ef8cf692.jpg
「椅子」

ビバ花見。ビバ狭いレジャーシート。今回あと2Pあれば間違いなくこの二人はこうなっていた筈。この後は当然「はい、あーん」になる訳で、人生って素晴らしい。

みつどもえ226卵性 桜の木になる

大震災と電力不足から東京の方では花見自粛のニュースが流れてくる今日この頃。確かに自粛を強要されなくても、無惨に傾いた日本の未来を思うと外に繰り出してお酒を飲もうという気分になりにくくはあります。おまけに冬の寒さも手伝って桜の開花まで遅れ気味の今春。しかしどんなに辛くても日が巡れば空気は温み、桜のつぼみがこぼれるのも世の必定。せめてみつどもえの中だけでも満開の花を楽しみましょう。今回はお花見回です。

昨年は杉崎家で陰謀渦巻く(杉ちゃんに限る)大花見大会が催され、スピーカーが不自然に爆発する中ついには桜の根元から何かが蘇ったりしていましたが、今年はその余波を受けて公園での花見になりました。花見といえば場所取り。職場であれば新人さんの初仕事だったりする所もあったりするようですが、丸井家の場所取りは長女たるみっちゃんの任務。パパの姿がありませんが、パパ一人でレジャーシートの8割を埋めてしまいそうなので遠慮したのか、はたまた仕事か。その点みっちゃんは体積の割に重さもあって最適です。しかし場所をほったらかしてのこのこ自販機で飲み物を買っているみっちゃん。咎める二人にお菓子の空袋を代わりに置いてきた、と言うみっちゃんですが、場所に戻るとなぜか弁当ガラなどがうず高く積み上げられてしまってゴミ捨て場に。みっちゃんが置いた空袋が呼び水になっちゃったのかと思いきや、ご丁寧に「ゴミ捨て場♡」の札が。現れたのは麻里奈ママと杉崎姉弟。「きぐうー♡」と言いながら手にマッキーを握り締めているママ。わざとらしく隠しますがさすがのみつごもげんなりです。どこまでみっちゃんが好きなのか麻里奈ママ。

かくして自分たちの場所にみっちゃん+αを誘い込むことに成功した麻里奈ママ。その上偶然会ったはずなのに「みつばちゃんのために」料理を山盛り用意している怪異。そして杉崎家であればテニスコートくらいのレジャーシートを用意して場所取りしそうなものですが(迷惑だからそんな事はしない?)、ごく普通のサイズというか明らかに狭い。二重三重の罠を駆使してついに麻里奈ママ、みっちゃんを膝上に捕獲成功です。もはや軍師としか言うほかはありません。そして分かっていても座ってあげるみっちゃんの心意気。そう。今回はみっちゃんが心意気を見せまくります。

みっちゃんを膝上に座らせて「エコノミークラス症候群になっちゃう~」と喜悦の声を上げるママ。みっちゃんは座り心地が悪いと言いますが、麻里奈ママ椅子はおそらく天国級の座り心地のはず。自分を執拗に狙う友人の母でなければ、の話ですが。それを横目に、龍ちゃんは憧れの三女さんにアタック。背中ぽんぽんはここに座れ?意外とマゾ?と思いきや、ガチレンごっこだろうと思って蹴りを入れる三女さん。龍ちゃんもなかなか素直ではありません。ひとはの膝に座りたいならそう言えばいいのに。そして残された杉ちゃんとふたば。みっちゃんの背中に押し当てられている麻里奈ママの胸をうらやむふたばは杉ちゃんを完全にスルー。杉ちゃんは猛抗議しますが平面は相手にしない非情なふたば。

満腹になったみっちゃんですが、自分のために用意された料理のせいで後から来る吉岡さんと宮下さんが座れないと知ると、猛然と掻きこむ心意気。少食と言われて「誰が見た目相撲取りよ!」のノリツッコミがみっちゃんにしては珍しく自虐的。見た目・・・はそんなでも無いと思うんですが、先週も幅が広い呼ばわりされていましたね。「なんとかさんらは立たせておけばいいよ」とややアレな形でみっちゃんを気遣うひとは。そう。こっそりお弁当を用意してきていたのでした。麻里奈ママに遠慮して言い出せなかった所がひとはらしい所。しかもみっちゃんのキャラ弁です。何という妹心でしょうか。後で自分で食べると言われても、ここで食べなくては姉がすたると泣きながらねじり込むみっちゃん。しかしもはや嚥下できないみっちゃん。てんむす的には噴門括約筋が開くのを拒否してしまった状態でしょうか。大食いの道はかくも厳しい。

みっちゃんは頬袋にひまわりの種を溜め込みすぎたシマリス状態で固まっています。そこにタイミング悪く到着する吉宮二人。ひとはの気持ちを無にすまいと必死のみっちゃんに救いはあるのか!?

 他の週刊少年誌三誌に続き、チャンピオンもウェブでの誌面無料公開(しかもビュワー不要の太っ腹)を決めました。編集部の英断に拍手を贈りたいと思います。