IMG_0444

イチカさん防水ボディ導入記念特別カラー
 ついに念願の防水ボディを手に入れたイチカ。背中に開いた大きな排気孔からの水の侵入による死の恐怖ともついにお別れ。しかしロボである以上、活動に伴う発熱は避けられません。発生した熱は排出しないといけないわけで…となると人体に備わっている天然の開口部(婉曲表現)を使って排気するのが手っ取り早いはず。その結果、お尻の穴から常時排気し続ける事になってしまってオナラの止まらない人になりはしないかという妄想です。ちなみにこの部分で排気する場合は、水に入るときは括約筋に相当する部分をぐっと締めて水の侵入を防げそうなので合理的かも。イチカにとってはスペアボディが手に入った事にもなるので、ネコちゃん型ボディとはお別れなのかな。

 先週合宿が決まったと思ったら、今週直ちに始まるこの進行のサクサクさ加減がロロッロの持ち味です。来たぜ海!ここは高峰家のプライベートビーチなのでしょうか。参加が危ぶまれていたうみちゃんは、部員に貸したiPud Proが壊されないか監視という何とも微妙な理由で無事に参加です。とっとと美ボ会か美術部に入ってしまえばいいのに。しかしiPad Pro(12.9インチ)+Apple pencilで最低でも10万5千円、これが3台なので31万5千円。これを中一の娘に買い与えるうみちゃん家ってブルジョワ過ぎでは…そして腐女子3人組は夏空の下で夏コミの修羅場。どこでも原稿作業が出来るという、ある意味iPad Proの機動力を最大限に生かした使い方かもしれません。

 イチカもちとせも楽しむ気満々です。ちとせに至っては思わず「ウェイ」が口をついて出てくる陽キャ志向ぶり。そしてマリエンヌ会長が登場です。全裸より際どいマイクロビキニ。着ていない方がマシレベルですが、イチカもちとせももはや慣れっこなので、体を覆う布があるだけ普通という感想しか出てきません。常識人ポジションのうみちゃんだけが辛うじて突っ込もうとはしますが、周りはもう無反応。慣れって怖いですね。残りの陽キャ部員たちはビーチバレーでウェイウェイしているので混ざろうとするイチカですが、ちとせもうみちゃんももじもじしてしまってやはり入っていけない。歯がゆいイチカとやれやれな表情の会長さん。まあ初日から陽キャになれるのだったらここまで引きずってこないわけですからドンマイ。

 イチカはイチカで博士に突貫で作ってもらった防水ボディをみんなに見せびらかしたくて仕方ありません。今まで散々裸で抱きあってきた会長さんですが、今までのボディの背中に開いていた排気孔には全く気づいていなかったようです。会長さんが興味があるのは自分の裸を見せることである以上仕方がない…のか?穴が無いと言ったら水着を降ろされて穴を確認されるという何とも挑みの極致な展開ですが、この事によって会長さんが全く違和感を感じないくらいにイチカの下半身はちゃんと作ってある事が判明しました。

 これまでのボディは首に重要部分が集まっているので外せない、という説明でしたが、今回のボディは「不完全体」なのでアラレちゃんチックに首が取れるようになりました。不完全の意味ははっきりしませんが、最低限の機能に絞って発熱を抑え、大きな排気孔を不要とした設計なのでしょうか。多分不必要なパワーを落とし、ジェット噴射による飛行能力などは備わっていないのではないかと思われます。むしろ普通の中学生生活にはこのボディで十分なのでは。

 イチカの度重なるロボアピールはもう飽きられているようで、せっかく首を外しても誰も見てくれません。しかもタイミング悪く陽キャ軍団のバレーボールが外したばかりの首を直撃。転がった首は直立した状態で砂の上に静止し、ようやくちとせとうみちゃんが振り返ります。一瞬でイチカの体が砂に埋まった事に驚く2人。状況を説明しようにも発声機能は体側にしか無いため声が出せないイチカ。とりあえずお約束の恥ずかしい砂ボディをイチカの首につなげ始める2人。美術部らしいとちとせも満足げであります。そんな中、首を探すボディ。脳に当たる部分は体側にもあるようで首とは分離しても機能するようですが、残念ながら視覚情報がない。とりあえず違うと分かっていながらボールを首の位置に載せ、キャップを被ってそれらしい格好になるイチカボディ。

 そんなイチカボディの存在に気づく会長ですが、イチカとは知らずにそのスタイルの良さに惚れ込んで水着を脱がせて入会の勧誘を始めます。何て見境がない…触覚情報は首の方にも伝わってくるようで、身の危険をひしひしと感じるイチカ。そんな中、2人きりで砂の体づくりに励むうみちゃんとちとせ。グラマラスなうみちゃん作のボディに対してちとせの方は貧弱。これは2人の自分の体が反映されているような。これではいつもと変わらないというちとせに「別に良くない?」と応じるうみちゃん。Oh...うみちゃんの本音、いただきました。うみちゃんも海まで来た甲斐があるというものです。

 ようやく首の視界内に来たイチカボディ。全裸かつボール頭で疾走してくるソレはまさに走る悪夢。たまらず逃げ出すうみちゃんとちとせをよそに、ようやく首を体に接続して落ち着くイチカ。陽キャ軍団に痴女襲来を報告するうみちとですが、そこには全裸でくつろぐイチカの姿が。いつもの炉端さんなので何の問題もなし。納得いかないうみちゃんをよそに、ビーチバレーに混ぜてもらえる事になって嬉しいちとせ。まだ合宿は始まったばかりだ!!