image

春の新アニメ 「熱血相撲女装男性化美少女お友達ロボ ロロッロ!!」
 イチカちゃんかイチカくんかで悩む日が来るなんて…でも悪くない。決して悪くないぞ…!イチカくんは基本女性体型なのに胸だけ平らなのが背徳感を煽っちゃってマズいですね。ただでさえお尻が安産型なので・・・パンツは想像ですが、いつものを穿くか博士に借りるか朝にきっと葛藤したと思うので、そこもまた美味しい妄想ポイントだと思います。

 まだまだ続く部活探し編。イチカはそろそろ「自分のロボパワーを見せつけたい」という邪心を捨て、ちとせちゃんとキャッキャウフフな部活に落ち着くか、どうせならたった一人でパソコンに向かっている孤独な魂を救ってあげて欲しいと切に願います。

 それはともかく、まず冒頭はソフトボール部への体験入部風景からです。ユニフォームも凛々しいイチカですが、ボールを投げようとすると投球フォームがなぜかピッチングマシン風になってしまうかなり投げやりな欠点が露わになりました。この辺は森繁博士がスポーツに全く興味がなかったせいなではないかと予想します。とりあえずスポ根には欠かせない「重いコンダラ」を曳いてグラウンドの整地をしているイチカですが、そもそもちとせの気持ちはどうだったのでしょうか。まあ、基本的にどうでも良さそうなのでイチカが引っ張っていくしか無いのかも。

 連載初期に見せつけた圧倒的ロボパワーが、今になって「パワーはまあまあ、瞬発力は人並み」にまで自己評価が下がってきたイチカ。確かに最近空は飛ばないし、水にはそもそも潜れないので、総合すると割と普通の女子中学生レベルなのではと思えてきます。とりあえず力はあるのでウェイトリフティング部を探そうとしますが、普通の学校には無さそうだし、何より絵面的に地味すぎますね。そんな時に押し付けがましく颯爽と出現するのが我らのうみちゃん。お勧めは相撲部。確かにイチカの上げた条件を完璧に満たしてはいますが、相撲スキャンダルが世間を賑わす時期にあえてぶつけて来るのが「挑み続けろ」なロロッロです。

 早速女子相撲のスタイルになっているイチカ。この中学生離れした安定感のある下半身にご注目いただきたい。スパッツにマワシってこんなに素晴らしいものだったんですね。ここでも「少年マンガっぽくて」「設定」「アニメ化目指す」とメタ感バリバリな会話。これがロロッロ的な世界観なのは間違いないようです。覚悟を決めて土俵に上がったイチカですが、さすがの相撲部員達も女子とはがっぷり組めず、相撲になりません。「私の女子力が爆発気味」というイチカのセリフもあながち自意識過剰でもないのかも。男装でもしたら、というちとせの投げやりな一言で男性化改造を決意するイチカ。博士に改造を依頼しますが、とりあえず防水スーツの流用は本人に拒否されました。

 翌朝、相撲部員達を前に深々と頭を下げて謝ったのち、前をフルオープンして平面化した自分の胸をさらし、男子であると宣言するイチカ。胸以外は変わっていないといいながら、下半身も痩せてませんか!?森繁博士!?やっていい事と悪い事があるんですよ!?とりあえず男ならモジモジ不要、がっぷりと四つに組んでのガチンコ相撲開始。ようやく夢にまで見たロボパワー全開です。ついにその強さを証明するイチカくん。そんな中、相撲部の苦境を知り、5連覇に向けて熱い血潮が滾る熱血スポ根少年モードに。

 しかし、そんな少年には刺激が強すぎるちとせちゃんの距離感。自分の何気ない一言に髪まで切ってしまったイチカを憂うそのまなざしに激しく胸が高鳴るイチカくん。君が友達になる前にちとせちゃんに恋人が出来そうだぞうみちゃん!イチカくんはイチカちゃんに戻れるのか!?待て次号!という強烈なヒキの今回。ロボットにとってジェンダーとは、という深い疑問を投げかけてきましたね。小堀ちゃんといい、性別もロロッロの一つのテーマなのでしょうか。とりあえず女子力爆発気味のイチカちゃんの帰還を願うのみ!!