国内のサッカー人気が完全に下火にも関わらず、
未だに最新鋭のサッカースタジアム建設を目論む奴らがいる。
鳥取県ではバードスタジアムという立派な専用スタジアムを持ちながら
さらに県西部の米子にもJ規格のスタジアムを建設する動きがあるらしい。
>山陰両県にJリーグ基準(収容数J2一万人以上、J1一万五千人以上など)を
>満たす競技場は鳥取市営バードスタジアムしかないことを説明した上で、
>同中央会地域スクラム委員会の土岐哲己委員長が交通アクセス、
>中海圏の人口集積の面からも米子市にJ対応のスタジアムをつくるべきだと主張

”J基準”米子にも 競技場建設、知事に提言(山陰中央新報)

キチガイかマジで(;^ω^)
現在、山陰地方にJリーグクラブは存在していない。
僅かにJFL中位にガイナーレ鳥取が沈んでいるだけだ。
にも関わらず、県内に2つ目のJ規格スタジアムを欲しがるとは
どれだけヘディング脳の奴らは厚かましいのか。

さらにこのガイナーレ鳥取は県から過半数を超える出資を受けており、
チーム遠征費用の半分が県教委、つまり税金で賄われている。
>サッカーチームに対する自治体の出資は、Jリーグ参入を近年果たした
>徳島ヴォルティス、愛媛FCなどの例があるという。ガイナーレ支援ではこのほか、
>県教委がチームの遠征費の2分の1に相当する678万円を本年度予算化している。

ガイナーレ鳥取に県が出資 1000万円(日本海新聞)

この上にスタジアムを建てるとなれば、鳥取県は糞Jリーグのために
どれだけの税金を負担しなければならないのか。
当然この様なクラブがJに昇格しても、まともに運営出来るはずがない。
せいぜい分担金泥棒と化して、リーグの足を引っぱることだろう。
Jリーグの1県1クラブ構想など、所詮は絵に描いた餅なのだ。

近年サッカーのみならず、プロスポーツ開催可能のスタジアムは
100%税金で建設することが困難になっている。
野球場では97年完成の大阪ドームは民間との折半出資。
大阪ドームの赤字は税金の無駄使いに思われているが
サッカースタジアムに比べたら随分とマシなのである。

間もなく着工が始まる広島カープの新球場も、地元財界や市民から寄付を集め、
将来のスタジアム収入なども担保に、税負担は建設費の半分ほどで済むという。
>広島市がJR東広島駅貨物ヤード跡地(南区)に着工する新球場について、
>秋葉忠利市長と広島県の藤田雄山知事、地元経済四団体を代表して
>広島商工会議所の宇田誠会頭は四日、市内で共同記者会見し、
>建設事業費のうち四十六億円を負担し合うことで合意に達したと発表した。

広島市・県・経済界、46億円負担(中国新聞)

また05年完成のフルキャストスタジアム宮城は100%を楽天が負担。
97年完成のナゴヤドームは地元財界の負担する純民間方式。
94年完成の福岡ドームも、99年にドーム化した西武球場も100%民間負担。
阪神甲子園球場も今オフから全面改修を自己負担で行う。

サッカースタジアムを建設する場合、どうしてこのような
民間の活力を利用する声が上がって来ないのだろう。
陸上スタジアムはピッチから遠い、専スタ寄越せと文句だけは一人前なのに。

W杯の為に造られた札幌ドームは、サッカー仕様の為に野球開催時は
グラウンドから観客席が遠くなるが、野球ファンは文句を言わない。
しかしアホーターは文句を言うばかりでなく、無駄スタを造った責任を
サッカーW杯ではなく、陸上関係者や国体に当て付けたりするDQNである。

そのくせスタジアムの維持費すら稼ぐことが出来ない。
W杯で造られた10会場のうち、黒字化に成功したのは
プロ野球開催が収入の大半を占める札幌ドームのみだ。
2週に1度しか試合開催の出来ないサッカーに、専用の箱など必要がない。
既存のJリーグスタジアムも、とっとと爆破解体した方が世の中の為であろう。