171116blog

ネコ型バッテリーマシンの最期

 あの後、追われた
ネコ型ラジコンは壁際に追い詰められてポリスさんの尻圧によって絶命したのではないかという想像図。ある意味幸福な最期とも言えるでしょう。爆発していないといいけれど。
 今回はのりお先生もご愛用のCLIP Studio for iPadで描いてみました。のりお先生と同じ環境を手に入れられる幸せな時代。
そう、iPad Proならね(ダイマ)

 短期集中連載時代から読者のハートを鷲掴みにし続けている、作中で間違いなく最もダメなあの人がver.2.0以来の登場です。今回はポリスさんのダメさ変態さが大爆発で大満足。今週も挑み続けているロロッロ、安定のヤバさです。

 教室での平和な時間をかき乱す博士からの通信。何と昨晩博士はイチカの充電を忘れて寝落ちしてしまったとの事。イチカも学校生活を送れるくらいの性能があるなら自分でプラグを繋げばよいと思うのですが、意識が無く腕の外れた状態?で色々ケーブルが接続されているところを見ると、メンテナンスをしつつ充電する仕様なのかも。てっきり短期集中連載でちとせが準備してくれた布団で寝ていると思ったら、やはりイチカを動かし続けるには博士の力が継続的に必要なようです。

 博士自らが学校に来て充電してくれるとの事ですが、イチカの反応は父親が学校に来ると知らされた年頃の娘そのものですね。博士も鉄仮面はともかく普通に服を着ればいいだけなのに。しかし、イチカが懸念するのもやむを得ないところ。博士の正体を暴こうと虎視眈々なポリスさんの存在があればこその心配です。

 しかし噂をすれば影。中学校にむき出しの拳銃を握りしめて突入してくるポリスさん、危険過ぎる。そしてスタイルが良すぎる。よいおみ足ですこと。
てっきり学校内のSNSの書き込みとばかり思っていたピポによるイチカを騙った首相官邸爆破予告ですが、ちゃんとポリスさんの耳にも入っていたのです。イチカの「先々週」発言がややメタっぽいのではありますが、作中でも実際に2週間前の出来事だったとも解釈できますね。イチカのポリス出現の報を受け、バッテリーを搭載したラジコンが博士の代わりに出動となります。差し迫った命の危険がありますから仕方の無い事です。

 令状なしで学校に乗り込んできていきなり尋問を始めようとするポリスさんは一郎太どころではないヤバさです。早速アイコンが一致するイチカが対象になりますが、ちょうどバッテリーの残量が無くなりタイミング良く?悪く?倒れ伏すイチカ。ちとせもうみちゃんも驚愕の展開です。首の脈拍や心音を確かめようとするポリスですが、当然何もなし。体も冷え切っているはずですが、普段動いている時は体温程度の熱は持つのでしょうか?とりあえず「死んでいる」としか言えない状態のイチカにさすがのポリスさんも慌てふためきます。「警察を呼んでくれ」と言われて「あんたよ!?」と思わずつっ込むうみちゃん。

 SNSでの爆破予告からイチカ殺人事件へと急展開する今回の事件(ヤマ)。その場に伏せさせられるみんなですが、最期に接触したのが自分である事をさらにうみちゃんにつっ込まれ、自分も床に伏せようとするポリスさん。さすがのうみちゃんもツッコミの限界です。そこに現れた一匹のネコ。前回の手抜きマシンとは違ってちゃんとネコのボディを与えられた博士謹製のバッテリーマシン。コンセントはイチカの「下半身」にあるそうで・・・さすがだな博士!!しかしなぜか全員床に伏せている異常事態。ネコの視点の高さではこうなると誰が誰だか分かりません。とりあえず片っ端から女子の下半身に充電を試みるローラー作戦です。

 まず下半身をもぞもぞされたのはうみちゃん。何とも性的な大コマです。最近うみちゃんが可愛く思えてきた者としては嬉しい絵面。とりあえず次々に女子の下半身に潜るネコ型メカ。博士は博士なりに真剣な訳で、まあ不可抗力でしょう。ようやく探し当てたイチカの下半身ですが、特にきわどいポーズになる事もなく(ヒゲも刺さっているようには見えませんが・・・)、無事に充電完了です。意識を回復したイチカが見たものは・・・

 ネコちゃんとペロペロしたりナデナデすることを無上の喜びとするポリスさんのあられもないM字開脚。あああこれがロロッロです。ドキドキしながら「わたしの股間ももぞもぞしてくれ」ですってよ奥様!!イチカの回復に安堵するクラスメイツ。そしてちとせの目からは大粒の涙が。状況が全く把握できないイチカ、顔を覆って嬉し泣きのちとせ、そして現場を放棄して猫ちゃんを追って駆け出すポリスさん。このカオス。ロロッロ面白すぎる。