地酒魂が行く!

国酒 「日本酒」 こそが我が人生。 地酒魂のブログ

ご報告


皆様方に改めてご報告させていただきます。


私・岩田ですが、諸事情により、
4月30日をもちまして、


長い間お世話になりました鈴伝を卒業いたしました。


私も、あえて「卒業」という言葉を使わせていただきます。


今、自分がこの場を離れるのは大変心苦しいですし、
蔵元様、お客様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが・・・


そして長い間一緒に仕事をしてきた鈴伝の皆様方にも
申し訳ない想いなのですが、
この度、無事円満に「卒業」という形となりました。


鈴伝に入社して7年間、本当に素晴らしい方々と巡り合い、
沢山の勇気をもらいました。
辛い事も沢山ありましたが、何の実績もなかった自分が
ここまでやってこれたのは、
素晴らしい情熱を持った蔵元様、そして日本酒を愛してやまない
お客様に支えられてきたからです。
本当に感謝してもしきれないぐらいです。
心より厚く御礼申し上げます。


私には、いつか将来、「日本酒」において実現したい目標があります。


また、皆様方とお会いできる日を楽しみにしております。


本当に有難うございました!!


また、当ブログは、日本酒において何か思うところがあれば
マイペースにですが更新していくつもりです。


どうぞ宜しくお願い致します。



傾奇蕎麦処 一夢庵


さて鈴伝としての最後の更新となりますが・・・
自分にとって、「莫逆の友」である男が営むお店を
ここで一つご紹介させていただきます。


東京・吉祥寺駅前の賑やかな繁華街の少し外れに佇むモダンなビル。
様々な飲食店が店を構えるこのビルの2階に
そのお店はあります。

DSC_2149

















DSC_2150
















傾奇蕎麦処 一夢庵


DSC_2143
















店内はカウンター席と、小上がり席一つのみの
小さなお店です。
津軽三味線のBGMが、心地よく響き渡ります。


DSC_2146

















DSC_2153

















DSC_2152
















原哲夫氏の、「花の慶次」 のイラストが数多く掲げられています。

天下御免の傾奇者と呼ばれた戦国武将、前田慶次。
そんな人物の生き様がこのお店のモチーフとなっております。


「自分の料理人としての修行時代を含め、自分の生き方は
 傾(かぶ)いているのかもしれません。
 けれど、料理と酒を通じて、義を重んずる事が自分のモットーです。
 こんな時代だからこそ、忘れてはいけないものがある・・・
 はたから見れば、自分の出す料理は傾いているかもしれません。
 けれど、そんな自分の信念の下、お客様の心とお腹を一杯に満たす事、
 お客様の笑顔を作る事が自分の使命だと考えております」


店主が造られる料理は、他にはない独特な創作料理が特徴です。
けれど、ついつい笑顔がほころぶ温かい料理です。
お酒との相性も抜群です。


まだ開店して一年目のお店ですが、
このお店の魅力に取り憑かれた人達で連日賑わうようになり、
今では吉祥寺でちょっとした話題になっているお店です。


さて去る4月19日、この日はちょっとした日本酒のイベントが行われました。
「国酒会」と名を打ったそのイベントは
「たとえ名前はなくとも、たとえ小さくとも、まだまだこの国には美味いお酒が沢山ある。
 蔵元が命を懸けて全身全霊で仕込んだお酒を頭で飲むのではなく、
 体で感じでいただきたい」


