IMG_0312

うみちゃん「通りすがりのおじさん」にホイホイ騙され記念特別カラー
 自己承認欲求の虜になってしまったうみちゃんを意のままに操るのは、ちとせにとって赤子の手をひねるよりも簡単なのであった…うみちゃんチョロい!チョロ過ぎる!そう、そこがいい!美術部および痴女会入部ももはや時間の問題と言えましょう。

 もはや入り乱れる人間関係によって、何が何だか分からなくなった感のあるちとせとうみちゃんの「どっちが先に友達が出来るか」競争ですが、今のところ美術部入部を果たしたちとせが一歩リードです。美術部でのちとせの立ち位置についてはうみちゃんも既に知ってはいるのでいいのですが、ちとせのアピールが大変にウザいのです。思わず同じ土俵に立ってしまううみちゃんですが、こうなるとちとせの方が一歩上手でさらに煽ってきます。うみちゃんのSNS充もサブ垢で自分をフォローする大変もの悲しいものだったので、煽られるのもやむなしではありますが…そんな2人を平等に黙らせてしまうイチカのさり気ない一言。コミュ力勝負では圧勝のイチカならではですが、この3人はもはやトリオと言っていいですね。うみちゃんはブレザーを脱いでベストに衣替えです。

 とは言え高性能ロボなのにメカはてんでダメなイチカ。いじっていたうみちゃんのiPud Proでうみちゃんが描いた自画像をTwitterに投稿してしまいます。うみちゃんはCLIP Studioで絵を描いているので、1.うみちゃんが描いた絵を「写真」に保存→2.イチカがTwitterで写真アイコンを押す→3.自画像を選択してツイートボタンを押すという一連の流れであったと推察されます。メカオンチが適当にいじって勝手に起こる事とは思いにくいのですが、まあそこはイチカですから。ちなみに今週のメタ発言はちとせの「メカオンチ設定忘れてた」でした。

 本邦初公開のうみちゃんハウスとパジャマうみちゃん!うみちゃんハウスは瀟洒かつ屋根に煙突があったりして、これまたなかなか良いご家庭の娘さんのようですよ。中学生でiPad Proを持っているあたりそんな気はしていましたが…そんなうみちゃんにさらっと金持ち自慢をする小堀ちゃんもやはり相当な富豪の子女ですね。森繁家もお金に困っている様子はなく、みんなゆとりがありそうです。うみちゃんの、スマホを眺めながら朝の歯磨きという超プライベートショット、のりお先生ありがとうございます!下ろした髪とラフな服装もとても良いものです。そんな朝のひと時、イチカに勝手に投稿された自画像が262いいね、フォロワー数も激増といきなりバズり始めたうみちゃん。ついに来たかうみちゃん時代。フォロワー100万人を目指してガンガン描きまくるうみちゃん。この辺のフットワークの良さ1つを取ってもなぜぼっちなのか分からないうみちゃん。

 そんなバラ色のSNS生活に一筋の影を落とす謎の「通りすがりのおじさん」。いつも同じ方向ですねですと!?余計なお世話じゃ!!と割と読んでいるこちらも心を抉られる一撃。ちなみに下の「みっちゃん保育倶楽部」がとても気になります。麻里奈ママでしょうか?無礼かつ図星なコメントに、ブロックしようとして思い留まるうみちゃん。「薄々気づいていたけどその通りよ」という自省があるのがうみちゃんの偉いところ。早速右向き絵を投入しますが、敵もさるもの。直ちに左右反転ですね、だと…言っていい事と悪い事がある事を知らないようですねこやつは…ちなみに今回のブログ絵も左右反転ですが、それは単にうみちゃんを左利きに描いてしまったのを色を塗り始めてから気付いたから、ですからね!!ぷんぷん!

 その後もエスカレートするおじさんのコメントの嵐。「全身を描け」「色を塗れ」「清書しろ」…こんな暴言が許されてよいものでしょうか。しかしうみちゃんは全てクリア!デッサンの甘さ云々を言われれば全裸になってスケッチするまで乗せられています。このおじさん、うみちゃんの性格を知り尽くしているのでは。リアルうみちゃんと自画像うみちゃんの体型の違いが萌えポイントですね。もちろんリアルうみちゃんのが可愛いです。大変素晴らしい。

 直接会おうと言い出すおじさん。これはヤバいパターンではないでしょうか。SNSによる青少年の被害的な意味で。もちろん最初はそんな気は全くないうみちゃんですが、投稿したイラストが「自画像」であると書いたところいいね数が急落。予想外の事態に慌てているところに狙いすましたかのように来るおじさんの誉めコメント。うみちゃんはコロッと陥落です。チョロい。実にチョロい。自画像と書いていいねが減ったのはちょっと引かれてしまったんでしょうね。

 日曜日、おじさんに会いに行こうとするうみちゃんを必死で引き止めるイチカ。美しい友情の形です。もううみちゃんはおじさんに依存しかけていて、これは何としても止めなければうみちゃんがおじさんの餌食になるのは必定。目印のバラの花束を「キモいおっさんセンス」とdisってまで頑張りますが…待ち合わせ場所に花束を持って立っていたのはまさかのちとせ。そう!他人の絵に対しては常に上から目線を崩さないちとせだったのでした。多分若干の嫉妬もあってキツめのコメントを繰り返していたと思うのですが、基本的にレベルの高いうみちゃんがどんどん難癖をクリアしていくのでここまでに至ってしまったようです。

 いつもながらの上から目線でうみちゃんの成長を讃えるちとせ。ついに2人の友の情が始まる…!もう一人の友、イチカはこっそり離脱を計りますが、こういうところは絶対に聞き逃さないちとせに「キモいおっさんセンス」を聞かれてしまっていました。この後3人で遊んだんでしょうね。色々身につまされもしたうみちゃん回でした。やっぱりうみちゃんはいいものですね。構成も見事だったとても良い回でした。これからのうみちとに期待が高まります。