2017年04月

2017年04月30日

ごぼう天うどん。

銭助です!

4/30(日)。

今日はライドはありませんよ。自転車にWAXをかけて、チェーンに
オイルをさして、国東の準備をしました。

明日はG-3のアンカーを回収に行きます。
さあ、あとは国東当日を迎えるだけですな・・・。

さて、今日はうどんのおはなし。

福岡県といえば、ラーメン、もつ鍋、水炊き、めんたいこ・・・etc。
美味しいモノが沢山ありますが、実は「うどん」も有名で、うどんの
発祥は福岡とも言われてます。

で、福岡県のうどんと言えば・・・
何と言っても「ごぼう天うどん。」

福岡県民はみんな大好き「ごぼう天うどん」ですが、実は流通してる
範囲はすごく狭いのを知らない福岡県民は多い。

以前、深夜番組でやってた追跡調査では、山口県岩国市までしか
通じなかった・・・。
広島に入ると、ごぼう天うどんと言っても「????」の世界でした。

当然、銭助もごぼう天うどんが大好き。

今日は「肉ごぼう天うどん」で比較してみましょう。

DSCF6483

まずは「和田や」
昔は「更科うどん」でしたので、小倉の有名店「更科うどん」の暖簾分けと
思われます。

更科うどん系のごぼう天はすごく特徴的。

DSCF6484

これが和田やの「肉ごぼう天うどん。」

DSCF6485

ごらんのとおり、極太ごぼうの半割りを揚げているので、迫力のごぼう天。

DSCF6488

ごぼうの味も濃い。

DSCF6487

そこそこ美味しいのですが、実は銭助はあまり行かない。

それは、お店は大きいのですが、ホールに全く目が行っておらず、ホールの
スタッフが「クソレベル」

呼んでもスタッフが来ないし「イラッ!」と来ますよ。
今日、2年以上ぶりに行ったのですが、やっぱり相変わらず。

20年以上、その体質は変わりません。

結構沢山の客が「イラッ!」としてました。

さて、次行ってみよう!

DSCF4088

「めん天。」
北九州では有名な「豊前裏打会」の系列です。

DSCF4094

で、「肉ごぼう天うどん。」

DSCF4095

豊前裏打会系のごぼう天は特徴的で、笹がきのごぼうを平たく大きく揚げて
います。

つゆに浸かっているところはしっとり、浸かってないところはサクサク!
香りのいいごぼう天を楽しめます。

DSCF4096

細麺の透明感のある麺が特徴的。
豊前裏打会系は、どこの店もこんな感じで、どこも人気です。

さて、最後は銭助の一番好きなお店。

DSC04800

「まさ。」

DSC04797

これが「まさ」の「肉ごぼう天うどん。」
記事書きながら食べたくなってきた・・・orz

DSC04799

ここは板状に切ったごぼうをサクサクに揚げていて、つゆに浸かってても
簡単にはサクサク感が損なわれません。

大量のワカメが入るのも特徴。

さて、ブログを見に来てくれた皆さん、「ごぼう天うどん」が食べたくなって
きたんじゃないですか???

福岡県はうどんも美味しいんです!
そして北九州も美味しいお店が沢山あります!

是非食べに来てね!
(必要とあれば案内しますぞ!)

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。
(ロードバイク関係ない記事でしたけど。)




にほんブログ村

zenisuke8715 at 20:56|PermalinkComments(4)グルメ 

2017年04月29日

国東の準備。

銭助です!

4/29(土)。
今日からGWに入りましたね。

銭助のGWの予定は・・・
「ツールド国東」以外は特にありません。

銭助が参加するイベントの中で、一番ハードなのがこのツールド国東。

93kmの昼食エイドまでに3つの峠を越えて、昼食の間に疲労した脚の筋肉
が硬直し、その後120kmまでの小刻みなアップダウンがボディーブローの
ように体に堪える大会。Aコース160kmのセンチュリーライドです。

