Made in USSR bis

別冊少年チャンピオン絶賛連載中のマンガ「みつどもえ」およびChampionタップ!で連載中の「ほぼ週刊みつどもえ」についてご紹介しております。更新は発売翌日または毎週木曜日を目標にしています(最近守れてません)。

ロロッロver.8.0 それ先々週のやつだよ!! / わっ・・・私の股間ももぞもぞしてくれ・・・!!

171116blog

ネコ型バッテリーマシンの最期

 あの後、追われた
ネコ型ラジコンは壁際に追い詰められてポリスさんの尻圧によって絶命したのではないかという想像図。ある意味幸福な最期とも言えるでしょう。爆発していないといいけれど。
 今回はのりお先生もご愛用のCLIP Studio for iPadで描いてみました。のりお先生と同じ環境を手に入れられる幸せな時代。
そう、iPad Proならね(ダイマ)

 短期集中連載時代から読者のハートを鷲掴みにし続けている、作中で間違いなく最もダメなあの人がver.2.0以来の登場です。今回はポリスさんのダメさ変態さが大爆発で大満足。今週も挑み続けているロロッロ、安定のヤバさです。

 教室での平和な時間をかき乱す博士からの通信。何と昨晩博士はイチカの充電を忘れて寝落ちしてしまったとの事。イチカも学校生活を送れるくらいの性能があるなら自分でプラグを繋げばよいと思うのですが、意識が無く腕の外れた状態?で色々ケーブルが接続されているところを見ると、メンテナンスをしつつ充電する仕様なのかも。てっきり短期集中連載でちとせが準備してくれた布団で寝ていると思ったら、やはりイチカを動かし続けるには博士の力が継続的に必要なようです。

 博士自らが学校に来て充電してくれるとの事ですが、イチカの反応は父親が学校に来ると知らされた年頃の娘そのものですね。博士も鉄仮面はともかく普通に服を着ればいいだけなのに。しかし、イチカが懸念するのもやむを得ないところ。博士の正体を暴こうと虎視眈々なポリスさんの存在があればこその心配です。

 しかし噂をすれば影。中学校にむき出しの拳銃を握りしめて突入してくるポリスさん、危険過ぎる。そしてスタイルが良すぎる。よいおみ足ですこと。
てっきり学校内のSNSの書き込みとばかり思っていたピポによるイチカを騙った首相官邸爆破予告ですが、ちゃんとポリスさんの耳にも入っていたのです。イチカの「先々週」発言がややメタっぽいのではありますが、作中でも実際に2週間前の出来事だったとも解釈できますね。イチカのポリス出現の報を受け、バッテリーを搭載したラジコンが博士の代わりに出動となります。差し迫った命の危険がありますから仕方の無い事です。

 令状なしで学校に乗り込んできていきなり尋問を始めようとするポリスさんは一郎太どころではないヤバさです。早速アイコンが一致するイチカが対象になりますが、ちょうどバッテリーの残量が無くなりタイミング良く?悪く?倒れ伏すイチカ。ちとせもうみちゃんも驚愕の展開です。首の脈拍や心音を確かめようとするポリスですが、当然何もなし。体も冷え切っているはずですが、普段動いている時は体温程度の熱は持つのでしょうか?とりあえず「死んでいる」としか言えない状態のイチカにさすがのポリスさんも慌てふためきます。「警察を呼んでくれ」と言われて「あんたよ!?」と思わずつっ込むうみちゃん。

 SNSでの爆破予告からイチカ殺人事件へと急展開する今回の事件(ヤマ)。その場に伏せさせられるみんなですが、最期に接触したのが自分である事をさらにうみちゃんにつっ込まれ、自分も床に伏せようとするポリスさん。さすがのうみちゃんもツッコミの限界です。そこに現れた一匹のネコ。前回の手抜きマシンとは違ってちゃんとネコのボディを与えられた博士謹製のバッテリーマシン。コンセントはイチカの「下半身」にあるそうで・・・さすがだな博士!!しかしなぜか全員床に伏せている異常事態。ネコの視点の高さではこうなると誰が誰だか分かりません。とりあえず片っ端から女子の下半身に充電を試みるローラー作戦です。

 まず下半身をもぞもぞされたのはうみちゃん。何とも性的な大コマです。最近うみちゃんが可愛く思えてきた者としては嬉しい絵面。とりあえず次々に女子の下半身に潜るネコ型メカ。博士は博士なりに真剣な訳で、まあ不可抗力でしょう。ようやく探し当てたイチカの下半身ですが、特にきわどいポーズになる事もなく(ヒゲも刺さっているようには見えませんが・・・)、無事に充電完了です。意識を回復したイチカが見たものは・・・

 ネコちゃんとペロペロしたりナデナデすることを無上の喜びとするポリスさんのあられもないM字開脚。あああこれがロロッロです。ドキドキしながら「わたしの股間ももぞもぞしてくれ」ですってよ奥様!!イチカの回復に安堵するクラスメイツ。そしてちとせの目からは大粒の涙が。状況が全く把握できないイチカ、顔を覆って嬉し泣きのちとせ、そして現場を放棄して猫ちゃんを追って駆け出すポリスさん。このカオス。ロロッロ面白すぎる。

ロロッロ ver.7.0 ロボさんはアホまぬけ/・・・元気になれるクスリあるんだけど・・・どう?

