170416blog2

栗山っちの扱い方を思い出すためにはまず栗山っちを思い出さなくてはならない

栗山先生お久しぶりです!本格的な登場は75卵性ぶりだった模様
(訂正#170417:taraさんよりセリフ付きの登場は276卵性(15巻)とのご指摘を頂きましたので削除の上訂正します。多謝です。矢部っちを映画に誘っていたんですね・・・)。最近見ないなとは思っていましたが、まさかそんなに前だったとは。今や海江田先生にすっかりポジションを明け渡して長いですが、どっこいまだまだ元気です。

 楽しい修学旅行が始まりました!
 日光方面2泊3日という事で、やって来ました華厳の滝。旧制一高の藤村さんの謎ポエムのせいで自殺の名所となってしまった華厳の滝で、早速あの方が行動開始。あれだけ班分けで周囲を振り回したさっちゃん・・・そんな事も無かったかのように単身駐車場から滝壺まで瞬間移動。切り立った地形でそこそこ距離もありそうですが、三女さんがスマホを構えた時には白装束で滝に打たれている(滝の落差97m、打たれたら常人は死んでしまう、常人ならば)という音速ぶりです。

 さて、三女さん撮影の滝に写り込んでいたさっちゃんの姿。目の前で撮影された心霊写真に心底怯えるみんなの元に追い打ちをかけるようにさっちゃんからの通信が。心臓が止まるようなタイミングの良さはさっちゃんの才能の賜物でしょう。そして「松岡特派員」って・・・誰も派遣してないよとみんなが思ったはず。バスの出発の時間になってしまって焦る三女さんですが、さっちゃんは「調査する予定☆」だそうで。そのまま残留を宣言。しかしそんな事が可能なのでしょうか。

 仕方無くバスに戻ったみんなですが、何とさっちゃんの席には雑なさっちゃん人形(巨大数珠つき)が身代わりに鎮座して入るではありませんか。さっちゃんの今回の行動は単なる思いつきでは無く周到に用意されていた事が分かります。状態を確認しに来た矢部っちが「起こすと面倒」と言われてそのまま引き下がるのは教師としてどうかと思いますが、さっちゃんだしという気もしますね。海江田先生に「生徒を信用してますから!!」と言い切るほどには松岡さんは信用されていない気もします。この時点で正直に松岡さんの出奔を申告する機会は失われてしまいました。割といつもの事なので、宮下さんの「松岡なら大丈夫じゃないか?」もやむなしです。とりあえず死んだりはしないという謎の安心感があります。

 次はおそらく修学旅行の大本命である日光東照宮。三ザルの前で記念撮影するおで子組。おで子さんの舌がかわいいですね。さっちゃんは三女さんのスマホ経由で割と気のない鑑賞。本当にあの組み分けは一体何だったのか。さっちゃんはさっちゃんでちゃんと首つりロープを発見したりと着々と調査している様子。その無惨な写真にチーム杉崎が三ザルと化しています。テレビ電話だから「聞かざる」もアリな所がよく練られていますね。

 さっちゃんを残してホテルに到着。みんなでガードしながらニセさっちゃんを運搬します。背負わされている宮下さん可哀想すぎる。しかし、何とか誤魔化して運び込みに成功。ホテルに自力でたどり着くはずのさっちゃんですが、しれっとテントを立てて火に当たっているではありませんか。というかこの引きの絵はさっちゃんがわざわざスマホを設置して写しているんでしょうね。椅子まで持ち込んで野宿する気満々だった様子。

 そこに入ってくる保健の先生栗山っち。具合が悪ければ来るのは確かにこの人です。ああ懐かしい。何となく胸回りが成長かつ重力に負けているような。絵に描いて額に入れたようなピンチ到来。みっちゃんの栗山っちの扱い方を思い出せという言葉で三女さんがナイスプレイ。とりあえず触覚とか温覚とかを栗山っちに求めても無駄というか何というか。思えば鴨橋小の教員の中で一番何も出来ないのはこの人なのかも・・・このザルぶりでは次の登場は200卵性後でしょうか。

 生徒の確認は人任せにはしない、という意味では立派な矢部っち。今回は完全なるピンチ。何とか押しとどめようとする三女さんの奮戦も虚しく、ニセさっちゃんの布団に手がかけられます。そこに響き渡るさっちゃんのエロ音声。山中のさっちゃんが霊に見つけて貰うために発した音声がギリギリの所で矢部っちを押しとどめます。おそらくそこに栗山っちがいなければ矢部っちは構わず布団をめくった筈。矢部っちの下心が事態を救ったのかさらに悪化させたのか。とりあえず教師としてそれでいいのかという疑問は残りますが・・・

 未練たらたらのさっちゃんをとにかく呼び戻そうと必死の三女さん。しかし電波は無情にも・・・どうなる修学旅行! いくらさっちゃんが健脚でも滝からホテルはそこそこ距離があるのでは・・・。

 考えてみるとみつどもえでここまで場所が特定可能な回は無かった気がします。これでやっと真の意味での聖地巡礼、鴨橋小学校修学旅行コースを体験できる事になります。さっちゃんコースは難易度高そうですね。なお、ホテルの外観と合致する実在のホテルは自分が探した限りでは見つかりませんでした。のりお先生の取材が泊まりだったのかどうかもありますが、ホテルまで分かれば夢が広がります。