2005年12月13日

愛媛みかんツリー

2f9c331f.JPE愛媛産の温州みかんを使って飾り付けしたツリーが愛媛県庁本館の正面玄関に登場した。イケメン連メンバーの二上雅史を中心に11月初めから製作していたもの。

昨年、相次いだ台風災害などによって、みかん生産量日本一の座を和歌山に明け渡した愛媛。今年こそはという生産者の頑張りによって今年は美味しいみかんが出来たものの、全国的な豊作で価格は低迷・・・。

でも、こんなときだからこそ、美味しくみかんを食べて、ふるさと愛媛を盛り上げたい!そこで、愛媛みかんを応援しつつ、全国にPRしようと作ったのが「愛媛みかんツリー」というわけ。

高さ3メートル。みかんの皮を乾燥させて作った飾りを500個あしらってある。飾りの中には発光ダイオード(LED)が入っていて、皮を透かしてほんのりと光る。

趣旨に賛同してくれた八幡浜市の中平青果から無償提供してもらったみかんで飾りを作り始めてからおよそ2ヶ月。夜な夜なメンバーの家に集まっては地道な作業を繰り返してきた。

みかんにカッターなどで切れ目を入れ、きれいにむいて食べる。→切れ目を瞬間接着剤で貼り合わせる。→手芸用乾燥剤「シリカゲル」に埋めて乾燥させる。→葉っぱの代わりの粘着テープでふたをして出来上がり。

文字にするといたって簡単なようだけどとんでもない。何が大変かって、みかんを食べるのが一番大変だった。いくら美味しいみかんでも、どんなにみかん好きでも、一日に30個、50個はやっぱり辛いよ・・・(笑)。

しかし、ときに商店街の買い物客にも、ときに学生食堂の学生たちにも協力してもらい(みかんを食べてもらい)、ようやく完成した500個の飾り。これが暗闇の中で点滅する様は何とも言えない美しさ。既製品では得られないね、この感動は。

百聞は一見にしかず。1月12日まで、日没から午後9時まで点灯。愛媛県庁のHPで動画も見られる


zehicolle at 22:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