家モバイラーの戯言

PC、スマートフォン、ケータイなどの戯言です

ケータイ

au 2012年春モデル発表

今日auの新機種発表があったようです(全く知りませんでした(^^;)。

WiMAX搭載GALAXY S II、新型Xperia、テンキー付きINFOBAR――KDDIがau春モデルを発表(IT-media)

ここ数年は、10月頃にその年の冬モデルと、来年の春モデルを一緒に発表する風習になっていたようですが、最近その風習も変わってきたんですね。

さて注目の新機種は、やっぱりと言うか全てスマートフォン!

Android2.3端末5機種です (その内1つはiidaブランド)。

機種の詳細な情報はリンク先を確認してください。


GALAXY S II WiMAX ISW11SC
WiMAX対応のGALAXY S IIがauに登場 「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」 (IT-media) 
WiMAX搭載、NFC対応の「GALAXY S II WiMAX」(Impress)

Optimus X IS11LG
コンパクトなデュアルコアCPUモデル――「optimus X IS11LG」 (IT-media) 
1.2GHzデュアルコアCPU、GeForce搭載「Optimus X」 (Impress) 

Xperia acro HD IS12S
防水仕様のデュアルコアCPU端末、高速起動の12メガカメラ搭載――「Xperia acro HD IS12S」 (IT-media) 
ワンセグ・赤外線通信・防水対応、「Xperia acro HD」 (Impress) 

MOTOROLA RAZR IS12M
“RAZR”がAndroidになって復活――厚さ7.1ミリの「MOTOROLA RAZR IS12M」 (IT-media) 
薄さ7.1mm、KEVLARファイバー採用の「MOTOROLA RAZR」 (Impress) 

INFOBAR C01
スマホ版「INFOBAR」がテンキー搭載 「INFOBAR C01」登場 (IT-media) 
スリムなバータイプになった「INFOBAR C01」 (Impress) 


ZENが個人的に気になる端末はやっぱり「GALAXY S II WiMAX」ですね!

os_gsii_wimax01

ドコモのGALAXY S II LTEはディスプレイのサイズがWVGA(800×480)だったので購入対象から外れてしまいましたが(代わりにHD液晶のOptimus LTEを購入)、auのGALAXY S II WiMAXはちゃんと最近のトレンドを汲み取っていてHD(1280×720)サイズのSuperAMOLEDを採用しています。

ただ、末尾に「Plus」が付いていないことから、RGB方式ではなくペンタイル方式の有機ELであると予想されます。

4.3インチでHDサイズのSuperAMOLEDと言えばGALAXY Nexusが思い浮かびますが、おそらく同じディスプレイを採用しているんでしょうね。

ということで、GALAXY S II WiMAXは、GALAXY S II LTEとGALAXY Nexusのいいとこ取りしたような端末と言えます。

これは素直に欲しい! 


次に気になるのは「INFOBAR C01」です。

infobar_r_s

前回のINFOBAR A01はAndroidを採用したことでディスプレイが大型化し、さらにテンキーを除外したことで「ずんぐりむっくり」になってしまいましたが、今回のINFOBAR C01はディスプレイを小さくし、物理型のテンキーを採用したことで特徴的だった”バータイプ”の形状となり、「INFOBAR」と名乗るのに相応しい姿となって帰ってきました。

ちなみに横幅はA01が63mmで、C01は52mmですので1センチ以上も細くなっています。

このサイズでバッテリー容量は1020mAhとA01と同じ容量を実現していますが、やはり心細いですね。

それでもディスプレイが小型化したことで連続待受時間は1.5倍に伸びたそうです。

バッテリーについてはデザイン優先でこれ以上大きいものは搭載できなかったんでしょうね。

その他にも、ワンセグのアンテナが外付けだったり、3.5mmイヤフォンジャックも外付けだったりと、これもデザイン優先のため犠牲になったと思われますが、せめてカバー内に隠すとかの処理が出来なかったんでしょうかね・・・

さすがに自称スペオタのZENがこれを買うつもりはありませんが、au使いのカミさんにでも買わせようかと企んでいます(^^;


最後に、あの人気を博した「MOTOROLA RAZR」がAndroidになって帰ってきましたが、残念ながら先日のCESで発表された「MOTOROLA RAZR MAXX」では無かったですね〜

【実機写真】想像より薄軽かった巨大バッテリー搭載スマホ『DROID RAZR MAXX』に密着:CES2012(ASCII.jp)

MAXXだったら間違いなくau春モデルの中で一番でしたね!

