日の丸Tシャツ1
一昨日のサンセバスティアン市主催の被災者救援コンサート、プログラムの詳細を知らずに行ったのだが、演奏は市立音楽・舞踊学校の生徒、教師たちによるものだった。

プログラム中盤クラリネットの合奏の番になり、まだ習い始めて2年しか経っていないという子供達14人が舞台にゾロゾロと出てきたのをみて「あれ?」

みんなで日の丸柄のTシャツ着てる?

急に決まったコンサートだからTシャツを揃える暇なんかなかったはずだけど…と不思議に思ってよく見たら、どの子も真っ白なTシャツに丸く切り取った赤い布を絆創膏で貼付けていただけなのだった。

あんまり可愛かったものだから後で写真を撮らせてもらおうと思ったのに、彼らはその後出番がなかったのでコンサートが終わった時にはもう皆帰ってしまっていて残念!

あまりに気に入ったので、家に帰ってきてから自分のために一枚作ってしまった。
日の丸Tシャツ2

こんな具合に絆創膏で止めて…ユニークなアイディアに思わず唸ってしまった。

コンサートというと私たちプロの音楽家は何も考えずについつい黒で統一してしまいがちだが、このコスチュームはぱっと目を引くし、コンサートの主旨にも子供達の元気なイメージにぴったりで「あっぱれ」と思った。

指揮してた先生のアイディアだろうか?

急な企画でばたばたと準備しなければならなかったと思うのに、こんな心のこもったディテールを加えて下さったことに心温まる思いがした。

むやみに国旗を振りかざすのは好きでないが、こういう形で日の丸を見るのはいいものである。

その後ギターのアンサンブルがあって、プログラム最後はギターのアンサンブル+ピアノ+子供の合唱隊の組み合せ。

プログラムにはただ『日本の歌』とだけ書いてある。

中盤でやはり子供達が「もしもし」という題名の歌を歌ったが『メリーさんの羊』に他愛無い日本語の歌詞をつけただけの替え歌だったので思わず笑ってしまったのだが、次の曲は何だろう?と思ったら『赤い花白い花』という歌であった。
 
どうやら70年代にヒットした歌らしい、私は聴いたことがなかった( 詳しい話は 『赤い花白い花』誕生の話  でどうぞ

この歌をどの子も暗譜で、しかもほぼ完璧な日本語で歌い上げたのには正直驚いた。

ふと周りの日本人を見たら皆さん目を潤ませていらっしゃる。

子供たちの透明感のある歌声は、純粋で真摯で希望に満ちあふれていて大好きだ。

iPodを持って行っていれば、録画して日本の皆さんにもお聴かせすることが出来たのに…とおおいに後悔。

コンサートを開催して下さったサンセバスティアン市、コンサートに駆けつけて下さった地元の皆さん、一生懸命演奏してくれた子供たちや先生方、本当にありがとうございました。

 
さて、最後に少しお料理の話を。

こちらは最近はまっている そば粉のネギ焼き。
そば粉ネギ焼き

旦那のお祖父ちゃまの家庭菜園でできたポロネギをどっさり頂戴したので、戸棚の奥で眠っていたオーガニックそば粉(こちらではオーガニック以外手に入らない)と合わせてみた。
ネギ焼き1
 と言っても、別に私のオリジナルではなくて「ネギ焼き そば粉」で検索したらヒットしたのがこれ、油屋ごはんさんのレシピ であったのだ。

たまたま数日前に melocotonさんのところ 油屋ごはんさんの「アヴォカドとパンチェッタの炊き込みご飯」というのを拝見したばかりだったので、すごい偶然である。

つなぎは大根おろしだけで水も卵も山芋も一切入っていない。

だからボリュームあるように見えて(食べると実際お腹もいっぱいになるのだが)お腹にもたれない。

味付けも一切無し。

たっぷり入れた長ネギの大根の甘みと風味だけで、ソースをつけなくてもいいぐらいである。

ところで、これは父が日本から大量に調達してくれた「松山あげ」(ゴミ袋入りというところが、ちょっと…)
松山あげ
常温保存可能+湯通しの必要なし、サクサクと軽い独特の油揚げなので、おみおつけの具ばかりでなく炊き込みご飯や煮物、丼のもの具など、いろいろ使い道がありそうで嬉しい。

というわけで、ネギ焼きにこれをちぎって揚げ玉代わりに入れてみた。
ネギ焼き3
上にかけるソース、八丁味噌ベースなのは参考レシピと一緒だが、出汁をとるのが面倒くさかったので水で溶いてケチャップを加えてみたら、これが結構ヒット。

美味しくて、すでに数回リピしている。

作り方の覚え書きを載せておく。

油屋さん、ごちそうさまでした。



そば粉のネギ焼き

材料:(1枚分)

そば粉・・・・・大さじ4
長ネギ・・・・・1本
大根おろし・・・日本の大根だと3〜4㎝分ぐらい?(適当ですみません)
揚げ玉・・・・・ひとつかみ

(ソース用)
八丁味噌・・・・大さじ1
ケチャップ・・・大さじ1
水・・・・・・・適宜


作り方:

1. ボールにそば粉を入れ、大根おろしを汁ごと少しずつ加えては練り、加えては練りを繰り返しながら、好みのテクスチャー(とろとろ、もちもち)にする。

2. 小口切りにした長ネギと揚げ玉(あるいは油揚げをちぎったもの)を加えて、さっくり混ぜる。

3. フライパンにオリーブオイル(分量外)を刷毛で塗り、2を加えてへらで形作るようにしながら両面に焼き色がつくまで焼く(ひっくり返す時には、スペイン風オムレツの要領でお皿を使いました)

4. 八丁味噌とケチャップを混ぜたものに水を少しずつ加え、好みのゆるさになるまで伸ばしたものをアツアツのネギ焼きにかけていただく。

お好みでマヨネーズを少しかけても美味しいと思う。


ランキングに参加しています。clickしていただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

折り鶴