去年、一昨年と2年連続で雨天DNSでしたが今年は3年ぶりに「晴天」の国東
を走れそうですね。

というわけで、ウィリ助を国東仕様に変更しました。

DSCF4505

上が通常のウィリ助。

DSCF6394

国東仕様のウィリ助。
見ての通り、ホイールが「鯔壱」から「COSMIC」に変更ですね。

国東は3つの峠越えがあり、ブレーキを多用しますから、カーボンリムの鯔壱
では、ブレーキの過熱でリムがやられる可能性があります。

その点、COSMICのエグザリットは、どんなシチュエーションのブレーキングも
安全安心。

あと、ライトもVOLT200からVOLT700に変更しますよ!
国東は山間部の古くて暗いトンネルを通るので、ライトは明るい方が安全です。

DSCF6426

というわけで、国東前最後のライド(ちょっとだけよ!)に出動しますが、家の前
でも、音を立てて風が吹いてる。かなりの強風です。

DSCF6427

ご覧の強風西風。行が強烈な向かい風。帰りは楽ができるかな?
10m以上の強烈な向かい風の中、心折られながら進みます。

DSCF6429

今季初めて春ウエアにショートビブで出撃でした。
今年は4月初旬まで冬ウエアが必要でしたからね。

DSCF6401

とにかく漕げども踏めども22kmくらいしか出ない。
もうフラストレーションMAXですね。

DSCF6414

そのかわり、帰りは楽ちんライドが出来ました。

DSCF6418

本日の走行記録

 走行距離  44.73km
 走行時間  1時間34分22秒
 平均速度  28.4km/h

さあ、去年に比べると練習が出来ておらず、仕事疲れでテンションも低めの今年。

頑張って走っても、満足いく内容は期待できそうにないですね。

いつも通り、平均速度27km/hくらいで15時45分~16時くらいにゴールになる
ことでしょう。
(ホントなら28kmオーバーで走れるまで体を造りたかったですが、今年は仕事が
大変すぎて、それが出来る状況ではありませんでした。とにかく疲れが抜けない。)

というわけで、今年は前日が出勤なので、前泊せず、当日早朝出発で現地入り。
国東に出場される皆さん、安全第一で完走しましょう。

良ければ、下記ロードバイクバナークリック願います。




にほんブログ村

zenisuke8715 at 22:50|PermalinkComments(4)ロードバイク 

2017年04月26日

グランツールせとうち2017 その⑥

銭助です!

52歳になったど~っ!
歳はとりたくないけど、まだまだ若いもんには負けちゃあおれん!

気持ちだけでも若く保って頑張りま~っス。

さあ、長く続いたこのレポートも今回が最終回。
というわけで、今日もお付き合いくださいませ。

DSCF6298

あと16km。本来なら寄らなくてもいい万田発酵の最終エイドですが、わざわざ
寄ったのは、このダイコンオブジェも前で、ウィリ助の写真を撮るため。

DSCF6299

エイドのゲート前では・・・

DSCF6300

万田発酵ガールズの黄色い声援を受けられます!
別に疲れてはいませんが、オヤジには最高の「カンフル剤!」

調子に乗って手を振ってカメラを向けると、ハイテンションで応えてくれました!

ここには・・・

DSCF6301

万田発酵のゆるキャラ「ダイちゃん」がいましたぞ!
一緒に写真を撮ってもらいます!

DSCF6303

ドリンク補給だけしたら、万田ガールズに手を振ってエイドをあとにしました。

DSCF6305

さあ、あとはゴールまで10マイル(16km)

DSCF6054

往路は霧の朝でこんなだった因島の桜も

DSCF6306

帰りは青空と桜色のコントラストがいい感じ。

DSCF6307

さあ、ゴールまであとひと踏ん張り!
因島大橋の連絡通路を上って

DSCF6308

橋を渡ると・・・

DSCF6309

スタート・ゴール地点のある、向島まで戻ってきました。

DSCF6311

今渡ったばかりの因島大橋をくぐり

DSCF6314

朝は、霧で全く見えなかった美しい海岸線を進みます。

DSCF6319

もう、ゴールが近いので、色んなコースの参加者が混沌とした状態。

DSCF6320

朝は、色さえろくにわからなかった赤い橋もキレイですね!
もうゴールは近い。

DSCF6321

他のコースの参加者をどんどん追い抜いて

DSCF6323

この先現れる、最後のキツイ上りをゆっくり上ると

DSCF6324

帰って来たぞ!

DSCF6325

そして無事にゴール!

いやあ、とにかくこれまでで最高のしまなみ海道を満喫した楽しいサイクリング
でした!

