんに使った内装でお洒落なカフェのような雰囲気。

入って左側に券売機があるので、そこで食券を買います。

DSC04101DSC04103
DSC04090DSC04093

メニューは、「肉煮干らーめん」「肉鰹つけめん」「丸鶏中華そば」に「味玉」「メンマ」「レアチャーシュー」「煮込みチャーシュー」「海老辛味」等のトッピング、ご飯物、ドリンク類等。
まだ販売されていませんでしたが、期間限定メニューのボタンも用意されています。
「虎テツやきそば」はオペレーション等の関係から落ち着いた11月頃から提供予定との事。

今回は、「味玉のせ 肉鰹つけめん」をチョイス。

平日のランチタイムは大盛無料との事ですが、今回は「並」でお願いしました。

しばらくしてつけ麺が出て来たので、早速いただきます。

DSC04107
「味玉のせ 肉鰹つけめん」950円

DSC04113

茶濁したつけ汁は、豚骨や鶏等の濃厚な動物系白湯スープをベースに魚介を合わせた醤油味。

トロンとした高い粘度がありかなりの濃厚さを感じさせながらも口当たりは滑らかで、魚介は鰹節や鯖節等の節系を合わせてあるので和な風味を強く感じさせながらも嫌味が無く、甘過ぎず優しく円やかな味に仕上がっていて凄く美味しい♪

DSC04111

麺は太めのストレートで、キッチリ水締めされたもの。

上州地粉を使用したものとの事で、モッチモチなコシとクセが無く高い風味が感じられるもので凄く美味しい♪

並の麺量は200gとの事で、程よい量ですが、思った以上に美味しい麺だったので大盛にすれば良かったかとちょっと後悔(^_^;)
平日ランチタイムは大盛無料なので、素直にお願いした方が良いですね。

DSC04122DSC04115
DSC04118トッピングは、チャーシュー、味玉、メンマ、ネギ、刻み玉葱、黒ナルト、レモン。

チャーシューは、煮豚バラと低温調理系ロースの2種類がそれぞれ2つずつで、かなりのボリューム!
(※どうやら肉増しと間違えたようで、本来はそれぞれ1枚づつのようです。)

バラは1儖幣絽みがあるもので、味付けは優しいので熱入れも兼ねてつけ汁に浸しながら食べると凄く美味しい♪

低温調理系のロースは、しっとり柔らかで肉の旨味が感じられて美味しい♪

DSC04124DSC04120

味玉は、9割方固まった半熟。
味付けは淡い感じだけど、卵自体の味がしっかり感じられて美味しい♪

黒いナルトは黒ゴマをベースに竹炭で色付けしたと言うもので、一般的なナルトとは全く違った味わいで面白い。

レンゲにのせられたレモンは、途中で搾って麺にかけると、柑橘類特有の風味と酸味が加わって凄くスッキリした印象に♪

麺を食べ終えてスープ割をお願いすると、熱々の丸鶏スープを注いでくれて、味は優しく旨味は厚みを増す感じで最後まで美味しく頂けました♪


全体的な印象としては、王道的かつクオリティの高い濃厚動物魚介つけ麺で美味しかった♪

個人的に好きなお店なので、近くに出来たのはかなり嬉しいです(^-^)
これから頑張って下さい!


ご馳走様でした♪


2017年何杯目?:
347杯目

前回の訪問:
2016.1.9(旧店舗)

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都羽村市小作台1-5-12 松永ビル1F

営業時間:
11:00〜15:00 17:00〜21:00

定休日:
月曜日

電話:
042-554-0935

駐車場:
店舗前3台
少し離れた所に2台

公式ブログ:
虎テツのお知らせ的なブログ

Twitter:
らーめん 虎テツ