DSC09668訪問日:
2018.10.11

メニュー:
煮干しそば味玉入り(\850)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、立川駅南口から少しの「アーバンホテル」1Fにあるラーメン集合施設「たま館」内「一本勝負」の後釜としてオープンした「初代青樹」。

ここは、今や立川を代表する人気店となった立川駅北口にある「青樹」のネクストブランドとして10月1日にオープンしたお店。

元々は、「いつ樹」のスタッフとして働いていた青木さんが、「いつ樹」の定休日を利用してスタートした「青樹」。
「いつ樹」から独立し、2009年「たま館」のオープニング店の1つ「煮干し青樹」として営業し、2010年「たま館」卒業を機に初の路面店「つけめんらーめん青樹」をオープン。
既に閉店してしまいましたが、昭島中野にも店舗を構えていました。
そんな「青樹」にとって、「たま館」は出発の地でもあるので、凱旋的な感じでかなりの意気込みを感じます。

10月11日21:20頃の入店で先客は4人。

相変わらず「マシマシ」だけは長蛇の列が出来ています(・・;)

店舗看板の下に券売機があるので、そこで食券を買います。

DSC09674DSC09671
DSC09667DSC09675

メニューは、「煮干しそば」「辛い煮干しそば」「油そば」に「味玉」「メンマ」「ネギ」「茹でもやし」のトッピング、「煮干しご飯」「白米」「たまごかけご飯」、「瓶ビール」「枝豆」「辛もやし」。

今回は、「煮干しそば味玉入り」をチョイス。

席は、「一本勝負」の時と変わらず一文字カウンター10席のみ。

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

DSC09677
「煮干しそば味玉入り」850円

少し濁りのあるスープは、動物系は一切使用せず煮干しを中心とした魚介系をベースにしたと言う醤油味。

一口含むだけで、口の中がぶわぁっとした煮干し風味に包まれます!
スープは勿論、底には銀粉が沈み、表面には煮干し油が浮かべられ、「煮干し味」と表現したくなるような強力な煮干し感で軽く苦味も感じる位なんだけど、エグミが無いので変なクセは無く、優しい甘味と旨味たっぷりな厚みのある醤油ダレが良い感じに合わさっていて凄く美味しい♪
醤油ダレの塩味が強い感じでは無いけれど、煮干しの味が凄いので全体の味が強く感じるガツンとしたパンチがありますね。
凄く美味しいんだけど、強烈な煮干し味なので煮干しが苦手な人は手を出さない方が良いかと(^_^;)

DSC09688DSC09683
DSC09690麺は、全粒粉入りの中細ストレート。

三河屋製麺の麺箱があったからそうなのかな?加水率低めで、煮干しスープを吸いながらたっぷり持ち上げてくれて青樹らしい味わいで美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、味玉、メンマ、青ネギ。

チャーシューは、肩ロースとバラの2種類入っていて、個人的には肩ロースの風味があまり好みでなく、トロっとした柔らかさのバラが好み♪

味玉は、8割方固まった半熟。
煮玉子のような濃い色づきで味もしっかり染み込んでいながらも黄身はゼリー状に近い半熟で美味しい♪

強烈な煮干しスープに対して粗めなネギの風味がよく合いますね!


全体的な印象としては、「煮干しそば」のネーミングに違わぬ強烈な煮干し感を楽しめるインパクトのあるラーメンで美味しかった♪

青樹らしさを感じさせながらも、北口とは全く違った味わいなのでしっかり差別化されていて良いですね!

これから頑張って下さい♪

ご馳走様でした♪


2018年何杯目?:
401杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都立川市錦町1-2-16立川アーバンホテル

営業時間:
11:00〜15:00 18:00〜24:00
土日祝 11:00〜24:00

定休日:


電話:


駐車場:
近くにコインパーキング有

公式HP:
青樹