分解と言っても背面カバーを外しただけですけどね(^^;

昨日記事にした「ガラスの浮き」はビスを締め直すことで改善するという情報を得たので、試してみようと思ったのです。

念のため言っておきますが、分解は自己責任でお願いします。

P1110331aP1110336a
縦持ちした時の上辺のフレームとリアカバーの隙間に爪を立てると意外と簡単に口を開きました。

カバーにはビスも無く、配線も繋がっていないのでエイっと思い切りやっちゃっていいと思います。

P1110342aP1110346a
こんな感じです。

P1110347a
縦持ちした時の上辺には何やらスペースが・・・
もしやカメラを搭載するスペースですかね??
ASUSからも兄弟機が出るという噂ですが、そちらはリアカメラ搭載かもしれませんね。

P1110350aP1110352aP1110353a
縦持ちした時の下辺です。
外側からは確認できませんでしたがスピーカーはステレオのようですね。

P1110354a
左側辺です。
ココら辺のビスが「ガラスの浮き」の原因のようです。
 
P1110356aP1110358a
上辺です。
あちこちにリアカバーのアンテナと接続する端子が見えますね。

P1110359a
右側辺です。

P1110361aP1110362a
リアカバーです。

P1110363aP1110364a
リアカバー続きです。

カバーを戻すときは、普通のAndroid端末同様にパキパキと押し込んでいけば大丈夫です。


さて、本来の目的である「ガラスの浮き」を直す方法ですが、下の写真の赤丸部分を一旦全部ゆるめます。

P1110339a

 そして指でフレームを調整しながら番号の順に締め直したところ、フレームの歪みは無くなりました。

P1110324a P1110384a
左が補正前で、右が補正後です。

ちょっと写真だと分かり難いかもしれませんが、完璧とまではいかないですが気にならない程度になりました。

ポコポコという音もしなくなりましたし、やって良かったです。

気になる方は是非お試しください(^^

あくまでも自己責任で・・・


2012年7月22日更新
ガラスの浮きが直ったと喜んだのもつかの間、また再発しました・・・

時間があったらもう一度バラしてみたいと思います。


2012年7月23日更新
ガラスの浮きが再発したので再度バラしました。

ネジを締め直しながらふと気がついたことがありました。

P1110532a
ちょうどガラスの浮きが発生する箇所の裏側に、ディスプレイかタッチパネルのフラットケーブルがありますが、ここにスポンジが貼ってあります。

フラットケーブルは基盤の上から下にぐるっと回りこんでいるため若干たわんでおり、上から押し込むと結構な弾力があってペコペコ音がします。

もしかするとカバーを被せたときにスポンジ部が上から押し込まれ、フラットケーブル越しに反対側にあるガラスが押されているのかなと推測しました。

その証拠に、浮いたガラスを押し込むとポコポコと音がするので、この音がフラットケーブルの音ではないかなと。

P1110535a
というわけで試しにスポンジを取り除いてみました。

これでフラットケーブルに余裕が出来ました(たぶん)。

しばらくこれで様子を見てみます。