DSCF6326

参加賞をもらって今年はそこまで並んでなかったので写真ポイントに並びます。

DSCF6327

140km、完走!(当たり前ですが・・・)

てなわけで本日の走行記録

 走行距離  142.23km
 走行時間  5時間52分10秒
 平均速度  24.2km/h

往路はとにかく写真ストップばかりで、糸山の折り返しエイドに着いたときなんて
AVG・23km/hを下回ってました。22.8㎞/hくらいだったかな?

ゴール時点でのAVGは25km/hでした。そのあと会場でぶらぶらしたので、この
結果。

いやあ、とにかく「しまなみ海道を満喫すること!」に特化して参加したこのイベント。
目的は達成しました!

さて、走り終えたらとっとと撤収して、宿泊地の「広島」に移動。

DSCF6331

広島では毎回、同じホテルに泊まります。
銭助のホテル選びの基準は「大浴場がある!」と「朝食がいい!」ことが条件。

DSCF6330

部屋は寝れればどうでもいいので、こだわりはありません。

DSCF6333

お風呂を上がったら、晩御飯に出かけます。ホテルから歩いて10分くらい。

DSCF6367

今日は、銭助の家のお好み焼きの参考になっている「さらしな」

DSCF6334

メニューはこんな感じ。

DSCF6335

で、とりあえずビールで乾杯!

DSCF6337

さきに、ホルモンと・・・

DSCF6345

せせりをつまみに1杯。

DSCF6340

そのあと、さらしなスペシャル。

DSCF6363

DSCF6346

DSCF6347

DSCF6355

ここのお好み焼きは、とろろ昆布が入るのが特徴!

DSCF6356

DSCF6357

あ~、美味しかった!

DSCF6350

ちなみにこの日は

DSCF6366

どのお店も外国人が一杯でした。
店主が英単語を並べて、食べ方の説明をするのがおもしろいですよ。

ホテルに帰ると、すぐに寝落ちしました。

DSCF6371

さて、翌朝も朝風呂のあと、朝食をがっつり。

その後チェックアウトして北九州へ帰ります。

DSCF6375

関門橋を渡って、北九州まで帰ってきました。

DSCF6378

お昼ご飯はいつもの「タカヤマ」へ。

DSCF6379

料理の出来ていく様子を見ながら待ってるのが楽しい。

DSCF6382

DSCF6380

DSCF6384

DSCF6385

DSCF6386

さあ、ハンバーグランチの出来上がり。

DSCF6387

絶品のふわふわハンバーグに

DSCF6388

このスパゲティーだけでもお皿一杯食べたい味です。

DSCF6389

ハンバーグを割るとご覧の肉汁!
ごはんが進む進む!

美味しかった!

ここで、G-3と別れましたので、すぐ隣のお店で

DSCF6392

〆の1杯は「永楽」
(って、アンタ今ハンバーグ食ったばっかりやろうもん!)

DSCF6390

学生ラーメン(麺1.7倍でチャーシュー少な目で550円の学生応援価格)を頂き
ます。ちなみに学生じゃなくても注文できますよ。

DSCF6391

このあと替え玉までして、昨日の腹ペコグランツールの分まで、しっかり食べて
帰りましたよ。(相変わらずのカロリーオーバーイベント旅行でした。)

DSCF6393

工事中の若戸大橋を渡って帰りました。

さて今回のレポート、写真いっぱいで、詳細に長いレポートになりました。

「しまなみ海道、1度走ってみたいけど、どんなところ???」と思ってた人に魅力を
伝えることができたり、疑問の解消に役立つことが出来れば嬉しいですね。

イベントで参加するも良し、個人でまったりライドに行くも良し、人それぞれ目的に
会った楽しみ方が出来る自転車の聖地。

興味のある方は、ぜひ1度走っておくべき「マストコース」と思います。
ゆるポタで行きたいお店に寄りながらのしまなみサイクリングなんて最高でしょうね。

さて、これにて長かった銭助の「グランツールせとうち2017」のレポートは完結です。

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。







にほんブログ村

zenisuke8715 at 22:30|PermalinkComments(4)イベント 

2017年04月25日

グランツールせとうち2017 その⑤

銭助です!

記事はまだまだ続きますよ!

さあ、復路のエイド「伯方CSパークに到着しました。

DSCF6247

往路で出なかったお弁当が食べられると、期待満々でやってきましたよ!