ドコモ 2011冬2012春モデル発表

本日、ドコモの2011年冬、2012年春モデルの新機種発表がありました。

ドコモ報道発表資料
Xi対応スマホが登場、デュアルコアCPUやHD液晶搭載機も――ドコモ、2011年度冬春モデル25機種を発表(IT-media)
ドコモ、2011年冬〜2012年春モデルを発表(Impress)

今回注目すべきはXi(ドコモ版LTE)対応の音声端末が4機種ラインナップされたことでしょうね。

この4機種は今月始めに開催されたCEATEC2011でも展示されていたモデルですので特に驚きはありませんが・・・

中でも個人的に気になるモデルは、GALAXY SII LTE!・・・と言いたいところですが、何気にLGのOptimus LTEが気になっています(^^;

確かにGALAXY S II LTEも良いんですけど、ディスプレイが4.5インチに大きくなった割に解像度は800x480と据え置きなのは残念です。

まあ、これで他と同じく1280x720とか搭載してきたら、買い替えたくなっちゃうから困りますけどね(^^;

それに、Optimus LTEの方はグローバルモデルにも関わらずワンセグとおサイフケータイにも対応しているところがスゴイですね!

LTE搭載端末以外でも魅力的な端末が目白押しですが、非接触充電のQi(チー)に対応したモデルも徐々に増えてきている点は嬉しいですね。

初代AndroidタブレットのGALAXY Tabも、機能がパワーアップして「GALAXY Tab 7.0 Plus」となりましたが、こちらも解像度が据え置きなのが残念です・・・1280x800とかだったら飛びついていました。


さて、サービスの点では新たにXi対応音声端末向けのプランが発表されました。

プランは2年縛りの「タイプXiにねん」が月額780円、縛り無しの「タイプXi」が月額1,560円、共に無料通話分は入っていないようです。

さらにXiプラン専用のドコモユーザー間の国内通話が24時間無料になる「Xiカケホーダイ」も月額700円で提供されるようです。

Xiプランのパケット定額は、月額5,985円の「Xiパケ・ホーダイ フラット」と、月額2,100〜6,510円の2段階制の「Xiパケ・ホーダイ ダブル」が提供されるようです。

ただし来年4月末までのキャンペーン期間中は、前者が4,410円、後者が上限4,935円に割り引かれるそうです。

また、両パケット定額ともに月間で7GB以上通信を行うと通信速度が128kbpsに制限されるそうです(追加料金2,625円を払うと2GBまで制限解除)。

ただしこれは2012年10月1日から実施されるため、それまでは実質通信制限が無いというわけですね。


それと、テザリングのパケット料金も月額10,395円から8,190円に値下げされます(今年の11月1日より)。

確かに現行の料金は高過ぎですが、改定後の料金も微妙に高いですよね・・・

早くパケット定額料金内で使えるようにしてもらいたいものです。


端末の方はちょっと内容が多すぎてZENも理解しきれていない部分がありますが(^^;

追加情報があったら追記しておきます。


2011年10月18日追記
早速追加情報ですが、なんと明日10月19日に香港で発表されるサムスン製スマートフォンを、11月にもドコモから発売されるとのことです!

明日発表されるサムスン製端末と言えば、次期Android OSを搭載したNexus Prime改め「Galaxy Nexus(仮名)」にほぼ間違い無いでしょう!!

もしくは、同時に発表されると思われるGalaxy Nexusと同等の機能を持ったグローバルモデル(GALAXYシリーズ)のことかもしれません。

ともかく、密かにGalaxy Nexusを楽しみにしていたZENにとってこれは朗報です!

ちなみに未確定情報ですが、Galaxy Nexusのスペックは以下の通りです。

OS : もちろんAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)
CPU : TI OMAP 4460 プロセッサ (1.2GHz デュアルコア)
RAM : 1GB
ディスプレイ : 4.65インチ 1280 x 720 スーパー有機EL HD ディスプレイ(曲面ガラスパネル)
ストレージ : 32GB
カメラ : 5MPカメラ(リア)、1.3MPカメラ(フロント)
通信 : LTE / HSPA 対応、無線LAN(802.11a/b/g/n)
その他 : NFC対応
バッテリー : 1750mAh

明日の発表が楽しみです!

auの2011年秋冬モデルがリーク

明日9月26日に予定されているKDDIの2011年秋冬モデルの画像がリークしているようです。

しかもリーク元は公式サイトらしいです・・・

おそらく画像だけ先に用意していたんでしょうか?

