前回、Optimus Pad L-06C をUSBで充電できるか検証しましたが、Optimus PadのUSBポート経由では「充電は可能だが非常に遅い」という結論になりました。

今回、ケータイやスマフォの周辺機器を扱っているpocketgamesさんから、Optimus Pad用のUSB→DC変換のチャージケーブルが発売されたため早速取り寄せて確認してみました。

P1080928aP1080937a
ケーブル長は50センチと短めです

P1080941a
接続してみたところ、USB接続時には表示されなかった「充電を示すアイコン(バッテリーに電気のマーク)」がきちんと表示されるのを確認しました。


さてこのチャージケーブルを使って、前回と同じくPCのUSBポートから供給する方法と、USB出力のACアダプタ(2A)から供給する方法で、どれだけ充電できるか検証します。

結果は。。。

【30分間の充電率】
・標準ACアダプタ(5.2V 2A) 10%
・PCのUSBポート(5V 0.5A?) 7% ※前回のUSB経由では3%
・USB出力のACアダプタ(5V 2A) 10% ※前回のUSB経由では3%

充電できました〜

P1080946b
「Battery MIX」というアプリでバッテリー残量の推移を表したグラフ
グラフの赤い部分がAC接続(充電中)を表します


やはり、Optimus PadのUSB端子には充電ができない(できるけど遅い)ように何らかの細工がしてあるんでしょうね。

検証に使ったPC(自作機)のUSBポートのアンペア数が不明ですが(1Aかな?)、おそらく一般的なメーカー製PCと同等と考えますので、このケーブルがあれば外出先での不意の充電も安心ですね。

ZENは普段Viliv S5を持ち歩いているため、今度時間があったらS5のUSBからでどれだけ充電できるか試してみたいです(^^


2011年7月11日更新
Viliv S5で充電できるか試してみました。

P1090051b

結論から言うと充電できたのですが、挙動がおかしいです。

S5のバッテリーは100%を示していましたが、Optimus Padと接続するとすぐに40%になり、30%になったと思ったら1分後にS5が落ちてしまいました・・・

再度S5を起動させ、もう一度接続してみましたが結果は同じ。

バッテリーが少なかったかな?と思い、念のためS5を満充電にしてみました。

元々S5のバッテリーは100%近くあったので、満充電には1時間もかかりませんでした。

三度目の正直とばかりにS5とOptimus Padを接続したところ、やはりバッテリーは40%まで急降下しましたが、2分経っても落ちる気配は無く、10分、30分と落ちることなく実験は終了しました。


【30分間の充電率】
・Viliv S5のUSBポート(5V ??A) 10%

P1090058b

結果は2A出力のACアダプタと同等であると分かりました。

実験後、Viliv S5のバッテリーは80%を示していました。

単純計算で、満充電のS5でOptimus Padを50%ほど充電できるというわけですが、先に書いた謎の挙動が気になっておいそれと充電できそうにないですね・・・

まあ、実際S5で充電することは無いと思いますが(^^;