実は過去にも何度か行われたイベントです。
因みに今回のラインナップはこちら

DSC_2128
















写真右より、

長野 貴礼 25BY純米吟醸 山田錦おりがらみ

福井 越前岬 23BY純米吟醸 厳選袋吊り雫酒 一夢庵国酒会選抜酒

長野 和田龍登水 25BY美山錦 一夢庵限定おりがらみ生原酒

〜飲み比べ対決〜

島根 蒼斗七星 25BY純米吟醸 佐香錦うすにごり

島根 蒼斗七星 25BY純米吟醸 神の舞うすにごり


DSC_2132
















なかでもこちらの2本は、今回の会限定で用意した特別受注品。
この飲み比べ対決も圧巻でした。


DSC_2147
















急遽追加で出された(?) 長野の「互」の隠し球と中継ぎうすにごり
越前岬の滓酒 樽底


DSC_2118
















〆で頂いた蕎麦。
こちらがまた美味で、またお酒が欲しくなる程。


この日は入れ替わり立ち代りで多くの方々がご来店されておりました。
参加された皆様、有難うございました。


最後に・・・

DSC09535














写真前列右が、この店を切り盛りする店長・高田伸之祐氏。
日本酒に対する貪欲なまでの探究心と、
日本酒に真摯に向き合う姿勢を持つ「漢」です。
まだ若いですが、自分が尊敬する人物の一人です。


傾奇蕎麦処 一夢庵

東京都武蔵野市吉祥寺南町1−9−9
吉祥寺じぞうビル2F

TEL 0422−76−1765
(ご来店される際は、念の為お電話にて一報入れる事をお勧めいたします)

詳細はこちら

http://zizoya.co.jp/content/ichimuan.html

お店のツイッターはこちら

https://twitter.com/kabukisobadokor


吉祥寺界隈に来られた際、是非一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
そこに、日本人が忘れかけていた「心」がきっと見つかると思います。




撫瓜 25BY 初陣


久しぶりの更新となります。
さて、前回に引き続き、撫瓜のピックアップとなりますが、
25BY新酒、初陣です! 

DSCF1012














撫瓜 25BY純米吟醸 中取り無濾過生原酒 仕込み1号
    新米新酒  当店限定酒
    
    1,8L  3150円
    720ml 1575円 (税込み)

撫瓜 25BY特撰吟醸 中取り無濾過生原酒 仕込み1号
    新米新酒  当店限定酒

    1,8L  2835円
    720ml 1417円 (税込み)


美しき水都、岐阜城下町で育まれた こだわりの吟醸蔵
清らかな水の味わい 
フレッシュで弾ける旨味が醍醐味の芳醇美酒



24BYで確かな手応えを掴み、今期に更なる期待が高まる
撫瓜の25BY 新酒第一弾。只今好評発売中です。


いち早く上槽された純米吟醸は、
フレッシュながらもミルキーで丸みのある味わいに満ち溢れております。
開栓初日はやや硬さがあるものの、
次第に旨味が解き放たれていきます。
秋も深まり、豊かな食材と合わせたくなるような味わいに仕上がっております。


特撰吟醸は果実の様なとろける旨味が醍醐味ですが、
前回よりも香味のバランス感覚が優れております。
旨味がしっかりしておりながらも、重たさを感じさせず、
自然と溶け込んでいく味わいに仕上がりました。
何よりも開栓後グンと伸びるその酒質が見もの。
じっくりと・・・楽しんでいただける美味さです。


今後の更なる進化が期待される岐阜の新星・撫瓜
まずはその25BY第一弾、じっくりと味わっていただきたく思います!


撫瓜 蔵元訪問


さて先日のお盆休みの日に、
撫瓜を醸す岐阜の日本泉酒造さんへ行ってまいりました。

DSC_1933

















DSC_1942
















三季醸造であるこちらの蔵元さんでは、7月、8月が唯一の
オフシーズンであります。
これから始まる25BYに向けて・・・ じっくり作戦会議をしてまいりました。


DSC_1935
















DSC_1936
















DSC_1938
















9月より始まる25BYの造りに向けて、すでに準備は整っておりました。
全国でも珍しい、地下に酒蔵があり、常に温度管理が安定する特性を活かし
年に何度も小仕込みで出荷するスタイル。
目の届く範囲内での小仕込みだからこそ出来る一切の妥協なき丁寧な酒造り・・・
さらなる酒質向上へ、蔵元様一同はすでに燃えておりました。


