photo by muneyoshi Fujita

日常の中の特別な時間、確かにそこにあった景色を写真に残しています。
What a Wonderful World !

★タイトルをクリックすると個別ページへjumpします。
IMGP4569


「おとーさんと探検しに行く?」
と次男に聞くと、



「いくーーーーーーっ!」



と、いう事で、
近くの大きな公園の森の中へ探検に。




最初は怖がっていた次男も次第に慣れたのか、どんどん先へ先へと進みます。
倒れた木に座って、記念撮影!


.....と思ったら、



「すくっ!」



と立って、また先へ行ってしまいました。
あのー...モデルさん、ちょっと待ってください....。


と、思っても二度と戻ってこない次男。






----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【こんな風に撮りました】

この写真は50mmの単焦点F2で撮っています。
木と人物の当たりにピントが合うようにして、手前と後ろをぼかして、人物を浮き上がらせています。

ホワイトバランスは「日陰」モードにしたので、すこし温かみのある色あいに
なっていると思います。

でも実はこの写真ちょっと失敗...

ピントがちょーっと甘いんですよね。
ですが、全体の雰囲気は「まろやか」なので、これでいいかな?と思っています。

雑誌の写真なんか見ると、そんなにピントはシビアじゃなかったりします。
人物の写真でも、ピントが甘かったり、ブレてたりしています。

(と、言い訳...)

全体的には、現像時に若干コントラストを下げ、明るさをUPしています。
そうすることで、すこし「ゆるい」雰囲気に。

彩度を上げて、元気な色味にすると冬っぽさが無くなるのかな?と思い
少しそこは抑え目にしました。




------------------------------------------------------------------------------------------------

最近、このブログも永く続けてきたせいか、僕の写真について、質問頂くことが多く
なってきました。

なので、今年から掲載写真のバックグラウンドも、時々お話していこうかなーと思っております。

あくまでも自己流なので、寛容なお気持ちお読みいただければ幸いです。
こんな風に撮ったらいいよ!というご指摘もどんどん承ります!

何卒宜しくお願いいたします~


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
▼写真と文
▼メールはコチラから

名前
メール
本文
▼news
★2017.3.23

風景写真家佐藤尚先生の作品スライドショー
を作成させて頂きました。
HPに掲載されています。

>>掲載ページ<<

★2016.10.7

2017年カレンダーフォトコンテスト「なごみ猫」入選。 「山と渓谷社」よりカレンダーとして発売されました。


★2015.09.17

第62回戸田橋花火大会写真コンクールで
戸田市商工会賞(特選)を頂きました。


★2015.01.30

第24回埼玉県都市公園写真コンクールで
コンペ部門「入選」を頂きました。

>>コンテスト結果ページ<<

★2014.10.20

デジタルカメラマガジン11月号
朝と夕の写真。フォトコンテストで
「入選」を頂きました。

(リンク4枚目の写真)
>>コンテスト結果ページ<<

★2014.3.26

埼玉県戸田市フィルムコミッション協議会主催
第3回戸田の四季フォトコンテストで
「最優秀賞」を頂きました。

(リンク1枚目の写真)
>>コンテスト結果ページ<<

★2014.2.6

東京ドームシティーウインターイルミネーションフォトコンテスト
風景部門で「グランプリ」を受賞しました。


★2013.3.14

鉄道写真家 中井精也先生のUstreamの番組「YURUSTREAM TV」第1回で、僕の写真が紹介されました。

★2012.11.19

カメラ日和「写真年賀状コンテスト」で入賞しました。vol.46に掲載。

★2012.9.24

2013年カレンダーフォトコンテスト「なごみ猫」入選。 「山と渓谷社」よりカレンダーとして発売されました。
▼著作権について
当blogに掲載されている、
すべての写真の著作権は
muneyoshi Fujitaに帰属します。

これらのコンテンツについて、
権利者の許可なく使用、複製、転用など
する事は法律で禁止されています。

ご使用ご希望の場合は、
上部メールフォームよりご連絡いただきますよう、お願いいたします。