July 22, 2009

eclipse cloud

sun_090722



Canon EOS 5D mark II / EF24-105mm F4



アポロ計画で月の裏側の映像を見たとき

「もう裏側まで見てしまったから君に興味はない。」

と思ったのは嘘ではないけれど




こんな美しい技を見せられると・・・・


また君のことが好きになってしまう。







zeiss_carl at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Camera 

May 23, 2009

Windy-green

green_09




OLUMPUS E-620 / ZUIKO DIGITAL 35mm Macro



いつのまにか季節は巡り、緑の風の季節になった。



さて、どちらへ行かう風がふく        山頭火

































zeiss_carl at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)season | photo

October 13, 2008

「一瞬のRED」のこと

red_leaf08


SIGMA DP-1



桜並木が紅葉している。
木々の葉々よりも赤く鮮やかな落葉が路を染める。

朝露が蒸発し、乾燥すれば、
あっという間に茶色に朽ちてしまうのに。


今、一瞬の「燃えるようなRED」が目を撃つ。





zeiss_carl at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)season 

August 28, 2008

「友がつくる『いろつちの世界』」のこと

wakui_01



高校の同級生で陶芸作家の和久井が個展をやる。
焼くことによって色が現れる「いろつち」を使った作品だ。


和久井修作陶展「いろつちの世界」

・山形大沼7Fギャラリー
・9月17日(水)〜23日(火)


窯から出してはじめてその色が完成する「いろつち」で
グラデーションをつくるということは至難の業だ。
蓄積した膨大なテストピースと経験と勘が頼りだ。


wakui_02



また、「飯豊竜胆(いいでりんどう)」がモチーフになった
大きな陶筥は、その花をスケッチするために山に入るところから
作品づくりが始まる。
膨大な時間と手をかけて、このおおきな陶筥は生みだされる。

D3のファインダーを覗きながら
Macro Planar のピントリングをゆっくりと回す。

それにしても、このたおやかなフォルムと、緻密な絵はなんと言うことだろう。
高校時代の「やんちゃ」だった彼からは想像がつかない。

いや、あの「やんちゃ」さの裏にある限りない優しさを
今になってようやく理解できたような気がした。

wakui_04




wakui_03





和久井修作陶展「いろつちの世界」

・山形大沼7Fギャラリー
・9月17日(水)〜23日(火)



zeiss_carl at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モノ 

February 26, 2008

「Hawaiiで拾ったMidnight Blue」のこと

hawaii_001



Ricoh GR Digital + Wide converter





一日中 Hawaiiの空の下撮影をした。
心地よい疲労感と陽にやけた火照り

Royal Hawaiian の Beach Bar で Mojito を飲む。

満月の夜は碧く、明るい。




zeiss_carl at 00:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)my work | Camera

November 28, 2007

「今朝拾ったBlue」のこと

sky_0711



PENTAX K10D / SMC PENTAX DA 1:2.8/40mm Effected by Adobe Photoshop LIGHTROOM



K10Dと夜明け前の道を歩く。


紅葉の季節は去り、雪が降り、雪が溶け、

野は色彩を失って、静謐な時が流れ、

落ち葉を踏む音だけが大きく聴こえる。

小高い丘へ昇ると、いつとなく明るくなる世界。

東の山並みから空に向かうレンブラント光線。

雲と光束が描き出す恐ろしいまでの立体感。

呼吸する間にも、刻々とその姿を変貌させていく。

コトッというK10Dのシャッター音が瞬間を刻んだ。







たたずめば風わたる空のとほくとほく   山頭火















zeiss_carl at 17:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Camera | season

November 13, 2007

「今朝拾った赤」のこと

momiji_01



PENTAX K10D / SMC PENTAX DA 1:2.8/40mm


雨上がりの朝
PENTAX K10D をぶら下げて散歩。
緑濃かった小道も色彩を失い、枯れた魅力に満ちあふれている。
ゆうべ NHK BSハイビジョンで“せっかはん”を知っといやすか?
−京都・デザインの文明開化−
をやっていた。
今、野はまさに神坂雪佳の世界のようだ。

楓紅葉図のような、鮮やかな紅葉を見つけた。



枯れて濡れて草のうつくしさ、朝     山頭火












zeiss_carl at 13:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)photo | season

November 08, 2007

「相変わらず」のこと

green_0711-2




PENTAX K10D / SMC PENTAX DA 1:2.8/40mm



あれれ、気がついてみたら3ヶ月ぶりだ。
とはいえ、相変わらずカメラを回している。

でも、この画像は1ヶ月前に回したときのものだ。
けさ、回してみたらあまりにも寂しい色なので
10月のFlickerをアップ。

秋色の野は回すよりもフィックスが美しいから…
当分回すのは止めにしようか…な。





枯れゆく草のうつくしさにすわる     山頭火









zeiss_carl at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Camera 

August 09, 2007

「What is this?」のこと

green_flicker_2




Ricoh GR Digital + Wide




今朝もGR Digitalと森の中へ。
最近ある人から面白いサイトを紹介された。

flickrという写真投稿サイトの中の
「cameratoss」というカテゴリーだ。

僕がGR Digitalでスナップシュートしてるのを
知ってか知らずかそのサイトを見て驚いた。

「カメラを回転させながら撮る」を超越して
「カメラを放り投げて撮る」のである。

一見CGのようなその絵
世界は広いようで狭いのである。

cameratoss

流石に僕はGR Digitalを放り投げることは出来ないので(笑)
かなり強引に思いっきり振ってみた。

ううん、なかなかである。



放り投げる日もそう遠くない・・・・・かな


そのうち「cameratoss」のサイトにに
zeissの写真が投稿されていても、笑わないでくださいな










zeiss_carl at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)photo | photo

June 04, 2007

「今朝もGR Digitalと飛ぶ」のこと

green_0706_2



RICOH GR Digital+Wide

今朝もGR Digitalと出かけた。
マーガレットの花の上を超低空飛行。

複眼の昆虫にはこんな風に見えるはずもないのだけれど
なんとなく昆虫になった気分である。


片雲の風にさそはれた心は
鎮めることなど出来るはずもなく
いよいよ夏のヨーロッパへ




これから旅も春風のゆけるところまで   「山頭火」











zeiss_carl at 18:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Camera | season