全調協食育フェスタ公式ブログ

公益社団法人全国調理師養成施設協会(全調協)が主催する「全調協食育フェスタ」について、フェスタ広報スタッフが最新情報をお伝えします。

2012年11月

 先日お伝えした第28回調理技術コンクール全国大会出場者を選抜する地区大会が、11月17日の関東甲信越地区大会をもって全地区大会が終了しました。これで全国大会に出場する150名の選手が決まりました
 
 今回は、この関東甲信越地区大会の様子をお伝えしようと思います。
 会場はここ、新宿にある東京調理師専門学校。3料理部門全て行いました。
①



















選手の受付です。くじで作業台を決めていました。 
②


















 
 全員着替えて、オリエンテーションです。当日の注意事項を聞いています。
 これが終わると、いよいよ競技が始まります。
③



















 前回の東京地区大会の紹介では日本料理のみでしたので、今回は西洋と中国料理をお伝えします。
 中国料理の筍の細切りの作業です。中国料理はこれにピーマンの細切り、薄焼き卵が課題です。
④



















 こちらは西洋料理のニンジンのジュリエンヌとオムレツの調理作業です。
 西洋はこの2課題とジャガイモのシャトーむきです。
⑤


















⑥


















 こちらの大会でも、調理作業教室の中は選手たちの緊張感で空気が張りつめていました 
 作業が終了し、厳正な審査の結果、2月の全国大会出場者が発表されました

 こちらは中国料理部門の上位3名の皆さんです。いい笑顔ですね
⑦


















 全国大会でも笑顔が見られるように頑張って下さい

 ということで、来年2月27日、各地区から選りすぐられた150名の選手達が作る調理作品が一挙公開されるのでお楽しみに。多くの方のご来場、お待ちしています

 現在、第3回全調協食育フェスタに協賛出展いただける飲食関連企業を募集しております。
 会場には、調理師学校卒業後に様々な飲食店で働く調理師の卵達を始め、調理師学校の教職員、ホテル・レストラン関係者といった来場者が多く詰めかけます。
是非、商品PRの場としてご活用下さい。
 協賛出展内容についてはこちらをご覧下さい。

11月22日現在、第3回全調協食育フェスタ特別協賛、協賛の企業・団体は以下の通りです。

特別協賛
 味の素株式会社 東京ガス株式会社 財団法人日本鯨類研究所 (50音順) 

協賛
 
 

 さぁ、食育フェスタ出展メーカーさん出展内容紹介の第三弾ですよ。今回はキッコーマン株式会社です。
 キッコーマンと言えば多くの方が“醤油”をイメージするのではないかと思います。それを象徴するかのように「キッコーマンしょうゆ塾」なるものがあります。
 これはキッコーマンが取り組んでいる食育活動の一つで、社員の方が小・中学校へ出向いて、醤油に関する解説を通じて「おいしく食べる」ことを子供達に考えてもらうという出前授業です。

 出前授業には「キッコーマン食育講座」もあり、こちらはNPO日本食育インストラクター協会の講師が幼稚園・保育園・小学校の保護者や教職員を対象に、生活に密着した食育について講義を行う内容です。
 この出前授業、前記の2コースを含め全5コース(すべて受講料は無料)あるとのことなので、興味のある方は専用サイトも参考に!

 また、この出前授業について“もっと詳しく知りたい!”という方は、2月27日食育フェスタのキッコーマン出展コーナーまでご来場下さい 

 最後におまけです。キッコーマンが満を持して発売している新商品「しぼりたて生しょうゆ」、こちらも興味のある方は是非お試し下さい。
しぼりたて生450ml 

 先日は、2月27日の食育フェスタに出展する団体さん出展内容紹介で東京ガス㈱を紹介しましたが、今回は第二弾、全国漁業協同組合連合会(通称「JF全漁連」)です。
 「さかな、さかな、さかな~、さかなを食べると~♪」って歌、覚えてますか?あの歌を作ったのが今回紹介する全漁連です。
 
 全漁連では食育活動の一環として、毎年、シーフード料理コンクールを行っています。一般の方も応募できる魚介を使ったオリジナルレシピによるコンクールで、今年の第13回は残念ながら既に締め切られていますが、毎年行っているそうなので、魚を使った自慢のレシピがある人は、来年応募してみて下さい。
 ちなみに、このコンクールのサイトトップのイラストは、あの“さかなクン”が描いたものですよ。

 また、コンクールの他に、食に関連する様々なイベントにも出展していて、小学生位の子供を対象に、ホタテ貝に魚の絵を描いてもらい魚介類に親しんでもらうというコーナーを行っているそうです。
IMG_0149IMG_0151

























 






 さて、そんな全漁連の食育フェスタでの出展内容ですが、前述のシーフード料理コンクール受賞作品等の魚レシピや漁業に関する資料を配布するそうです。
 また、担当の方曰く「もしかしたら海にちなんだお土産を用意できるかも…」とのことなので、全漁連さんに期待して、2月27日は全調協食育フェスタへLet’go! 

平成25年2月27日開催の食育フェスタに出展するメーカーさんの当日の出展内容を紹介したいと思います。
今日はその第一段、東京ガス株式会社です。
厨BO!_LOGO_01 
チューボ汐留「涼厨」比較体験ラボn_01
























 関東では言わずと知れたガス会社ですが、ガスを供給してるだけではないんです。ガスを扱う厨房機器の開発も手がけていて、あちらこちらにあるショールームで最新の機器を展示しています。

最適厨房アテンド_01

















  また、味覚教育や調理体験といった食育活動にもかなり力を入れているようです。

 そんな東京ガスですが、2月の食育フェスタでは、食のプロを目指す人に向けた食育活動として、業務用厨房ショールーム「厨BO!SHIODOME」を紹介するそうです。汐留にあるショールームで、“食のプロ”向けの厨房設備が整えられていて、涼しい厨房機器「涼厨(すずちゅう)」の体験や、調理実習室で最新スチコンの調理体験ができるそうです。
調理実習室 0014
















 
 また、設備を活かしてプロ向けのセミナーや講演会も行っているようです。 

 ここで色々書くと当日の楽しみが無くなってしまうので、気になる人は2月27日第3回食育フェスタにご来場下さい!
 特に調理を生業にしようと思っている方、してる方は、必見ですよ!

ショールーム公式facebookはこちら 


このページのトップヘ