コンサルティング

2008年04月21日

大変、久しぶりの更新になってしまいました。

確定申告も終わり、GWがまじかになってきました。

独立して以来、税務業務とコンサルティング業務を行ってきましたが、このブログでは今まで意識的に税務に関する記事を掲載してきました。これからは、「コンサルティング」という視点からも記事を書いていきます。

コンサルティング業務といっても、とても幅の広い仕事です。私が独立して主に携わってきたのは、そのうち「企業再生コンサルタント」という分野です。今でこそ「再生」という言葉は頻繁に用いられるようになりましたが、バブル絶頂期では、再生って何??という感じだったのではないでしょうか。

地方再生・地域再生・教育再生・銀行再生・農業再生・医療再生などなど・・・多くの言葉に、「再生」の文字が修飾されます。その中で、企業再生という活動とは、どういう仕事なのでしょうか。

一昔前では、産業再生機構という国主導の企業再生機関がありました。国税局からも出向で何人かの同僚が、同機構で業務を行っていました。主に社会的影響力の強い会社(カネボウ・ダイエーなど)の再生を主導し、昨年、目的を終え解散しました。

現在では、地方版再生機構が都道府県に設置され、その業務を地方に拡大しようとしています。しかし、現状ではなかなか上手く機能していないようです。私も地元にある機構に伺ったことがありますが、人手不足・再生ノウハウ・人材の育成など多くの問題を抱えながら業務を行っています。

また、民間でも再生コンサルティングを行う会社は、現在多くあります。監査法人系コンサルティング会社、独立系コンサルティング会社、不動産系コンサルティグ会社などなど多種多様なコンサルティング会社が存在しています。それぞれ、得意・不得意分野があり、特徴があります。

そのほか、ファンドの存在も見逃すことはできません。企業再生には追加的資金がつきものです。金融機関ばかりではなく、ファンドの資金を活用して再生を行うという手段もあります。

数年前、NHK番組「ハゲタカ」というドラマがありました。外資ファンドがバブル崩壊の日本企業を安く叩いて買い上げ、再生させ(上場等)莫大な儲けをもっていく様を描いたものでした。昔の話という方もいるかもしれませんが、まだまだ、ファンドの力は健在です。多くの外資・内資が優良な投資先を探しています。これからは地方が、その主戦場になるのでしょうか。

企業再生という現場の声も時折、ここで紹介させていただければと思っています。

zeirishi_takagi at 15:06│Comments(1)TrackBack(0)clip!コンサルティング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 処女   2011年06月30日 16:29
処女の為の専用出会い系サイトです。やっぱり出会うなら処女の方がいいよね♪処女が集まるこのサイトで優しく処女を奪ってあげよう☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