171109blog
イチカ的ちとせプロジェクター活用法

 森繁博士製のプロジェクターが投影するちとせがあまりにも天使なので、こうやって使えばイチカにも幸せになってもらえるのではないでしょうか。うみちゃんに与えると間違いなく1週間は家から出てこなくなると予想されるので、いつか試してみたいところです。

 初等部1年から盟友戌井うみこと共に貫き続けるちとせのぼっち道ですが、決して周りはそれを良しとはしていませんでした。最終解決を目指してお友達ロボのイチカの誕生に至るわけですが、それ以前にもパパの試行錯誤は続いていたのです。技術は優れているのに、その使い方がいつもややずれているのは今も昔も変わらない森繁テクノロジー。

 その新旧のちとせ救済メカが学校の廊下で遭遇を果たします。1コマ目、とても違和感のある構図です。イチカはいいとして、ニコニコ微笑むなんだかいつもより小さなちとせ。そして2コマ目の満面の笑顔での挨拶!まさに天使!天使ですよこれは!ぼっちだったちとせが浄化され、本来の明るい自分を取り戻した・・・と思いきや、その横に並ぶ
表情の乏しい見慣れたちとせ。ニコニコ顔と並べると際立ちますが、なんだか姉妹にも見えるコマですね。

 すぐにプロジェクターに気付くイチカですが、森繁博士の投影好きは以前からだったのですね。おそらくこの機械が完成した時にはイチカの製作には取りかかっていたと思うのですが、この投影技術はイチカにもプロジェクションマッピングとして盛り込まれています。なるほどと言いながらリアルちとせの方の胸を平面と言いながら揉みしだくイチカ。触りたかっただけ!!という言い訳にならない言い訳がイチカらしい。

 ちとせからのイチカの呼び方は一応「ロボさん」である事が分かりました。「あまりに呼びかけないため、馴染みがない」という解説文のシュールさよ。ダンスの時といい、意外に口の悪いちとせです。でも満面の笑みを浮かべたちとせに「アホまぬけ」呼ばわりされたらイチカもどう反応して良いか分からないでしょう。投影ちとせが着ているのは初等部の制服でしょうか。髪も今よりちゃんと短かったりして、細部をおろそかになさらないのがのりお先生らしさです。

 投影されるちとせの像ですが、森繁博士の作品ですからプロジェクターでありながらちゃんと立体に投影され、音声も自然なのでしょうね。数年前に作られながら今日までお蔵入りしていたこのプロジェクターはなぜ今日使われたのか。おそらくイチカの存在がちとせに少しずつ積極性を与えつつある証拠なのでしょう。早速イメージアップ大作戦!と張り切るイチカですが、ちとせからは「ダウンしていない」との鋭いツッコミ。思わず言葉に詰まるイチカ。

 早速誰に話しかけるか、ですが。まずうみちゃんを選ぼうとするちとせ。しかしうみちゃんとは既に普通に話せています。それよりちとせといない時のうみちゃんの孤独さがヤバイ。能面のような無表情でPCのモニターを見つめているだけ。たしなめるイチカの言葉を受けて、次に選んだのが先生。うみちゃんと先生だけがちとせの世界だったという事ですね。

 そんなちとせがパパに貰っていたのが「元気になれる+恥ずかしくなくなるクスリ」。イチカもさすがにこれには真顔で制止します。やばいヤバイよ森繁博士。一体どんなクスリなのやら。イチカに毒味を要求するちとせですが、これを飲んでしまったらどうなるかは正直興味津々ではあります。そもそもイチカには作用しないのではという気もしますので、やはりここはうみちゃんに・・・

 プロジェクターの方がはるかにマシだと気付いたイチカ。ようやく「ヒエラルキー上位っぽい女子」たちに向けて作戦開始です。ちとせも特に嫌がったりはしないのですね。「まあいいでしょう」の他人事感がすごい。とりあえず投影開始ですが、そもそもみんな気付いていません。面と向かわなければ焦ったりせずに話せるだろうというのがこの機械のコンセプトだと思うのですが、いざ気付かれると途端に他人と話す事なんか無い事に気付かされるちとせ。とりあえず博士のクスリをカジュアルに勧めてみたりなんかしちゃったりして。

 とりあえずレスキューしようと頑張るイチカですが、人見知りはしないもののメカに弱い高性能ロボ。いつのまにかちとせと立場が逆転してたりするわけですが、何とか出力したと思ったら壁一面のちとせが不気味なメッセージを呟くまさかのホラーに転換してしまう大技となってしまいます。この投影されたちとせはちゃんと壁の凹凸に応じて変形させてあって、インパクト大なコマとなっております。机のならんだ間違いなくめんどくさいシーンですが、のりお先生の環境のデジタル化の恩恵を感じる構図ではないでしょうか。結局輪に入るどころか教室のみんなをパニックに陥らせる結末となりました。イチカの必死な「悪い機械だなーっ」がいいオチとなっております。見えてはいませんが、うみちゃんは周りに気付かずPCをポチポチやっていそうですね。

