Made in USSR bis

別冊少年チャンピオン絶賛連載中のマンガ「みつどもえ」およびChampionタップ!で連載中の「ほぼ週刊みつどもえ」についてご紹介しております。更新は発売翌日または毎週木曜日を目標にしています(最近守れてません)。

モーツー10周年記念読み切り第10弾 委員ちょうの事じょう なんで脱いだ!?/あの顔は・・・きっとパンツはいてないよ〜〜

170524blog2

早紀ちゃんと委員長の未来予想図

今回のこの二人が将来アレやコレやを経た上でお互い好意を持つに至った場合、パンツを脱いで備えた状態での告白イベントが予想されます。「好きな人に話しかける時はパンツを脱いで(女子のみ)」というこの風習が広まった世界はきっと争いのない平和で清浄な世界・・・

 今年2月、1ページのみ月刊モーニング・ツーに寄稿されたのりお先生ですが、5月22日発売の7月号では満を持して10ページのフルサイズド変態パンツ漫画「委員ちょうの事じょう」を掲載されるに至りました。少年誌での限界に挑みながら続いているみつどもえに対して、青年誌ならではのアンリミテッドな表現に挑戦する意欲作です。タイトルからして「ちじょ」と読ませるストレートさ。さすがと言わざるを得ない変態作に仕上がっています。これは必読でしょう。

 メインキャラは黒髪の委員長と淡色ショートな早紀ちゃんの二人。この二人の身長差、そしてプロポーションの差がいい味を出しています。みつどもえもそうですが、のりお先生は体格の差異を意識的に描き分けていらっしゃいますね。そんな凸凹コンビですが、委員長が秘かに思いを寄せるイケメンの高橋くんが通りかかった事で、ノーマルだった早紀ちゃんが委員長の中の変態沼に足を踏み入れて染められていきます。

 初恋の男子に話しかけなよ!!とけしかけてキャッキャと恥ずかしがる所までは良かったのですが、委員長はなぜかトイレへダッシュ。大げさに思った早紀ちゃんが尿意くらい我慢しなよと言いかけたその瞬間、早紀ちゃんを壁にして廊下で決然とパンツを下ろす委員長。あまりの事態に呆然とする早紀ちゃん。渡されたホカホカの友パンツを持って立ちつくします。このパンツが割と発展型というかみつどもえで言うところの杉ちゃんタイプなのもポイントですね。見られる事を意識している。

 無事パンツを脱いだ委員長は高橋くんとの会話に成功しますが、どう考えてもこれは・・・委員長・・・。二言三言の会話の間に「はぁはぁ→ドクン→ペタン」という擬音で現される何かが進行した模様。おそらくこのシークエンスからパンツを保護するために脱いだとしか思えません。この異常事態を問い詰める早紀ちゃん。

 どうやら委員長の中では「女子が好きな相手に話しかける時はパンツを脱ぐ」のが常識である事が判明します。早紀ちゃんは委員長が高橋くんを好きな事は既に報告を受けているようですが、パンツを脱ぐという事までは把握していなかった模様。判別しにくいのですが早紀ちゃんの名札は1年と読めますのでおそらく中学1年生。まだ友達になってから日が浅いのでしょうか。全ての女子が同じくパンツを脱いでいるという委員長の主張を一瞬信じかける早紀ちゃんですが、思い直して激しく突っ込みます。しかしまだ恋愛感情未経験である弱さを突かれて委員長に押し切られる早紀ちゃん。「たのむぞ!!」がかわいいんですが、こんな変態さんと友人になったら自分も染まるしかありませんよね。

 事態が急転する下校時。憧れの高橋くんがゴージャス系美少女の文野さんと下校しているではありませんか。委員長の恋の行く手を遮る障害物。そして委員長ジャッジでは明らかに文野さんはパンツをはいていない=好意を持っている。パンツの有無を検証しようと言い出す早紀ちゃんですが、この時点で既に委員長の変態性に毒されてのは明らか。スカートをめくる直接行動に訴えようとしますが、委員長は必死に引き留めます。理由は「文野さんが今夜のお供になっちゃう!!」から。ああ青年誌。

 必死に高橋くんが今夜のお供を得ない形で文野さんのパンツの有無を探ろうとする早紀ちゃんですが、委員長はスカートの上からまさぐってパンティーラインを確認する強硬手段に出ます。「糸がついてますよ」の委員長の必死な表情が怖い。探索の結果、パンティーラインが無い事にショックを受け、膝から崩れ落ちる委員長と必死に慰める早紀ちゃん。Tバックかもしれないという可能性を提示して何とか委員長を立ち直らせます。

 ここで更に露わになる委員長の変態性。Tバックをはいた女子は「T」という字や音に反応して恥辱にまみれて興奮するという主張すなわち自分の性癖。ここまで来ると丁字路はTではなく「丁」だというのはもはや無粋なツッコミ・・・Tバックをはいて世の中全てのTに興奮して悶える委員長にはもはや清々しさすら感じますね。

