ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書いていきます。その他グルメや、日頃の私的ニュースなんかを書き綴っていきます。
知識など皆無の素人の率直な感想ですのであしからず。 尚、5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。

※画像はカメラ内蔵携帯電話とデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2006年11月

らーめん愉悦処 鏡花@立川市【リニューアル後初訪店】4

6a2e8b9e.jpga0128df8.jpg


メニュー:
釜玉(\750)
味玉(ラーナビクーポン)

スープ:
魚介

コメント:
今日も少し早起きできたので、リニューアルしてから未だ行っていなかった「鏡花」に。

ここに来るのは数ヶ月ぶりだなぁ。春先までは毎月のように行っていたのに、月替わりの「夢」が冷やしラーメン続きになってから足が遠退き、いつの間にかリニューアル。それ以後なんとなく行く気になれなかったんだけど、リニューアルしたラーメンは美味しいとの評判を聞いて気になりはじめ、先日大好きな「釜玉」の復活の話も聞き、行きたいって気持ちが一気に膨れ上がった♪

例によって近くのコインパーキングに駐車し、お店へ。
お店前の掲示板には、リニューアルの旨これからの意気込み等が書かれたポップが貼ってあります。

店内の内装自体は以前と然程変わらないかな?端の方にセルフサービスコーナーが設けられています。

入ってすぐの場所に券売機があるので、そこで食券を買うのですが、こちらはメニューが減った事によりかなりシンプルな感じ。

リニューアル後初なので、レギュラーメニューを食べるべきだよなぁ…と思いつつも「釜玉」の魅力は、かなり大きい。少し葛藤しながらも、自分の気持ちに素直にって事で「釜玉」にする事に。

「釜玉」を注文するには「つけめん」の食券を買い、食券を渡す際に「かまたま」と伝えるということなので、それに倣って「つけめん」の食券を購入。

席に着き食券を渡し「釜玉で」と告げると同時にラーナビクーポンを見せ「味玉」も注文。

店内は、おやっさんの他に男性店員が1人。もう1人女性が出入りしていたみたいだけど、店員さんかな?

14:30という半端な時間帯の為か、お客さんは俺の他にもう1人だけ。広い空間に対して人数が少ないせいか、ちょっと肌寒い感じ。
あと一つ何か足りないなぁと思ったら、あの小鳥の囀りみたいなのが流れていないんだね。

程なくして「釜玉油そば」が出てきたので、いただきます。


97887310.jpg



ルックスは、以前のものと比べて更に綺麗になった感じ。前は青物がなかったけど、三ッ葉が入った事でウ゛ィジュアル的にかなり良いね。

麺は平打ちの太麺で、タレと卵がしっかり絡んでいるので自分で必要以上に混ぜ混ぜする必要もなく、そのまま愉しめます。
以前は、タレ自体は薄めで卵が主張され、なんとなくカルボナーラみたいな印象があったんだけど、今回のはしっかりとした味付けに対して卵は脇役って感じ。

一般的な油そばのように油っこいという印象は全くなし。この点においては以前と一緒だね。
印象は変わったけど、やっぱりかなり美味しいな♪

途中
「スープかけはご存知ですか?」
と聞かれ、話には聞いていたので
「はい♪」
と応えると
「いつでも声かけてください。」
との事なので、麺を3分の2食べたところで、「スープかけ」をお願いしました。

おやっさん直々に、スープを入れてくださったその丼の中は、油そばからラーメンに変化。魚介の香りが湯気と共に鼻に流れ込んできて、食欲が更にそそられます。


a5abb5f7.jpg


残ったひき肉を溶かし、麺をほぐすと、それはもう完全にラーメンそのものといった感じ。どうせなら、三ッ葉や味玉も食べずにとっておけば良かったなあ(笑)

で、味の方もただ単にスープをかけただけとは思えないほどバランスがよくハマっている。

最近は、どのお店に行ってもスープ残すんだけど、珍しく丼を持ち上げ最後の一滴まで飲み干してしまったよ(^_^;)

美味しかった。次回は、評判の「塩」を食べなきゃ♪

ご馳走様でした。

今年何杯目?:
249杯目

前回の訪問:
2006.7.23

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都立川市柴崎町2-12-20

営業時間:
11:30〜15:00 18:00〜22:00

定休日:


電話:
042−525−3371

駐車場:
近くにコインパーキング有り

一味源@昭島市3

02852607.jpgメニュー:
味噌オロチョン(\850)
チャーシュー(\100)
味付けタマゴ(\100)

