税金対策Com > 税金対策の情報  >> 税金対策の基礎(サラリーマン・一般)

税金対策の基礎(サラリーマン・一般)

税金対策をしていくうえで、必要不可欠なことは、まず税金の基礎的なことを知っておくことです。

税金・税法というと慣れないのでちょっととっつきにくいし、なんとなく面倒な感もありますね。(汗)

わたしの生活の何に税金がかかるのか?
その税金の計算方法とは?

といった基本的なことを押さえておくことで、どんな税金対策や節税が可能なのかが見えてきます。


税金対策の基礎としては、まず、何を対象とした税金なのかを意味をしり、その計算のしかたを理解することです。
すると、どんな点に着目すれば良いかが見えてきます。



税金対策の基礎、所得税の場合

サラリーマン(正社員)や、パート・アルバイト、人材派遣といったかたの給与(収入)について掛かる税金は、所得税といいます。

税金対策をこの所得税についてみてみます。

所得税の計算方法は、おおまかにあらわすと、

(収入金額-各種控除金額)×税率=所得税税額

となっています。



■税金対策をするには?

ー入というのは、この場合、会社や勤務先から給与として
 支払われる金額です。この収入となる金額については、
 ごまかすことは出来ないですし、もし何らかの操作を行う
 ということはまず難しいことです。

 収入(給与)部分については、税金対策という観点からは
 特別着目する必要はないです。

各種控除金額というのは、計算式にあるとおり、所得税を
 計算するに当たって、差し引くことができる金額です。
 この各種控除金額が多ければ多いほど、納めるべき所得税
 という税金を減らすことができまうす。

 この各種控除というのは、税金の種類によってことなり、
 所得税に関していいます。

 代表的なものでは、給与所得控除、基礎控除、配偶者控除、
 扶養控除、医療費控除といった様々なものがあります。


税金対策、節税はこの控除という部分に着目するのが基本です。税金対策の専門家や、税理士といったプロでないとわからない、知られていないことがあります。

控除(収入から差し引ける)できる項目が多くありますので、まずはどんな控除があるのかについての知識、情報を得るようにしましょう。



■税金対策ポイント

税金対策、節税といった合法的に税金を少なくしたいときは、

◇どの収入に、どの税金がかかるのかを知る
◇その税金はどんな風に計算するのかを知る
◇その税金については、どのような控除
 (課税される収入から差し引ける項目)が
 あるのかを知る


これらを行っていけば、あなたは必要以上に税金を払って損するようなことなく、あくまでも合法的に、税金対策、節税をできることになります。


サラリーマンが金持ちになるにはどうすればいいか? - livedoor Blog 共通テーマ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