 仮に文野さんが好きでも高橋くんが文野さんを好きとは限らない。最後の可能性に賭けて高橋くんのズボンを下ろす早紀ちゃんは友達思い。しかし、体の構造上の違いゆえか、委員長ルールでは男子はパンツを脱がなくてもいいらしいのです。早紀ちゃんを変態呼ばわりした挙げ句、目撃した高橋くんのパンツ姿に息を弾ませ大興奮状態で走り去る委員長と呆然と立ちつくす早紀ちゃん。早紀ちゃんは委員長の事をもっと知らないといけませんね・・・

 この変態に満ちた世界観ですが、どうやらみつどもえの世界と地続きのスピンオフ作品であるようです。のりお先生のTwitterにはしんちゃんの姉である佐藤絵理=エリツィン=マゾメ氏がトム先輩に話しかけようとしている所と、そのお尻のパンツの有無をじっと注視する早紀ちゃんと委員長が描かれています。エリツィンと二人の制服は同じ。みつどもえのみんながこれから進学する中学校の話という事になります。進学すればこの委員長のパンツチェック視線がお尻に突き刺さるという事。おがちんという実例もいるのでさらに委員長の確信が深まりそうです。Twitterに関してはさらにかなり前にのりお先生が投稿されたもの(何と2014年12月!)に「服を全部脱ぎ捨ててコート1枚になった上で高橋くんにプリントを渡す委員長」の姿が既にありました。当時そのあまりの変態ぶりに度肝を抜かれたものですが、今回こういう形で結実したのは感慨深いものがあります。

 今後この世界がどうなって行くのか楽しみです。変態に染められた早紀ちゃんに救いがある事を祈るばかりです。

みつどもえ343卵性・前 独裁政権・・・/年齢制限アリ!?

170513blog

良かったねおがちん

おがちんの救われない魂にようやく安住の地が。おがちんと加藤さんの幸せを願い続けてきて良かった。
S織様は・・・やはり孤高の人だしねっ><
(・・・内容的には後半でしたね)

 まだまだ続くよ修学旅行!
 3ヶ月くらいとツイートされていた当初の予定をぶっちぎって続いてくれそうな予感があります。いかにみつどもえ時空とはいえ、そうそう毎年修学旅行に行く訳にもいかないので、せっかく今回旅立った以上は骨までしゃぶり尽くした展開を読みたいので嬉しい展開です。今回は16Pで1話の大ボリューム。内容の濃さもありますので、感想の方は2回に分けたいと思います。

 前回の衝撃のしんちゃんとの全裸見せつけ&全裸ガン見(おがちん視点)。あの後どう事態を収束させたのかは結局語られずじまいでしたが、男湯と女湯のスワップを最初に敢行したSSS隊は無事に自分たちの部屋に戻れたようです。ちなみに巻き添えを食らって本来の男湯に突入させられたおでこ一味ですが、SSS隊と同室だったようでこちらも何事もなくトランプに興じており無事だった模様。 卒倒したおがちんを加藤さんと詩織様が素早く回収して部屋に戻ったと思われますが、おがちんは更衣室にあったジャンスカではなく、一郎太兄の
お下がりと思われる中学のジャージを着させられています。

 目覚めたおがちんは長時間のお湯の中での待機とその後の衝撃からか、夢の中の出来事だと思っている模様。しんちゃんへの距離を大きく縮められた詩織様は夢の中だったことにしておこうと加藤さんに持ちかけますが、おそらくは大きな葛藤を乗り越えて、おがちんに真実を伝えます。とりあえず、おがちんの「大事な裸」は学校内で多くの人に(見たくなくても)見られてしまっているという事実は抜きです。おがちんの告白に対して「どの罪を?」と応じる詩織様からは、自覚した上での数々の変態行為だった事が伝わります。おがちんは基本無自覚。そうですよね。

 おがちんの「裸を見られる=妊娠」という発想はおがちんという存在そのものが古き良きエロ少年漫画的である事の証左に思えます。あと、おがちんの名誉のためではありませんが、保健の授業は栗山っちがしたのではないかと思われますので、性教育の肝心な部分が伝わっていないのかもしれません。

 そんな中隣室で、これまた間違った方向に突き進んでいる愛の女神であるところの吉岡さん。吉岡さんにとって愛や恋って何なのかと思わされるこの即物感。この謎の手の動き何か元ネタがあるのか私も知りたい所です。ドン引きの同室者を置いておいて突き進む恋の暴走列車のこの懐かしさよ。やはり吉岡さんはこうでなくては。この部屋は丸井3姉妹+チーム杉崎(松岡さん含む)の7名のようですね。ここが震源地、世界の中心です。