スープ:
味噌

コメント:
今日は、ちょっと早起きできたので、近場の「一味源」に。
味源系って昔は「味噌オロチョン」ばっかり食べていたんだけど、と言うか「味噌オロチョン」しか食べなかった位なんだけど(笑)、いつの日だったか「醤油」「塩」を友達に薦められて食べたら、思いの外美味しくて以来「醤油」ばっかり食べるように…思えば、味源に限らず昔はラーメンと言えば「味噌」ばっかり頼んでいた気がするなぁ。

で今日は、「醤油」ばっかり食べていた昨今から、ちょっと原点回帰的な意味で「味噌オロチョン」を頼んでみる事に。

暫らくしてラーメンが出てきたのでいただきます。

スープは、豚骨ベースの辛味噌。スープともやしやキクラゲ、ピーマンなどを一緒に炒めたいつものスタイル。思った以上に重量感があり辛味はピリッとしたもの。以前はもう少し辛かった気もするけど、長い年月をかけて舌が辛さに対して麻痺しちゃったのかな?化調もたっぷり入っているけど、ある意味「味源」らしくて良いかも。

麺は他のラーメンと同じで、中太の縮れ麺でプリプリしたもの。思えば、ここって味によって「札幌」「旭川」「函館」とか地名を冠させてるけど、麺や製法とかって全部共通だよね(^_^;)

トッピングは、スープと一緒に炒められた野菜類と追加のチャーシューと味玉。

久しぶりに食べた「味噌オロチョン」は、今現在のラーメンとして凄く美味しいとは言えないけど、濃いめの味付けにピリ辛で化調を感じるもので、結構自分好みのものだった。
結局のところ俺って単純に「濃い」味が好きなだけなのかもしれないな(笑)

ご馳走様でした。

今年何杯目?:
248杯目

前回の訪問:
2006.5.21

禁煙:
喫煙可

所在:
東京都昭島市東町4-11-11

営業時間:
11:00〜3:00
日祝11:00〜2:00

定休日:


電話:
042-542-6261

駐車場:
無し
深夜時間帯は路駐可

喜奴屋@立川市3

0be0f7c6.jpgeefc3cc0.jpg


メニュー:
菜麺(\750)

スープ:


コメント:
「風び」を後にして、イマイチ満腹感満足感に欠いたお腹を満たす為に、もう1軒行こうかな?と。
でも、この辺て月曜定休が多いから選択肢が少ないんだよね。

少し考えていると、誰かのブログで「喜奴屋」で新しいメニューが出されていたことを思い出したので、行ってみることに。

お店の前に着くと「菜麺」の看板がありましたよ。

ニュアンス的には冬期の定番メニューっぽい感じだけど俺は初食。

店内に入ると、11:00だというのに結構な入り。やっぱり常連に愛されている店なんだなぁ。

席に着き、早速「菜麺」を注文。
「太麺と細麺どっちにしますか?」
と聞かれたので、ちょっと迷いながらも太麺を選択。後から来た常連ぽい夫婦は細麺の方を頼んでいたから、もしかしたらそっちの方が合うのかな?と、ちょっと不安に(笑)

しばらくしてラーメンが出てきたので、いただきます。

てか、いきなり丼の大きさにビックリしちゃった。
大きな丼にてんこ盛りにされた白菜。連食なんだけど、食べきれるかな?(^_^;)

スープは、少し胡椒を効かせた感じの塩で、喜奴屋らしい煮干の良い香がします。

茹でた白菜がドカッと山のように乗せられているので、奥底に眠った麺に辿り着くのに少し時間がかかる。
白菜を少し片付けてスペースが出来たところで、下に潜っている極太の麺を持ち上げます…って、なんか作業が二郎を食べる時っぽい気がする(笑)てか、ボリュームは二郎と比べて遜色無いと思う。

味の方は、あっさりとした優しい感じのもの。白菜の甘味と合わさり美味しいし、体もポカポカと暖まる。

ただ、そのボリュームの為にちょっと飽きが来ちゃう。

トッピングは、小切りの白菜とサイコロチャーシュー、細切りにされたキクラゲと糸唐辛子。

普通に美味しいんだけど、最後の方は味が薄く感じられるようになっちゃった。

喜奴屋らしいと言えば喜奴屋らしいけど、個人的にはもう少し濃いめの味付けが好きかも。今年の初頭に食べた「味噌菜麺」(だったかな?)あれの方が好き。

まぁ連食だから、普通に食べたら感想もかわってくるかもしれないけどね(^_^;)

ご馳走様でした。

今年何杯目?:
247杯目

前回の訪問:
2006.10.1

禁煙:


所在:
東京都立川市一番町5-5-2

営業時間:
10:30〜15:00 17:00〜20:00(スープ切れ終了)


定休日:


電話:
042-531-2929

駐車場:
無し

店員さんブログ:
喜奴屋の店員
記事検索
Profile

ZATSU

Recent Comments
訪問者数 (UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