画像は既に消えてしまっていますが、GIGAZINEさんのところで確認できます。

http://gigazine.net/news/20110925_kddi_2011_winter_leak/(GIGAZINE)


ラインナップは以下の6機種。
すべてAndroid搭載のスマートフォンです。

・富士通のWiMAX対応スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」
・モトローラのWiMAX対応スマートフォン「MOTOROLA PHOTON ISW11M」
・京セラのWiMAX対応スマートフォン「DIGNO ISW11K」
・HTCのWiMAX対応3Dスマートフォン「htc EVO 3D ISW12HT」
・NECのスマートフォン「MEDIAS BR IS11N」
・シャープのスマートフォン「AQUOS PHONE IS13SH」

驚きなのはWiMAX対応のスマートフォンが一挙に4機種もラインナップされていることです!

個人的に興味があるのはモトローラですかね〜
海外では既にPHOTONの名で同機種が発表されていますが、Tegra2(デュアルコア)でqHDディスプレイ搭載だそうです!
さすがに重量もヘビー級(158g)ですが・・・

KDDIの本気度が伝わってきますね〜
iPhone5も出すらしいので、2012年はKDDIの年になりそうです(^^

詳細なスペックは明日の発表会で判ると思いますので、その時また更新したいとおもいます(やる気があったら・・・)

ドコモ2011夏モデル発表

本日ドコモから2011年夏モデルが発表されました。

待ちに待ったGALAXY S IIはもちろん、まさかのWindows7ケータイや、無接点充電対応モデル、Xi(LTE)対応モバイルルーターなど個性的な端末がラインナップされました。
サービス面でもテザリングやFOMAハイスピード14Mbps、スマートフォン向けiモードコンテンツの拡充など発表されました。

端末やサービスについての詳しい内容は以下を参照願います。

Android 2.3、テザリング、Xiルーター、Windows 7ケータイ――ドコモ、2011年夏モデル24機種を発表(IT-media)

ドコモ、2011年夏商戦向け24モデル発表(Impress)


冒頭で既に挙げてしまいましたが、今回の2011夏モデルでZENが個人的に気になる端末を。

GALAXY S II SC-02C


l_st_sc02c-01

もうこれしかないですね!

グローバルモデルとの違いは
・ワンセグが付いて若干厚みが出て(8.5→8.9mm)重くなった(116→120g)
・NFCが無くなった
・前面に「docomo」のロゴ
・背面のカバーが光沢のある塗装になった
・Swypeが日本語対応した
といったところでしょうか。

NFCの非採用は残念ですが、まあ普及まで時間がかかるでしょうから今回は我慢します。
それよりSC-02Bでは削除されたフロントカメラがSC-02Cでは残されています、これは地味に嬉しいです!
ところでFMラジオは今回も削除されてしまったのでしょうかね?

また、早くも純正オプションとして「卓上ホルダ」と「バッテリー内蔵ジャケット」、「HDMI出力ケーブル」が披露されたようです。
SC-02CではmicroUSBが本体下部に移動したため卓上ホルダも無理の無い構造になってよかったです。

発売は6月下旬、予約受付は6月10日からだそうです。
ZENも予約します!


AQUOS PHONE f SH-13C
端末としてはそれほど魅力を感じないのですが、やはりワイヤレス充電「Qi」(チー)を採用している点が非常におもしろいです。
過去にも後付けカバーなどで非接触充電を実現するアクセサリ等はありましたが、カバー等無しで非接触充電に対応した端末はSH-13Cが世界初だそうです。
しかもこの「Qi」という規格のものであれば互換性があるらしく、既にサンヨーやパナソニックから発売されている充電パッドでも充電できるそうです。
ドコモは今後2〜3年で全機種にこの非接触充電を採用するそうですので楽しみですね!
GALAXY S2にもオプションで対応してくれないかな〜


LOOX F-07C

prf07c03
やはりこれを紹介しないわけにいかないですね〜
フルのWindows 7(Home Premium)を採用し、ボタン一つでiモードプラットフォームに切り替えられるWindows7ケータイです。
まさかケータイ向けのWindows Phone 7 を飛ばしてPC向けのWindows 7を採用してくるとは思いませんでした・・・

ただし、通話機能やiモードメールなどの各種iモードサービス、カメラ、Bluetooth、赤外線通信、おサイフケータイ等はiモードプラットフォームだけで動作するようです。
逆にWiFi、USB・HDMIクレードルなどはWindows7でなければ利用できないようです。
Windows7を起動している状態でも常にバックグラウンドでiモードプラットフォームは起動しているそうですので通話やiモードメールも心配いりません。

普通のケータイとそれほど変わらない大きさでWindows7が起動し、しかもiモードケータイにもなり、スライド式のフルキーボードとトラックボールを備え、4インチのタッチパネルで解像度は1024x600ドット。
かなり惹かれる端末であることは間違いないのですが、RAMが1GBとWindows7にとっては少ないことと、Windows7でBluetoothが使えないこと、そして周波数を600MHzに落としておきながら連続稼動時間2時間(Windows7)というスタミナの無さで魅力が相殺されてしまっています。