 告白する相手がいない杉ちゃんですが、もうみっちゃんに告白してしまえばいいのにね。そんな胸中を完全無視で、適当に組み合わせ表を作成してきている吉岡さん。
  みっちゃん→佐藤くん
  杉ちゃん→千葉くん
  宮ちゃん→田ぶちくん
  三女さん→矢部っち
  ふたばちゃん→緒方さん
  さっちゃん→三女さん
というそのメニュー。自分はないのか!?というのがまず最初のツッコミ所でしょうか。しかし所々に真実のカポゥが散りばめられているところが侮れないこの組み合わせ。しかし宮下さんと田渕くんはどっから出てきたのでしょうか。これまでの吉岡さん絡みの経緯からすると「田ぶちくん→佐藤くん」だと思うのですが・・・

 この告白大会に乗っかるべくやって来たSSS隊。吉岡さん以外全員に緊張が走ります。ごく自然におがちんを適当な男子にくっつけようとする吉岡さん。SSS隊の「佐藤くん以外の男性に触れると腐る」というお約束は10年以上経っても吉岡さんには伝わっていないのですね。「かませ犬役だね!!」の吉岡さんのナチュラル悪意もですが、宮下さんの「余り物」もなかなかです。さすがは夫婦。

 そんな中、一人熟睡するふたば。吉岡さんのシナリオではおがちんに告白するはずですが、起きていたら「何でそんな事するんスか?」になりそう。そしてその枕カバーは草次郎のもの。安心できる父の匂いはSSS隊には単なる毒。この伏線の張り方がみつどもえっぽくていい。

 修学旅行につきものなのは廊下の見張りの先生と正座させられている生徒でしょう。見張りにこれ以上の適任はいないと思われる海江田先生と、いまだ性懲りも無く活動中の千葉氏一味(しんちゃん含む)。告白大会に必要な男子の調達の最大の障壁です。ここで知将杉ちゃんがあえて告白大会を海江田先生に申告。慌てる吉宮ですが、さすが杉ちゃん。完全に海江田先生を読み切っていました。年の差無関係でガールズにもどった海江田先生と6ー3レギュラー女子全員が桃色オーラで千葉氏達を出迎えます。みっちゃんと杉ちゃんが二人で際どいポーズなのが良いですね。

 しかし!男千葉氏はこれを一蹴。激怒の上で背を向けて帰ろうとします。その真意を直ちに汲み取る三女さん。一瞬のうちに寝静まる部屋と並ぶ8つの布団。我が意を得たりとほくそ笑む千葉氏と田渕くんですが、この中に伊藤さんがいる事を忘れてはいないのでしょうか。邪悪な笑みを浮かべつつ布団をめくる千葉氏をヤレヤレと見守るしんちゃんにそっと声をかけるみっちゃん。なるほど確かにこれは・・・

 繰り出されるみっちゃん的告白。「下僕になれる確立がアップする権利」の圧倒的みっちゃん感。意外とまんざらでも無さそうなしんちゃん。早速阻止にでようとするおがちんを引き留める布団の中の詩織様。暗黒面丸出しです。そんな中手を差し出したまま困っているみっちゃん。これは「ねるとん紅鯨団」(見てなかったけど)のシステムなんでしょうね。そんな中、窓に投げられる小石。ついにさっちゃんが戻ってきたのです。事情をしんちゃんに説明するみっちゃん。そんな中、一番来て欲しくない三十路先生が異議を唱えます。ここでさっちゃんが外にいる事を知られては修学旅行がここで終わってしまいます。どうするみっちゃんとしんちゃん・・・!

 という欲望と緊迫に彩られた前半部分。まさにカオスとしか言いようのない展開ですが、後半はさらに混濁の世界に突き進むこの恐るべき修学旅行。さすがとしか言いようがありませんね。

みつどもえ342卵性 露天サイコー!!/牛乳でも飲んで作戦を・・・

170425blog

男湯女湯入れ替え合戦の果てに

 3組だけが鴨橋小学校の6年生じゃない・・・たまたま今回は3組の一部の生徒しか出ていませんでしたが、本来ならば総勢100人以上の小学6年生が蠢く大入浴タイム。男湯と女湯の暖簾も実は想像を超えた頻度で入れ替わっていたはずです。その結果、男女がシャッフルされて完全に混浴となってしまった大浴場。そんな中、ひたすら3組の丸井三郎丸くんを探し求めている1組の小金井会長と、ひたすら出番を待ち続けている2組の峰さんが隣り合わせる事だってあったかもしれません。

 ひとまずさっちゃん偽装作戦が軌道に乗ったその時間、主戦場はお風呂へと移っていました。千葉氏がひときわ輝くエロスの時間、すなわち入浴時間。千葉氏の言う「念願」は単にこの一日だけの事ではなく、連載開始からこの瞬間を待ち続けたという強い喜びの意味なのでしょう。男共だけでなく、修学旅行に入ってから出番が特に多いおで子さん一味3人の顔もこれからの事態を想定してなのか心なしか上気して見えます。

