IMG_0699


うみっピ(仮)と森繁のマジックショーっピ!!

 うみちゃんの手相見と見せかけてからの突然の手品への高速切り替えも中々のワザマエでしたが、その手品を易々とハッキングして見せたちとせの降霊術は更にその上を行くものでした。やれば出来るこの2人、その技を披露したらきっと学校で知らぬ者はないマジシャンカポゥになれるのに。それはともかく2年生でも一緒のクラスで良かった良かった!


 イチカがちとせの元にやって来て、2人で迎えた2年生の初日。思えばうみちゃんを除いて真空のように希薄だったちとせの周囲にも、ちゃんと人の輪が生まれました。しかし、それをまたリセットしてしまいかねないクラス替え。2人で目を覆った隙間から見ているコマが何とも愛おしい。めでたく2人は同じクラス。抱きつくイチカと本当は嬉しいけど顔に出せない複雑な表情のちとせ。本当はうれしいに決まっています。名簿には林田センセーの名前もありますね。その裏では2人を絶対離ればなれにしないという博士の鉄の意志…が発揮されずに済んだという背景があったようです。「優しい世界」というメタコメントいただきました。やはりちとせあってのイチカ、イチカあってのちとせです。


 そしてこの人も忘れてはいけない。戌井うみこ、うみちゃんはいかに。同じくドキドキしながら掲示板の前に来ましたが、何となくB組よりA組の方がいいという謎の気分でいた上に、自分の目で確認を怠ったためにちょっとした試練の時を迎えます。うみちゃんの事も忘れず見ていたちとせ。同じクラスだったので「一緒だよ」と声をかけてくれますが、うみちゃんの頭の中には「A組 or B組」しか無かったために、1年の時と同じくB組だと思い込みます。すっとA組に入っていくイチカとちとせと別れて1人寂しくB組に。しかし、むしろこれをチャンスと捉えていたうみちゃん。転んでもただでは起きないとはまさにこれ。


 いなくなったうみちゃんを探してB組を訪ねたちとせとイチカが見たのは…制服のリボンを前頭部に結ぶ謎の髪型とアミちゃん先輩の様な胸強調スタイルで「ピピピ」と囀りながら教室内を徘徊するうみちゃん。挙動不審かつ痛々しさに満ちた人物の登場にまずい空気が流れるB組と、何が起こっているのか理解できない2人。そして今までのうみちゃんでは考えられない強引さで会話に割り込んでいく強めのスタイル。焦るクラスメイトに手相が見れると持ちかけておいていきなり手品で畳みかけていきます。2年生になって孤独になる事を見越して、色々仕込んでおいたその行動力。方向が少しおかしいけど、やはり出来る女です。ここまでされてはクラスメイツも乗らない訳にはいかなくなります。


 さらに大技の手品でダメ押ししようとするうみちゃんですが、事情を察したちとせがこれを華麗にインタラプト。うみちゃんもビックリの突然の出現を演じて見せます。うみちゃんに出来ることは大抵できるのがちとせ。この2人は色々拮抗しているんですね。ここで先ほどの「一緒だよ」が一緒のクラスという事だったのがうみちゃんにもようやく伝わりますが、その時のうみちゃんの顔の嬉しそうな事!晴れ渡っていますね。慌てていつもの感じに戻そうとしますが、もう遅いというか何というか。とにかく無事にうみちゃんを連れ戻せてめでたし。


 先生も福村先生のままで、おそらく小堀少年を始め諸メンバーも同じなのでしょう。先生が「変わりばえしない」というのもちょっとヒドイかな。でもいつものメンバーで話が進んでいくのは何よりです。ちなみにうみちゃんは勇気を出した結果、手相が見れるキャラとしてしばらく人気を博したとの事で、一歩前に足が踏み出せた感じでしょうか。