無駄遣い王ザワさんです

今日の夕方、コンセントタイマーが届きました(^ム^)



後はボンベだけか・・・

と、仕入先に電話してみると、

「いや~早くて来週末なんでね~もしかしたら月半ばになるかも」

なんて適当な返事(#゚Д゚)

どうしよう~かな~なんて考えてると彼女がご飯食べようと出かけることに

これはチャンスだ

すかさず一日の予定の中にペットショップに寄ろうかな~なんてさりげなく入れてみました

とりあえず64gだったかな?のCO2ボンベを買っちゃいました(;´Д`)

自分でもコレは無駄遣いだな~なんて思いながらも

彼女には「いや!これ500円だから!今回だけだし!」なんて必死の言い訳・・・

でもやっぱり買い物好きの私がソレだけで収まるワケもなく

ついつい固形肥料とCO2ストーンも買ってしまいました(;一_一)

この時も「いや!これ買わないと意味ないから!安いの選んでっから!」

と必死

DSC00849

モンキーは今回は関係ないので写真撮る意味なかったんですが、

出費が気になってロブスターのモンキーを買えなかった悔しさからのupです

固形肥料も、もう少しいいのを買いたかったんですが、これでも大丈夫かな(・へ・)

しかしガッカリだったのがCO2ストーン

購入したのはウッドストーンです。なぜならコレしか売ってなかったから・・・

焼き石売ってないのにビックリでした

1ヶ月ぐらいはウッドストーンでも持つそうなので、また買い換えます(無駄遣い)

早速セッティング

DSC00850

小型大型2WAYのレギュレーターを購入して良かったと思いましたね

まず仕組みから

このレギュレーター(減圧弁)でボンベ内からホースへと出てくる気体を一定の圧力にします

このレギュレーターはスピードコントロール(スピコン)式で

調節のつまみが二つあります。

一つはボンベの開閉用のつまみ(これは使用時常に全開に開きます)

そしてその後ろに小さいつまみがあります。これがスピコンで

どれだけの気体をホースへと出すかを調節できます

その後にくるのが電磁弁です

電磁弁は電気が流れることにより、弁が開き、気体が流れ、電気が流れないと

弁が閉じて気体が流れない様になります

この電気の供給を普通のコンセントからでは電気が流れっぱなしになって

電磁弁をつける意味がありません

なのでコンセントタイマーを間に入れることにより、タイマーでセッティングした時間

のみ弁が開く様にします

DSC00852

最近のデジタルタイマーであれば、毎日・何曜・何時から何時までON・OFFといった

細かい時間設定が可能です

水草のCO2添加時間は6~8時間程度なので、ザワさんは

朝の8時~夕方17時までの時間にセットしました。

すると、毎日朝8時~17時までは電磁弁に電気が流れてCO2が添加されますが

17時を過ぎるとタイマーが切れて電気が流れないため、電磁弁が閉じてCO2の添加は止まります。

聞いた話では、水草は夜間電気を消している間に呼吸をすると聞いたので

夜間に添加した方がいいのか?でもみんな日中に添加してるし・・・

とそこでも悩みます

とにかく添加スタート!

DSC00853

うおおぉぉ・・・勢い良すぎですw

というかウッドストーンの差し込み口からしか出てこないww

しばらくすると、少しは落ち着きましたが、やはり気泡は粗めです


話は変わりますが、水槽用品を整理してるとこんなものが。。。

DSC00854

90用シャワーパイプです

早速つけてみての全体写真

DSC00855

画面左にCO2ストーンを配置

パイプはまぁ、見えないですねw

この耐圧ホース。

おそらくシリコンでもなく、ゴムでもなく、塩ビ製品だと思われので

かなり硬いです

なので水槽の配置に困りました(;´Д`)

曲げ癖がついてしまっていて、うまく水底におけません(~_~;)

しかし、こうやってCO2添加しだすとカウンターやドロップチェッカーが欲しくなってきますね・・・



ランキング投票にご協力ください^^

↓ぽちっと
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村