さあ、ここで振る舞われたのは・・・

DSCF6160

バナナと(往路の写真の使い回しですみません。)

DSCF6248

それとレモンジュレ。

あと、ドリンク・・・・・・・。

以上!

cbnpdyup

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。orz」

「お弁当がない・・・。」
行きの噂を信じた自分がバカでした。

だってこの大会は、美しい「しまなみ海道」を走れるけど、世界一サイクリストに
向き合っていない大会の「グランツールせとうち」ですから・・・。

そのあたりは、番外編で詳しく書くことにしましょう。

DSCF6249

仕方がないのでトイレに行って写真だけ撮ったら出発。

DSCF6251

さあ、大食い銭助がこんなエイドで足りるワケなかろうもん!
もう、行き倒れになってやる~っ!との覚悟で出発しました。

DSCF6253

帰りの大三島橋。

DSCF6255

桜を見ながら進みますよ~!
(ハラヘッタ・・・。)

DSCF6257

帰りは信号以外で停まることなく、快速運行。

また、行と同様に多々良大橋を通り過ぎたら大三島のエイドです。

DSCF6259

でんぶの一口おにぎりを2個いただいた、とっとと出発。

DSCF6260

連絡通路からはこんな景色が見れますよ。

DSCF6262

今年は桜が奇跡的に残ってたので、とにかく景色がキレイです。

DSCF6263

多々良大橋を渡ったら

DSCF6265

連絡通路を下りますが、この生口島はレモンが名産。
上の写真の様に、あちこちにレモンがなっています。
手を伸ばせば取れそうです!(当然取ってはいけません!ダメよ。)

DSCF6268

そんな生口島に帰ってきました。

DSCF6269

ここで、ヒラヒラ舞う桜吹雪の中を進みます。
今年のしまなみの景色はは最高ぢゃっ!

この生口島だけ、往路と復路が違う道を通ります。(往路復路で島を1周します。)

DSCF6273

パームツリーに菜の花がキレイ。

DSCF6275

すぐ対岸に島があるので、こんなパームツリーの景色も、なもさんのブログで見る
宮崎の景色とは、また違った趣がありますね。
(パームツリーの種類も違うのかな?よくわからんけど・・・。)

でも、宮崎の完全なオーシャンビューの海岸線も、こんな気持ちいい季節に是非1度
走ってみたいですね。

DSCF6279

さて、前の大三島から、110kmコースのの青ゼッケンの人が増えてきました。
生口島に入ると、さらに70kmの黒ゼッケンの人も増えて、追い越しに注意が
必要です。

DSCF6282

しばらく進むと、復路のメインエイド、瀬戸田高校に到着。

DSCF6284

ここでは具だくさんの豚汁が振る舞われました。
ただ、おにぎりも欲しかった・・・。

DSCF6285

生レモンジュースも振る舞われます。

DSCF6286

この瀬戸田高校、毎年学生さんがレモンの被り物をして、「一生懸命」精一杯の
おもてなしをしてくれます。

エイドも付近の誘導も瀬戸田の高校生。
とにかく男子も女子も一生懸命おもてなししてくれるので、気持ちがほっこりします。

DSCF6288

さあ、往路からゆっくりしすぎて時間も押しているので帰りましょう!

DSCF6289

ほどなく生口大橋が見えてきた。

DSCF6293

連絡通路を上って

DSCF6295

橋を渡ると

DSCF6297

因島まで帰ってきましたよ。

DSCF6298

瀬戸田高校から9km程しか離れてない、最終エイドの万田発酵に到着。

写真がまだまだあるので、あと1回続きます。(長くてごみんね。)

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。





にほんブログ村

zenisuke8715 at 06:00|PermalinkComments(0)イベント 

2017年04月23日

グランツールせとうち2017 その④

銭助です!

4/23(日)いい天気ですが、身体は超「だるおも~。」
休養するか考えましたが、国東があるので、ちょっとだけホームコースを流して
やめることにしました。
(この体調じゃ100kmレベルはやめた方がいい・・・。)

というわけで、その記事はまた後日で、グランツールのレポートの続きです。

DSCF6172

お弁当のなかった拍子抜けの伯方のエイドを出発します。

DSCF6173

ここからは、すぐに「伯方大島大橋」の連絡通路に入ります。

DSCF6174

上ると、伯方大島大橋に入ります。
写真撮ってないけど、橋からさっきのエイドが下に見えますよ。

DSCF6175

ここも比較的通路の幅が広いので、快適で安全。

みんなどんどん進みますが・・・頑張るモード皆無の銭助。
橋の途中で停まって、また景色を見ます。(って、進む気あんのかいっ!)

