150116blog

繋がっているふたば

ふたばが繋がっていたいのはパパとしんちゃんだけのような気がします。特に外の世界に興味があるようでもなくて、ふたばにとってのコミュニケーションって一体何でしょうね。「小生電話使わないよ」、は結構怖いセリフに聞こえてしまうのですが考えすぎでしょうか? 

皆様お繋がりでいらっしゃいますか。
遠目には見分けのつかない手の中の平たい板がそろそろ空気に近いものになって来てしまった今日この頃ですが、人間、別に産まれた時からスマホを握っているわけでもなく、成長と共に好奇心や必要にかられてネットワークに取り込まれていくわけです。iPhone3Gが日本に上陸したのが2008年。みつどもえは2006年スタートですから、9年たってようやく丸井家にスマホがやって来ました。

携帯を欲しがっていたのは主にみっちゃんとひとは。みっちゃんはとにかく周りに感化されやすいし、ひとははガチレンやエロだの集めたい情報がたくさん。前回ではチクビ情報を拡散したくて矢部っちのiPhoneを無断で持ち出したり、持っていなくても既に使いこなしていて準備完了状態です。そんな二人の前に置かれた一台のスマホ。タイトル画からしてAndroid機のようです。残念ながら機種は私には分かりませんが(追記)、経済力から一台になった、というパパの説明からも高い最新機種ではなさそうに思えます。

購入のきっかけはひとはの一言。おねだりが過ぎて飽和していそうなみっちゃんとは違って、「あの」ひとはの「繋がりたい」というおねだりは明らかに重みが違う!そんなおねだりをしておいていざ目の前にすると「拾ってきたの?それとも盗ん・・・」はひどい!ひどすぎる!しかし、さすがパパ。あえてふたばに渡す事で二人をがっちり牽制する策に出ました。圧倒的なふたばの物理力の前にはいかなる抗議も風のそよぎほどの意味もありません。

かく言うふたばも電話は使わないと言いながら、106卵性のうんこ師匠回ではカジュアルにしんちゃんに
電話でうんこ自慢をしていたので、実際はどうなんでしょう。今回は叶いませんでしたが、もしスマホに慣れたらしんちゃんとパパにかけまくりそうな気もしますね。仕事中もお構いなしに。 

かくしてふたばが持つ事となった3人の携帯。みっちゃんは早速見せびらかしに走りますが、ふたばの胸を見せびらかす結果に。ふたばは胸が全開になっても恥ずかしがらないのですね。あんな薄着で今さら寒いもなにも無さそうなものですが・・・。かくして携帯と無縁なのは宮ちゃんだけになりました。宮下さんも持ったら「あたし情報」をゴリゴリ送って嫌がられそうではあります。多分文字に残らないコミュニケーションじゃないとダメなタイプなんでしょうね。あと吉岡さんの携帯がいつの間にかiPhoneに。じゅんじい先生の印税はまだまだ豊かに吉岡家を潤しているようです。

さて、早速ひとはに訪れたスマホカメラ活躍のチャンスですが、肝心のふたばが男子共とおっぱい談義に花が咲いてなかなか借りられません。そんな中みっちゃんは全く意に介さず場の空気をさらっと盛り下げておきながら、いざ使うとなると大してメールで送る用件もない事に気付きます。我が意を得た宮下さんもここぞとばかりにドヤりますが、確かにコミュニケーションを直接取れるのなら必要ないのですね。

ここでふたばに尿意が襲いかかります。ここからはイッツァニョウタイム。ひたすら尿意に耐えるふたばを楽しむ時間です。壊してしまうから触るなというひとはの言葉の呪縛がふたばを苦しめます。持たずにさわればしゃがんだ時に携帯はトイレに水没してしまう。何とか二人のどちらかに持っていて貰った状態で用を足すにはどうしたら良いのか。この時「カバンにしまう」「預ける」等の選択肢はないようで、とにかく自分が用を足す間に自分の傍らで電話を使ってもらいたいふたばさん。この辺の融通のきかなさは何なのか。

まずはみっちゃん。ふたばの祈りも虚しく、みっちゃんは既に完全にスマホに飽きています。宮下さんが言うように、みっちゃんが求めているレベルのコミュニケーションは直接会って話している時点で既に満たされているのです。わざわざ教室に戻りチクビに最後の望みを托そうとするふたば。自分のランドセルにしまうか誰かに持っていて貰えばよいものを、絶対触れないと決めてしまっているのでどうしようもありません。チクビをエサにひとはを呼ぼうというやや迂遠に思える作戦。 

しかしチクビの寝相は肝心なひとはではなく、クラスのみんなをトイレに集めてしまって絶体絶命のピンチに。肝心のひとはは謎のこだわりで思ったように乗ってはくれません。ついにふたばの膀胱がタイムアップ。スマホの水没や放尿の恥を捨ててしゃがむふたば。いきなりそこまでやるか、というこのシーン。しかも演技派のチクビがスマホの水没を防ぎながら会心のポーズ。放尿シーンを背景に大撮影会となる一部の人を喜ばせそうな展開へ。しかもその写真が世界に拡散されてしまうという悪夢の展開に。そもそもスマホが欲しくも何ともなかったふたばには完全なとばっちりでした。

みっちゃんは完全に興味を失ったようで、スマホはひとはの管理下に。しばらく6-3はハムスター画像のスパムメールまみれになりそうですが、それでも当初のひとはを思うとみんな苦笑いしながら見てくれそうな気がします。杉ちゃんと熱い豊胸トークを繰り広げたりして、やはりスマホを持つべきはひとはなような気がします。 

*追記
タイトル画のAndroid機について京セラのHONEY BEE 101Kだというご教示を頂きました。女の子向けのスマホだったんですね。「女の子の毎日を楽しくするキラ☆カワ♡スマホ」!パパが購入する時に通報されなかったか心配なくらいかわいい。チカラさんどうもありがとうございました。