昨年の10月よりお取引をさせていただいて以来、徐々にお客様からも
認知されるようになり、支持をいただけるようになりました。


「24BYでは大きな自信と手応えを掴みました。ただ、まだまだ課題は山積みです」

蔵元の武山兄弟は、そう語りました。


そんな中、24BYの造りでは少し気になるある一つの課題がありました。


瓶詰めされたそのお酒は、開栓直後は良くても、その後数日経ったら
味わいの変化の波が激しい、というものでした。


「初めの頃は開栓後しばらく経ってから、後味に少し違和感が出てしまったりと。
 仕込みごとに修正はしていったんです。
 ただ、まだまだ変化の波が大きかったのです」


そうして試行錯誤しながら、24BYの造りが終盤に差し掛かった時、
醸造責任者である武山孝弘専務はある事を試みたのです。


「それまで単一の酵母を使用していたのですが、研究の結果、
 あるもう一つの酵母も組み合わせて使用してみたのです」


今までの酵母に、あるもう一つの酵母を組み合わせた
いわばハイブリッド型。
これにより酒質が今までよりグンと安定し、むしろ開栓後味が伸びるようになり、
美味しくなりました。


この酒質向上が、武山兄弟にとっても大きな自信に繋がったようです。


「自分達にとっても、まだまだこれからが本当の戦いです。課題も多いです。
 でも24BYは非常に勉強になりましたし、充実した一年でした」


「力強い芳醇な味わいながらも、極めて上質な地元の水の特性を活かした
柔らかさ、しなやかさもしっかり感じられる、自分達ならではの味を追求していきたい」


そう語ってくれた武山兄弟の目には、熱いものが感じられました。
25BYに向けて・・・ じっくりお話しさせていただきました。


25BYでは、今までの商品にあるアレンジを加えた商品の企画を
お話しさせていただきました。
詳しくはまだここでは伏せさせていただきますが・・・
発売時期が決定次第、お知らせいたします。
また、さらにもう一つのチャレンジ酒も企画しております。
こちらは発売は恐らく年明けになるかもしれませんが、
決定次第、お知らせいたします。


さて現在発売中の撫瓜をご紹介いたします。

DSC_1964
















撫瓜 24BY純米吟醸 中取り無濾過生原酒 仕込み6号
(当店限定酒)

1,8L  3150円
720ml 1575円 (税込み)

デリシャスリンゴを思わす口当たりとジューシーさ、
上質感のある旨味とキレ味の良さが自慢です。
当初の頃よりも格段に良くなっております!



撫瓜 24BY特撰吟醸 中取り無濾過生原酒 仕込み4号
(当店限定酒)

1,8L  2835円
720ml 1417円(税込み)

とろける様な果実を彷彿させる旨味が醍醐味の味吟醸タイプ。
何より開栓後の味の伸びしろの良さにも注目です!


さらにもう一つ、温めていた商品がありました。
先日入荷いたしました。

DSC_1977
















撫瓜 24BY純米大吟醸 無濾過生原酒

720ml 3675円(税抜き)

無濾過生原酒シリーズでは唯一、冬の厳寒期に一度だけ仕込まれるのが
大吟醸、純米大吟醸になります。
その中から、純米大吟醸が満を持しての入荷です。

優しくし華やかな吟醸香、上品でしなやかな旨味が柔らかく広がります。
じっくりと、その良さを体感していただきたいです。
ご贈答用としてもお勧めです。



自分にとっても、充実した蔵元訪問でした。
日本泉酒造の皆様、有難うございました!



8月4日 大長野酒祭り2013 のお知らせ

四谷の一大日本酒イベント、

あの 「大長野酒祭り」 が

今年も8月4日に開催されます!

DSCF1013














年々人気を高めている四谷の一大イベント、
四谷の街で、熱き長野酒で是非盛り上がってみませんか?
当店も微力ながらも援護射撃させていただきます。


今年は

参加蔵元  44蔵

参加飲食店 16店


過去最高の規模となっております!


日時 2013年8月4日(日)  13時〜18時

参加費  事前予約 5500円

       当日    6000円


お申込みにつきましては、各参加店舗様へ直接
お願い致します。
詳細につきましては、こちらのリンクを貼らせていただきます。


酒徒庵様のWEBサイト

http://www.shutoan.com/event/event_20130804.html


日がさ雨がさ様のブログ

http://washu.blog91.fc2.com/blog-entry-600.html




livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