IMG_0454
祝!美術部の美ボ会合流!記念特別カラー
 着衣しているのはちとせ1人のみになってしまった合宿1日目の夕食の席。古臭い常識にしがみつくか、解放されてありのままの自分をさらけ出すのかちとせに重い決断がのしかかります。ここでスパッと脱いでしまえば美術部と美ボ会は晴れて一体化。何事もなかったかのように全員全裸での和やかな夕食が再開されるはず。普段なら同調圧力なんか完全無視なちとせも、敬愛する先輩やボッチ親友に全裸で迫られたらいつものままでいられるでしょうか?うみちゃんは脱いだ時点で美ボ会入部決定ですね。良かった。本当に良かった。

 美ボ会+美術部合宿第1日目も陽は落ちて、夕食の時間になりました。いつの間にか外は激しい雷雨。何か事件が起こりそうな予感が漂うきな臭い天気になってきました。ご飯はあおい部長と華ちゃん会長によるカレーとサラダ。やはりここでも部長さんがほとんどやったようですが、今回華ちゃん会長はこの素晴らしい場所を提供したので許されるでしょう。みんな着席してますが、参加者は15人くらい?陽キャ軍団の人数がカウントしきれません。少なくとも5人はいるようですが…それにしても高峰家の別荘の広さは合宿所並みですね。寝室もこの人数分あるんでしょうか。

 待ちに待ったいただきますを言おうとした瞬間、まさかの暗転です。落雷による停電でしょうか。明かりが灯った時、華ちゃん会長がなぜかいきなり一人で全裸に。悲鳴をあげてヘタリ込む華ちゃん。普通なら事件ですが、周囲にとってはいつもの事過ぎて完全にスルーされてしまう悲しさ。なんと暗黒中で誰かに無理やり脱がされたと訴えるではありませんか。疑う皆ですが、幼馴染のあおい部長は変態痴女だけど嘘はつかないと華ちゃんの肩を持ちます。イチカは昼間の全裸脱がされ体験を語り、一気に緊迫化する場の空気。性に飢えた野獣が周囲をうろついて皆を狙っているかもしれないという!イメージ図が完全に博士のソレなのが気の毒というか何というか。

 そんな中、イチカはこの手の展開のお約束、「自分の部屋に帰らせてもらう」を遂行します。見事殺害…はされませんでしたが、全裸にされてセミのように木にしがみついた状態で発見されます。雨も降っているので博士の防水ボディ大活躍ですね。警察を呼ぼうとしても電波も入らないこの状況。なんというか演劇的なみんなの振舞い。そんな中、ちとせはいつもの通りのテンションで不自然さを指摘します。なぜいつも脱いでいる2人だけしか狙われていないのか。

 ちとせが室内に戻ったところで作戦会議。やはり今回の全裸ひん剥き事件はちとせのドッキリとして仕組まれた企画でした。うみちゃんに突っ込まれるイチカの棒演技ですが、これを練習していたイチカの姿を想像するとちょっと楽しいですね。合宿を心から楽しみにしているちとせを驚かせようという善意の企画だったわけですが、肝心のちとせから突っ込まれた以上、ノーマルなみんなにも脱衣が強要される展開になってしまいました。誰かが勇気を振るう必要がありますが、一体誰が脱ぐのか。それは一人一人に委ねられます。

 とりあえず食事を再開しようとしますが、ここでもまた停電。今回は誰も脱ぎません。進んで脱ぎたい人は誰もいないのですが、誰かはやらねば。ますます高まる緊張感。華ちゃん会長の「絶対に気をつけて」がダメ押ししてきます。こんな鋭い表情もするんですね。とてもいいコマです。緊張した部長さんやうみちゃんもいい表情。

 そして運命の暗転。明かりがついた時…何とちとせ以外の全員が全裸に。皆の「だったら自分がやるしかないか」が1つに合わさった見事な連携プレーと言えるでしょう。さすがにこれにはちとせも驚愕。変質者が脱がして回るという設定は吹っ飛びましたが、これだけの人数がちとせの為に脱いだというのは実は感動的な事なのでは。とりあえず大成功だったと言えるのではないでしょうか。最後のちとせのセリフではありませんが、美術部もいつのまにか美ボ会精神に乗っ取られてみんなホイホイ脱いでしまえるようになっていたのですね。もうこうなったら美術部と美ボ会完全合流でいいと思うのです。トミー先輩は今回不参加だったわけですが、彼には女体化していただいて新しい自分を見つけた上で再入部したらいいですね。うみちゃんも一緒に脱いだので、もうこれでみんなの仲間と言っていいでしょう。おめでとううみちゃん!ちとせについては冒頭の妄想の通り、逡巡の末全裸でおいしくみんなとご飯を食べたのではないかと想像します。ちとせはこういう時に裏切ってしまいそうではありますが…でもみんなの気持ちを考えるとね。脱いで欲しいところです。

*美ボ会に訂正しました