IMG_1284


警察を呼ばれても来るのはどうせこの人

 あれだけ頑張っても最後は警察を呼ばれてしまうオチなイチカ。とは言え来るのはどうせポリスなので、もうそのあしらい方は心得たものでしょうけれど。着ぐるみのような密閉空間でも「汗」でボディを冷却出来るイチカは、連載当初に比べるとずいぶん高機能化しました。


 僕ヤバとの同時掲載となった今号。やはりこの両極端な2作によってのりお先生はバランスを取っていらっしゃる気がします。個人的にはみつどもえ以来の多くのキャラがワラワラしている方が好みなのでロロッロ!をより応援しています。コミックス5巻も無事に発売されました。


 巻中カラーはしっかり手をつないだちとせとうみちゃん。決然としたちとせと目が泳いでいるうみちゃんの取り合わせがこれまでの関係を表しているような。それでも2人道ですからね。良い言葉です。できればイチカも入れて3人道にしてあげて欲しいなとも思います。


 遊園地の券18人分という華ちゃん会長の強い意志を感じるハロウィンの優勝賞品。ちとせもさすがに売り払ったりはしなかったようで、無事に美術部+美ボ会で遊園地「わーいランド」にやって来ました。みんなに感謝される所までは良かったのですが、自由行動になった途端1人きりで取り残されるちとせ。いつもなら側にいてくれるイチカもその姿はなし。いきなり試練の時を迎えます。誰かにパッとくっついて行動すればいいだけなのですが、ここまで来てもまだそれが出来ないちとせ。そしてピエロの着ぐるみの中からこっそりその姿を見守るイチカ。エネルギー噴射で上空から先回りでもしていたのでしょう。


 結局トイレに篭ってスマホをいじっているちとせ。その脳裏に浮かぶのは上から目線なイチカの姿。馬鹿にされるのは我慢なりませんが、陽キャ空間はもっと怖い。そしてそれはうみちゃんも同じ。まったく同じ行動を2人して繰り返しているこの無駄時間。そのうち顔を合わせれば嫌でも一緒にいるだろうと予想するイチカですが、物音を敏感に察知して上手く遭遇しないように行動してしまう2人にはそんな余地はありませんでした。


 そうこうしているうちに、着ぐるみの中でオーバーヒート気味になってきたイチカ。朦朧とする中、何とか2人を同時に個室から外に追い出そうと水風船を投げ込みますが不発。うみちゃんはスマホばかり見ていて気づきもしません。もはや行動限界に達し、何とか風船を割ろうとナイフを持って侵入を図るイチカ。まさにホラーなシーンにうみちゃんも絶叫。ようやくちとせが気付きます。


 捨身の行動でようやくちとせとうみちゃんをくっつけたイチカはようやくボディの冷却に。汗だく全裸の大変よろしい絵面ですが、ダブル通報を受ける羽目に。しかしその表情は満ち足りていたのでした。イチカは着替えをちゃんと持ってきたのでしょうか。せっかくだからちゃんと3人で回って欲しい…