けいすけ外観メニュー



メニュー:
二代目海老そば(大盛)(\850)
味付半熟玉子(\100)

スープ:
鶏ガラ豚骨

タレ:
塩醤油

コメント:
今日は、ちょっと立川に用事があったので、ついでにラーメンを。

鏡花の「焼釜」が食べたいなって思っていたんだけど、不眠でなるべく早く床につきたかったので、開店時間迄間もないラーメンスクエアに。

三代目けいすけで、テレビでも話題の「二代目海老そば」を限定10食で提供しているとの事なので、それ目当て。


11:00 開店時間になり、中から女性の声で「開けるよ〜♪今日は、『海老そば』やっていいの?」みたいな事が聞こえてきた…もしかして、今日は無かったりするの!?って不安になりつつ券売機に向かうと、『二代目海老そば』ちゃんと販売してました(^^;)

海老そばと味玉の食券を買い店内へ。
今の時間は「大盛」か「ネギ増し」が無料とのことなので「大盛」でお願いすることに。


10分少々待ってラーメンが出てきたので、いただきます。



ラーメン1ラーメン2



出てきた丼を見て圧巻。噂には聞いていたけど、凄い丼です。黒い受け皿に、白い球体の5分の2を斜めにカットしたような形の丼。
賛否両論あるだろうけど、こういう感じの奇抜とも思えるようなデザインは個人的に大好き。食べる前から楽しめるしね♪
しかも、ただ単に奇抜にしてるじゃなく、しっかりとした布石があって、ラーメンを啜るのに丼を近付けていくと、海老の香が巻き込む形でダイレクトに入ってくるような仕組みになっている。

通常の丼でもじゅうぶん香るんだと思うんだけど、この丼だと淀み無いラーメンの香を愉しめるって感じかな。


レンゲも普通じゃありえないような大きさ。スープを飲みづらいってのもあるんだけど、何よりも持ちづらいです(^^;)これは何の意味があるのかな?



レンゲ



盛り付けも綺麗に彩られていて、ルックス的には申し分無し。で、ラーメンはと言うと。

スープは淡い茶色で、あまり濁りの無いもの。鶏のコクがしっかり出たもので、一見あっさりとした塩ラーメンて感じなんだけど、表面に浮かべられた海老の香味油が結構こってり感を出している。
この海老油がウリなんだと思うけど、これ自体はガツンて来るものでは無く、後から海老の味と香が口の中にフッと来る感じ。

味付けは、塩かなって感じで食べていたんだけど、だんだんと醤油が強くなってくる感じで、最後の方はちょっと味が強すぎる感じがした。

麺は中細の平打ち縮れで、ちょっとピロピロした感じのもの。あまり好きなタイプじゃないんだけど、茹で加減も良く、美味しく食べられた。
ただ、大盛だと無駄に麺が多い感じで、なんとなくバランスが悪いかも。


トッピングは、鶏チャーシュー、ネギ、山くらげ、水菜、柑橘系の皮、海老ワンタン、味玉、糸唐辛子。

鶏チャーシューは、紅香油に入っていたのと同じ薫製されたチャーシューなんだけど、それみたいに大きいのが乗っている訳では無く、一口サイズのが一切れだけ。
なんか、ちょっと寂しい感じもしないでもないけど、絵的にはこれで良いかも。

海老ワンタンは、ツルってしたタイプじゃなくて、しっかりとボリューム感があるもの。韮の印象が強く、小さめのぷりっとした海老は存在感が弱いかも。

柑橘系の皮は、他の人のブログなんかを見るかぎりでは、蜜柑だかオレンジの皮らしいんだけど、柚子っぽい香で噛んだ瞬間に一気に口の中がそれで支配された感じになった。終盤だったので、良い具合にリセットされた感じだけどね。

味玉は、トロっとした半熟で軽い塩味程度のもの。
白身の状態が普通のものと違う食感だったんだけど、言葉だと上手く言い表わせないな(^^;)

で、俺の好物の山くらげはコリコリした食感で美味しい♪味は薄めで、ホントに食感だけを楽しむって感じだけどね。



実は、「二代目海老そばけいすけ」って、オープンしたての頃、周りの評判があまり良くなかったんだけど、今日実際食べたらかなり良い印象だった。

やっぱり、人それぞれ好みがあるし自分で食べてみないと、わからないね。

ご馳走様でした。


今年何杯目?:
54杯目

前回の訪問:
2007.1.1

所在:
東京都立川市柴崎町3-6-29アレアレア2 3F

営業時間:
11:00〜24:00

定休日:


電話:
042-521-0097

駐車場:
アレアレアビル有料駐車場有