大変遅くなりましたが、全学連大会の報告です。



2013年度の全学連大会は、2月24日(月)〜25日(火)の2日間にかけて行いました。
決議案の項目としては、

第1部
・総論
第2部
・学費負担軽減、奨学金制度拡充、大学予算増額を
・キャンパスづくり、カリキュラムや施設改善、課外活動発展の課題
・就職難打開、就職活動の早期化・長期化の解決を求める取り組み
・平和と民主主義を守り発展させる取り組み
第3部
・新入生歓迎のとりくみ
・自治会活動の発展のための強化方向
・全学連の組織と運動の拡大・強化

を設け、大会1日目に全学連中央執行役員より内容報告をし、グループ討論を行いました。

また、1日目には記念講演を設け、中京大学教授・奨学金問題対策全国会議共同代表の大内裕和氏をお呼びし「奨学金から見えてくる若者の貧困」と題してお話しいただきました。

大会2日目は2日間の大会を通しての全体討論、及び決議案、予決算の採択を行い、すべて可決・承認されました。

参加した学生からは「自治会活動としてもっと楽しいイベントをしていきたい」「学生自治会として取り組んでいる問題について広く知らせ、みんなに共有していきたい」「奨学金を借りていない学生にも、自分の問題として考えてもらうよう対話していきたい」といった感想がありました。



参加してくださった大学の学生の皆さん、本当にありがとうございました。