 おで子組3人衆の姿が更衣室に消えた瞬間、電撃的に入れ替えられる浴室ののれん。バスの中では詩織様を前にあれほど紳士を貫いていた田渕くんまで、自分の身長の2倍ほどの高さの暖簾を鮮やかに入れ替えています。服を隠し今や罠と化した偽装女湯になだれ込んでゆく6ー3男子達。コマに描かれた頭数はおよそ11。そんな中、ブレーキになりそうな優等生しんちゃんはこの瞬間まで蚊帳の外だったようですが、あえて咎める事もせず暖簾もかけ直したりもせず悠然と服を脱ぎ浴室に入っていきます。このムッツリ!しかし隠れるスペースは既にない上に見事に引っかかった女子たちの影が。

 その女子たちとは、何とか矢部っちと栗山っちの追求をはぐらかし、さっちゃん偽装作戦を軌道に乗せたばかりのみっちゃんご一行様。多分入浴時間はクラス毎で割り当てられているのではないかと予想されますが、さっきのおで子3人衆が先発隊だったはずなのに、その姿は当然なし。しかしこののぞき作戦から漏れた男子はおで子たちがいる偽装男湯に突入していたはずで、すでに大混浴が始まっていた可能性があります。

 仕方無く髪を洗ってやり過ごそうとするしんちゃん。確かにこの年齢ならまだ後ろ姿では男女の区別は付きにくいかも。様子を見に来たみっちゃんも全く気付きません。ふたばがSSS隊の服を更衣室で発見しますが、男子達が服をちゃんと隠したのに対して無防備なSSS隊。きっとしんちゃん以外の男子が入ってくるという可能性を全く考えなかったのでしょう。千葉氏が覗きを決意しなかったら今頃群れなす男子の毒気にあたって全員「体が腐る・・・」とうめきながら浴室に横たわっていたに違いありません。全裸で。

 念願のお風呂タイム。このページの肌色率(白黒ですが)の高さを待っていました。ふたばを除いてみんな髪をまとめているところが女性作家たるのりお先生のリアリティですね。吉岡さんを最前列に持ってきて下さってありがとう・・・ありがとう・・・。そして以前も吉岡さんが話題にしていた「どこを隠すか」が一人一人ちゃんと違います。隠していない人はちゃんと隠れる計算された構図もいい。ふたばは同級生であってもおっぱい狩りに余念がない徹底ぶり。しかしそれは未来の夫であるしんちゃんのものでした。しかしふたばの判断は単に有無だけにしかないのですね。しんちゃんはこの時点では救われています。

 そんな中、一人火を焚く三女さん。ホテルで火を焚くなど言語道断ですが、確かに露天風呂なら火災報知器も無いはず。しかし夜に煙が見えるのか。それともまだ夕食前の夕方の時間なのでしょうか?背景に星が描いてある所を見ると夜中と考えて良さそうですが・・・しかし、この煙が千葉氏その他をいぶし出す事に。突如沸いて出た男共。彼らはこの瞬間まで堪能していた訳で、目的を既に達成していたのですよね。そんな中畳みかけるように風呂中から出現するおがちん。入浴開始10分前から作戦行動を開始していたSSS隊。彼らも全く千葉氏と同じ発想で入口の暖簾を入れ替えていたという事実。暖簾の高さから見て実行犯は加藤さんだったのではと推定されます。そしてその自分たちまで巻き込んだ変態活動をそこまで問題にしないみっちゃんと杉ちゃんは既に慣れっこなのですね。

 愕然とする逃げ遅れたしんちゃん。元々ここが男湯だったのであえて入っていたわけですが、その前提が崩壊した今、彼の変態歴に新たな1ページが付け加えられるのはもはや不可避。そんな中、全く意に介す事無く残り二人を探して次なる作戦を練りたいおがちん。まったく懲りていません。おがちんがおそらく加藤さんだと考えて手を引っ張った人物はしんちゃん。間違いなくこれは全身を見てしまいましたね。室内風呂には加藤さん、サウナには詩織様がそれぞれ潜んでいたその前で大抜け駆けを果たしたおがちん。どうやらこの後意識を失ったようですが、発見されたはずのしんちゃんの運命は・・・そしてまだまだ遠くの山中から絶叫と煙(見えるのか!?)を発見したさっちゃんは無事ホテルに戻れるのか。

 このままだと半年くらいかけないと上尾に戻れない気がする修学旅行編。夜の枕投げとかコイバナとか廊下に正座とか色々描くべき事が山積みに思えるのでどうかぜひじっくり時間をかけて頂きたいと切に願う展開です。 
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