IMG_0524

だったらポリスさんが猫になればいいのですわ記念特別カラー
 そんなに猫が好きなら自分がなってしまえば自給自足!という事で華ちゃん会長のひわいなネココスをポリスが装着すると、さらにわいせつな感じになるのではないかという想像図。この姿でなら少々の理不尽や公権力の濫用も許されるかもしれない。ダメですか。

 ロロッロ世界にもハロウィンはあった!そこはのりお先生、みつどもえのハロウィンとは味付けを変えて迫ってきます。最近流行りの街頭コスプレ大会ですが、渋谷とは違って比較的平和な雰囲気で和気藹々としています。そんな広場にやって来た控えめドラキュラなイチカとノーコスちとせ。最近のイチカはかつての執拗なロボットアピールは影を潜めていましたが、これは既に「ロボットに人権が認められた」という認識からだったようです。ロボットの人権という矛盾に満ちたパワーワードもさる事ながら、いかにもなロボットコスを見ると逆上してしまうあたり、まだまだロボットが平等に暮らせる世界は遠い感じです。

 とりあえずロボット差別感に満ち満ちた不届きな仮装野郎を成敗するイチカ。しかしその中身は…ポリス。直ちに公務執行妨害で逮捕されますが、こんな格好でいて公務中なのかちとせが問い質してくれます。一応ハロウィン会場の覆面警ら中との事で、それならば公務執行妨害もやむなし。ついでにこれは「アンドロイド」との説明で、それならばとイチカの怒りも氷解して素直にごめんなさいしたところ、謝ったら許すという謎の寛大な処置。人型ロボット=アンドロイド以外のクライテリアがイチカにはあるようですが詳細は謎です。

 アンドロイドの頭部は無事でしたがボディをグチャグチャにしてしまったので、制服をどうにかしないと覆面警らにはなりません。そこでイチカが一案。制服をまるっとちとせに移植すれば婦警さんコスの出来上がり!これにはポリスも大満足。ちなみに体格的にずいぶん違いがありそうですが、割とすんなり着こなしています。カッターシャツいっちょにしてしまってしまった、という表情のイチカですが、ポリスは全く意に介さず。それよりポリスはパンツも穿いていないようですが、これは猥褻物陳列ではないのか!?ちとせが逮捕しようとしますが、完全に勢いで無視されております。

 広場での取り締まりを開始するミニ婦警+わいせつロボットコンビ。真っ先に挙げられたのは露出しすぎな華ちゃん会長。全裸よりいやらしい猫コス着用の罪で、ポリスに言われるがままちとせ婦警に18時53分に身柄を確保されます。当然コスプレのごっこだと思いきや、連行された先にはリアルパトカー。本気の逮捕にさすがの会長さんも大慌て。猫になりたいんじゃなくて露出したいだけだろは正解でしょうしね。見かねたイチカが会長さんに入れ知恵をします。猫になりきれ、と。

 仕方なく地面を転がって猫になる華ちゃん会長。絵面的には大変扇情的であり極めて素晴らしいと言えます。ちとせもあくまでも猫として接すると、ポリスはイチカの読み通りネコちゃんに対する欲求を堪えきれなくなります。視界が悪いせいもあるのか、いきなり胸に手を差し入れてナデナデし始めるポリスとその気迫に、会長さんは思わずキックアンドホールドで対抗。せっかくの熱演も無駄に終わりかけたかと思われましたが…猫の習性をなりきりで表現したと認められ、無事ただの露出ではなく真剣な猫のコスプレとの裁定が下って無罪放免。会長は無事にお家に帰れそうでめでたしめでたしとなりました。

 あおい部長は犬のコスプレで、犬と猫でやっぱり仲良しな華あおコンビ。うみちゃんがいなかったのが残念ですが、きっと来年あたりは盛大にコスを決めてくれると信じています。