DSCF6177

だって、こんなキレイな景色、見ないと損だよ!
(橋から下見たら、こんなキレイな景色がみえるんだから、やっぱ停まるでしょ!)

DSCF6180

暫く景色を眺めたら、橋を気持ちよく渡ります。
あいかわらず、どんどん抜かれ放題ですけどね。(笑)

DSCF6181

もう、大島(おおしま)に入りました!

DSCF6184

ここでもストップ。

DSCF6187

どの島にも、その島ならではの絶景がある。
そんな景色を見ながら、ゆったりサイクリングするのは、とにかく気持ちいい!

DSCF6188

大島では、唯一橋の連絡通路以外に、ちょっとした上り(峠?)があります。

DSCF6191

そんな上りを終えて、下りに入れば・・・

DSCF6192

しまなみのハイライト「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)が見えてくる。
(ここでも路肩に停まって撮影。)

DSCF6194

いつも思うけど、長くてキレイな橋だよなあ・・・。

DSCF6196

橋の連絡通路を上ると

DSCF6198

こんなループ橋を経て

DSCF6199

来島海峡大橋に入ります。

DSCF6201

大きく長い(4km以上ある)橋ですが、通路は広くありません。
そのうえ、対面通行なので、安全には十分注意が必要。
(たまに話しながら並列で走ってる人がいますが、やってはいけません。必ず
縦列で走りましょう。)

DSCF6202

海を見ながら淡々とゆっくり渡ります。

DSCF6205

橋を降りると、そこはもう「四国」
この2日で、九州、本州、四国の地を踏んだことになりますね!
(さすがに北海道まではムリですな・・・。)

DSCF6206

あのトンネルを抜けるとエイドだよ!

DSCF6207

で、糸山公園のエイドに到着。

DSCF6209

だいぶ葉桜になってる桜の下でいただいたのは・・・

DSCF6210

カップに入った「おでん」

DSCF6211

ダイコン。

DSCF6212

こんにゃく。
「一反もめん」のかたちをした「ぬりかべ」に見えたのは、銭助だけだろうか・・・?

DSCF6213

そしてちくわの3品。

DSCF6214

食べたら、橋の良く見える方に移動します。

DSCF6215

やっぱり来島海峡大橋はすごい橋だ!
それを自転車で渡れること自体すごいことだ・・・。

DSCF6219

天気もいいので、景色も海の色も最高。

DSCF6218

さて、景色も堪能したし、トイレもすませたので出発。

DSCF6221

このエイドが折返しなので、あと70km!半分です。

DSCF6222

ループ橋を上って

DSCF6224

来島海峡大橋を帰ります。

まだまだ沢山の人が往路をエイドに向かってましたよ。

DSCF6225

さあ、大島の来た道を帰ります。

DSCF6227

桜を見ながら進みますよ!

DSCF6228

大島に帰ってきて、次の伯方大島大橋を目指して進みます。
前半ゆっくり走り過ぎたので、帰りは通常のマイペースで走ります。

DSCF6230

マイペースで走ると、この辺りを走ってる人とは脚が合わない。
パスしながら一人旅を続けます。

DSCF6233

予報を見て帰りは追い風だろうと思ってましたが、帰りが向かい風基調でした。
でも風自体は2mくらいの風なので、たいした風じゃないですよ。

DSCF6235

景色を見ながら

DSCF6237

ストレスフリーのしまなみ海道。

DSCF6239

伯方大島大橋が見えてきました。

DSCF6241

橋の連絡通路を上って行きます。
2年前、この休憩所で今中大介さんとお話しした思い出があります。

DSCF6244

吹き流しでわかる通り、2~3mの風。
橋の上でこれくらいなので、平地は1~2mくらいしか吹いてませんよ。

DSCF6246

さあ、この橋を降りると、

DSCF6247

エイドだ!

さあ、お弁当食べるぞ~!(さすがに腹ヘリコプタ~なのだ!)

というわけで、記事はまだまだ続くよ。

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。






にほんブログ村

zenisuke8715 at 19:00|PermalinkComments(2)イベント