スマホをHTC J butterfly (HTL21) に変更しました。

約一年使ったドコモのOptimus LTE (L-01D)からauへMNPです。

本当は昨日の日曜日に取りに行くはずでしたが用事があって行けず、 結局今日の仕事帰りに購入してきました。

ですのでまだほとんど弄っていません。

とりあえず簡単なレビュー(開封編)を。 

 
P1120281a
箱です。
非常に小さいです、というか薄いです。

P1120283a
横の取っ手を引っ張ると出てきました。
箱はHTC J butterflyより若干大きい程度ですね。

P1120290aP1120294a
箱は2段構造になっていて、下には説明書とSIMカードを取り出すためのイジェクトピンが入っています。
付属品はこれだけです(USBケーブルやACアダプタは無し)。

P1120300a
本体お目見えです。
表面張力で盛り上がったようなガラスが美しいですね。
ゴリラガラスなのでZENは保護フィルム無しでいきます。

P1120306a
裏面はシンプルです。
ブラックだけ裏面はラバーコーティングです。
ラバーコーティング好きのZENとしては裸で使いたいですね(本体のことですよ、念のため)。

P1120321a
本体上部です。
マイクとイヤフォンジャック、スリープ/電源ボタン、キャップの中にSIMカードとmicroSDカードが入ります。
SIMカードは先ほどのイジェクトピンを横の穴に差し込むと出てくるタイプです。
microSDカードは一度押しこむと挿入され、もう一度押しこむと飛び出てくるタイプです。
ちなみにmicroSDカードは付属していませんでした。

P1120327a
右側面です。
ブラックカラーの特徴である赤いサイドラインがカッコイイですね〜(^^
スリープ/電源ボタンもそうでしたが、ボリュームボタンもスピンドル加工がされています。
材質は判りませんでしたがアルミかな?
サイドラインはメッシュ状になっていますがスピーカーでは無いです。

ちなみに左側面にはボタン類はありません。

P1120330a
本体下部です。
マイクと、キャップの下にmicroUSBがあります。
キャップの可動範囲はあまり自由がありません。
早く充電台発売してくれないかな〜

P1120323a
裏面カメラ部です。
レンズの左には赤外線ポート、その左にはLEDランプがあります(極小の穴が無数に空いてます)。
レンズの右には撮影時の補助ライトがあります。

 P1120332a
裏面下部です。
中央部にFelicaマークがあります。
NFC(近距離無線通信)のアンテナはどこにあるのか判りませんでした。
Googleの文字の下に充電端子(3ピン)があります。
今後発売されると思われる充電台と接続されます。
その下にはスピーカーがあります(おそらくモノラル)。

P1120308a
Optimus LTEと大きさを比べてみました。
HTC J butterflyが、71×143×9.2mm
Optimus LTEが、68×133×10.7mmとなっています。
縦は明らかにHTC J butterflyの方が大きいですね。

P1120311a
厚みはHTC J butterflyの方が薄いです。
重さは両方とも約140gと同じですが、サイズが大きいせいかHTC J butterflyの方が軽く感じます。

P1120319a
どちらも裏面はラバーコーティングです。
ただし、Optimus LTEの方はツルツルしていて「ラバー」といった感じですが、
HTC J butterflyの方はサラサラしていて高級感があります。

一つ気になることがあります。
裏面の両サイドに傾斜が付いていて握りやすいのですが、それでも結構エッジが立っています。
しばらく握っているとこのエッジが気になってきます。
まあそのうち慣れると思いますが。

ひとまず今日はこの辺で。


2012年12月11日更新

P1120359a
受話スピーカー横の通知LEDです。
かなり小さいので通知が来ていても見逃しちゃいます。

P1120361a
同時に裏面のLEDも光ります。

P1120362a
LEDの真上から見ると明るいのですが、ちょっと斜めから見るとこの様に暗くなります。

充電時のLEDは赤固定ですが、着信やメールの通知は色が変更可能です(青、青緑、緑、ピンク、紫、オレンジ、赤、黄)。