ロロッロ ver. 6.0 犯罪予告してる!!/戌井さんフォロワー3か・・・

171107postcard_scan_toblog
君は出したか!?私は出した!!(〆切り当日に)

 こういうのは大抵
応募を忘れてしまうのですが・・・せっかくのみつどもえとロロッロのコラボグッズでしたので、両作品のヒロインそろい踏みという事にしてみました。みつどもえは「ちょっと愛情過多な眉毛ガール」吉岡ゆきの眉毛力を巡るファンタジー、そうだね?(歴史の恣意的な改竄)ブログ関係のお絵描きは全部iPadProでやっているので、久しぶりに水彩絵の具で塗り塗りするのは楽しかったです。もう〆切りは過ぎましたが応募券だけちょっとぼかしてあります。

 ようこそパソコン部へ!!うみちゃんのキリッとしたドヤ顔が眩しい今回。パソコン部の部室と思いきや、そこはいつもの教室。あれだけアピールしていた割には何だかしょぼい展開になっております。オンライン上での部活なのか。しかもイチカは単に学校のSNSをやりに来ただけという。うみちゃんもガッカリです。

 イチカ自身がコンピュータ技術の粋を集めた人工知能であるはずですが、うみちゃんのPCをブルースクリーンに変えてしまうベタな展開に。うみちゃんも顔面ブルースクリーンです。そう、森繁テクノロジーならね。そんな不甲斐無い姉ロボに背後から忍び寄る同じく森繁頭脳を搭載した小堀ちゃんのスーパーピポ。同じ森繁テクノロジーなのにこうも能力が違うのは、やはりイチカはちとせの友達役として人間性部分に大きくリソースを割かれているからなのでしょうか。ピポも無能を装ったり色々腹黒機能は豊富ではありますが・・・

 小堀ちゃんはピポを通じての投稿を披露。今のピポの能力をもってすれば極めて低レベルな機能にすぎません。イチカのアカウントを作ってくれと本人に頼まれれば、本人の写真を元にアイコン画像をパンキッシュに瞬時に改変の上犯罪予告を投稿してしらばっくれて見せるレベルなのです。何と邪悪な高性能。これがTwitterとかだと即警察が動いてしまう昨今ですが、多分学内限定のサービスなのでセーフなのでしょう。イチカのIDも@ichika_korosuとひどいぞロボ!

 その会話を腕時計インターフェイス越しに聞いていた森繁博士。どうやらイチカは単体でネットにアクセスできるようです。腕時計のボタンを押して強く念ずるだけで投稿できてしまう便利機能。投稿内容が「強く念じる」なのがいいですね。PCレスの投稿にうみちゃんも不思議がりますが、やはりイチカがロボだとは本当は信じていないのですね。さっそくうみちゃんのアカウントをフォローしようとするイチカですが、そのFF率=1203/3を見て愕然とするイチカ。そしてイチカが思った事がそのまま投稿されてしまう不都合現象が発生し、うみちゃんを壮絶にディスってしまいます。涙を溜めて食ってかかるうみちゃんが駄犬かわいい・・・

 この3人はパソコン部の精鋭だと必死に説明するうみちゃんですが、ハンドル名が「ワンワン」「いぬ美☆☆」「ちわわ♡♡」というダメっぷり。直ちに複アカをイチカに見破られますが、またしても思った事が直ちに投稿されてしまってこちらはこちらで大慌てなイチカ。うみちゃんはパソコン部の実態が白日の下にさらされて打ちのめされてしまいますが、その時天使の音が。何と宿敵ちとせがアカウントを作ってすぐにうみちゃんをフォローしてくれたのです。ぼっち友の暖かさにほろっと緩むうみちゃんの涙腺。とりあえずフォロワー獲得対決の開幕です。ちとせのアイコンも結構ひどくないでしょうか。

 イチカのそんな事してないで仲良くしようよは読者の総意でもあろうと思いますが、余計な「ボッチ同士なんだから」が投稿されてしまって極めて立場の悪化したイチカ。ボッチ二人の殺意の視線がイチカに刺さります。でもイチカの言う通り実質親友ですよねこの二人。イチカの本音ぶっちゃけ投稿はどうやら投稿機能を「ボタンを押し続けながら念ずる」と誤解したゆえの悲劇だったようです。あとイチカの腕時計が時々消失するのは先生の描き忘れかな・・・?

 そんな中、消されたはずのイチカの爆破予告のスクリーンショットががちとせのアカウントで投稿されます。邪悪な弟の仕業!ピポにアカウントを作って貰ったイチカとちとせはすぐにアカウントを作り直した方がいいと思います。すぐにハッキングされてしまいそうですが・・・。今回はのりお先生のこれまでのTwitter体験が大きく生かされたロロッロならではの回だったように思います。そしてこういうのって時代のタイムスタンプになって、数年後に読むと懐かしくなるんですよね・・・。杉ちゃんの折り畳み携帯みたいに。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