IMG_0306

吉岡さんと宮下さん
 9年間描いてもまだまだ描き足りないのでこれからも続きます

 おかげさまでこの拙いブログも開設満9年を迎えました。2009年4月29日から、みつどもえの最新話を読んだ衝撃を吐き出すために始めた感想ブログですが、内容的に何ら進化しないまま今日に至っております。それでも細々と続けてこれたのは、毎回新鮮な驚きで心を揺さぶって下さるのりお先生と、資料性等一切の価値が無いと分かった上で覗いてやって下さる皆様のお陰です。心から感謝申し上げます。

 みつどもえを始めとして、現在連載中のロロッロ、僕の心のヤバいやつまで、のりお先生のマンガに登場するキャラは誰一人お互いに似ておらず、極端に言えば誕生から死まで想像が出来るほどの独立した個性を持った「人間」として誌面に現れてきます。そんな中で、磁石のようにくっついて離れないのが吉岡さんと宮下さんの2人です。メインのみつごは立場上様々なキャラクターと接近したり離れたりを求められます。この2人はそもそも最初からくっついているので、宮下さんがひとはを追いかけ回してみたり、吉岡さんがひとはと松岡さんを巡って張り合ったとしてもビクともしないのです。なんと祝福された関係でしょうか。

 などという超個人的な妄想と共に読み続けたみつどもえですが、その作品世界はこの瞬間も終わってなどいないのです。読む人それぞれが、自分だけの大切に思える関係性を持てるほどに因果の糸が縦横に張り巡らされたこの世界、作品という形で現れなくなった今は読者一人一人が妄想でもって育んでいく時なのかもしれません。