特にケータイにとってバッテリーの持ちは重要なので、2時間でバッテリーが切れてしまうようではWindowsを起動することを躊躇してしまい、結局普通のケータイを持っていることと変わらなくなってしまいます。
是非ともラージバッテリーなどのオプションを充実してほしいものですね(せめて連続稼働8時間は欲しい)。

オプションと言えば、今日の発表会でUSB・HDMIクレードルも披露されました。
HDMIが1つ、USBが4つ、しかも冷却ファンまで備えて、クレードルというかドッキングステーションに近いですね。
Windows7でBluetoothが使えたらこんなにUSBポートを付ける必要無かったと思うんですけど・・・


明日はauの夏モデルが発表されますが、こちらも楽しみですね!

au 2010秋冬、2011春モデル

auの2010年秋冬モデル、及び2011年春モデルが一斉に発表されました。

au、冬〜春登場の新モデル発表(Impress)

スマートフォンが4機種(IS03含む)、ガラケーが14+2機種(iida)、さらに電子書籍端末1機種、モバイルルーター1機種、メーカーブランド機種が2機種(サムスンタブレット、テザリング機器)と実に多彩なラインナップです。

さて、この中でZENが気になる端末は。

東芝 REGZA Phone IS04
IS04_bk
やっぱりこれでしょう!
Androidスマートフォンでありながら、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といったガラケー機能を搭載し、なおかつ防水というから驚きです。
デザインもどことなくXperiaに似ていますが、「REGZA」の名に恥じぬミニマルなデザインとなっています(ただし背面のデザインにはガッカリ)。

正面のキーは、Androidではおなじみの4キータイプではなく、"検索"キーを除いた3キータイプの物理キーとなっています。
個人的には3キーで十分だと思いますが、物理キーにしたのは賛否両論でしょうね。

ここからちょっとGALAXY Sの話をしちゃいますが、GALAXY Sは"ホーム"が物理キーで、"メニュー"と"戻る"はタッチキーですが、これが実によく考えられているなと関心します。
"ホーム"が物理キーなのでスリープからの復帰にも使えますし、真ん中が凹んだ形状をしているためキーの位置を把握しやすく誤操作がありません。
"ホーム"キーからちょっと左に指を滑らせれば"メニュー"、右にずらせば”戻る”と、これまた"ホーム"キーを基準に位置を把握しやすくなっています。
もしこれがタッチキー4つの構成だったら、キーを見ないで間違えずにタッチするのは難しいんじゃないかなと思います。

IS04の話に戻しますが、"ホーム"と"メニュー"は物理キーでも構いませんが、多用する”戻る”キーはタッチキーの方が良かったんじゃないかなと個人的に思います。

外部インターフェースと充電端子はmicorUSBのようです(本体下部)。
コネクタのカバーはスライド式ではなく一般的な"ぷら〜ん"とするタイプのようです(残念)。
充電端子が露出しているわけではなさそうなのでクレードルのようなものは無いんでしょうね・・・

その他気になるところは電池容量(auの待受時間や通話時間は他のキャリアと計算が異なるので分かり難い)と内部メモリ容量(RAMとROM)。
さりげなく対応している"ATOK"が他のAndroidでも利用できるようになるのか?も気になります。

発売は2011年春とのことですのでまだまだ先です。
ドコモからも似たような東芝スマフォが出るそうですが、機能面に差があるんでしょうか?
ドコモ版は背面デザインを変えてほしいな・・・


ちないに現時点で判明しているスペックです。
OS:Android 2.1
CPU:Snapdragon 1GHz
RAM:不明
ROM:不明
ディスプレイ:4インチFWVGA(854x480)TFT、マルチタッチ対応
カメラ:1219万画素CMOS、AF、LEDライト
通信:CDMA 1xEV-DO マルチキャリアRev.A(上り最大9.2Mpbs、下り最大5.5Mbps)
無線LAN:IEEE802.11b/g
Bluetooth:v2.1+EDR
連続通話時間:310分
連続待受時間:300時間
サイズ:62x126x12.2mm
重量:149g
その他ハードウェア:microUSB、microSD/SDHC(32GBまで)、ワンセグ、FeliCa、赤外線通信、6軸センサー、3.5mmイヤホンジャック、防水
サービス、ソフトウェア:Eメール(@ezweb.ne.jp)、Cメール、デコレーションメール、Googleサービス、LISMO!、ATOK、au one market、Flash Lite


記事検索
プロフィール

ZEN

  • ライブドアブログ