IMG_1144


「こうしよう」の後

 今回1番気になったのはマッドキャッツのパーカーの入手法。イチカがロボパワーで本人たちからひん剥いて来たという可能性も考えましたが、最凶半グレ集団が都合の良い場所でたむろっている訳もなく。結局スキルが高い人揃いの美術部総動員で超特急で作り上げて、適当なアジト的空間に行ってお芝居に及んだのではないかと想像します。最近イチカが頼れるお姉さんになってきていてかなり好きです。ちとせとの連携プレイもハマっていて、ラン先輩がマッドキャッツにアレコレされずに済んでよかった!


 ロロッロ!が遂に記念すべき100回を迎えました。ver. 0.xを含めると実は5週間前に既に100回を達成していた気もしなくはありませんが、いずれにせよめでたい限り!めでたさ満開の巻中カラー!いつもとちょっと 感じの違うイチカとちとせです。イチカの太めのおみ足が大変好ましい…背景にはいつもの面々ですが、センセーと少年がいないのが寂しいかも。またver. 200の時でしょうか。


 本編はいつものロロッロ!。溺愛するマァメちゃんを部室に忘れたラン先輩。慌てて取りに戻ったと思ったら、響き渡る絶叫。ちょっと目を離した隙にマァメちゃんが見る影もない無惨な姿に。この時点で誰がやったか丸わかりなギャルメイクですが、いつも近くにい過ぎるせいか気付かないラン先輩。横ではワクワクしているアミ先輩が友の予想外の反応に生気を失っていく様が。何とか取りなそうとしてくれるミシェル。すっかり仲間になりましたね。しかし、これは最凶半グレ集団マッドキャッツの仕業だと断定し、報復に走るラン先輩。最凶半グレ集団がぬいぐるみにギャルメイクを施す所を想像して吹き出しそうになるのを必死にこらえるイチカ。しかし、ラン先輩は本気です。


 基本悪意0のアミ先輩。ぬいぐるみにメイクを施せるあたり、その腕は確かなのですが今回はしなくていい事をしてしまいました。このままラン先輩がマッドキャッツのアジトに突入したら、色々少年誌的に良からぬ事になりそうです。おっさんの歩鳥はダイレクト過ぎるので自重しよう…とにかくこの事態をうまく収拾しなければラン先輩に危害が及びます。直ちに指揮を取り始めるイチカとぬいぐるみの修復に着手するちとせ。次期部長はこの2人でやってけるんじゃないでしょうか。


 マッドキャッツの姿を求めて街を疾走するラン先輩を呼び止める美玲先輩。仮のアジトに誘導し、いよいよお芝居の始まりです。いかにもチャンピオン空間な殺伐とした室内にわだかまる5つの影。みんなマッドキャッツのパーカーを着用して完璧です。とりあえず凄むミシェルとさな。ここら辺は薄い本で色々シチュを作ってきた経験が活きている感じ。ここでボス役のアミに渡して謝って終わりの筈が、掌のカンペが水性アイライナーで書いたせいで消えてしまって読めないアクシデント。


 そこに駆けて戻ったちとせがナイスタイミング。水性の化粧品だったおかげで洗って無事に現場復帰。どうもおかしいと思い始めたラン先輩に、ダイナミック土下座で謝るアミ先輩。すめーんって何だか面白い。そしてこれが美術部あげてのお芝居であった事が明らかになります。ラン先輩の暴走を止めようという皆の気持ちもしっかり伝わりました。ここでうみちゃんの情報網に、マッドキャッツの一斉手配との速報が入ります。マッドキャッツのロゴ入りパーカーを着て外をうろつけばみんなも逮捕の危機。なぜか上半身裸にパーカーを直接着ていたため、トップレスで路地裏を学校に戻る羽目になった美術部の面々。胸の隠し方で大きさが分かるというのりお先生流で100回記念を脱いで締め。美術部みんなに見せ場が作ってあっていい感じでした。

 次の200回は高校生編なのでしょうか。何はともあれめでたい!