IMG_1333


2019年よく頑張りましたで賞

2019年のロロッロ!を1番盛り上げたキャラと言えば、間違いなく緋村歩鳥その人でしょう。登場時はどんなハードなロボ対決が始まるのかと固唾を呑んで見守ってしまいました。そして森繁家のママさんであるエレナさん。この上なくいい人で安心しました。歩鳥もママさんのお陰で森繁ファミリーにぐっと馴染んだ気がします。


舞台は大晦日の森繁家。夜、こたつに入って今年の振り返りモードに入っているちとせとロボ2人。いつの間にか歩鳥も屋根裏部屋での潜伏をやめてすっかり森繁家に馴染んでいます。イチカの映像記録でダイレクトに振り返りが出来る素晴らしいロロッロ!世界。ちとせもちょっぴり怪訝な顔をしますが、特に抵抗感無く受け入れちゃっています。


映し出されるのは会長さんの裸。常日頃から裸過ぎていつの映像か思い出せない位ですが、歩鳥にはちゃんと照合出来るのが地味に凄いというかエロの力というか。歩鳥の「万策尽きて総集編か」という久しぶりのメタ突っ込みに、まったりしようよというイチカの返しで納得してしまうくらい丸くなった歩鳥。その横でちとせはママへの年賀状を書いていますが、ママへの気持ちが強すぎて怪文書化しているのがかわいい。そして皆の思いは異国の地で探検を続けるママの元へ…


そんな中、タイミング良くママを等身大かつ3Dで映してくれる森繁博士。地味ですが、そのうち実用化されそうなリアルな近未来技術。リアル過ぎて、ちとせは触れない事が切なくなるレベルのようですが、そこで一肌脱いでみせる歩鳥。ちとせに触覚を提供するという建前で、ママさんのホログラムと重なって恍惚とします。肌というより完全に重なっていますが・・・しかしそこはイチカに見抜かれて鉄拳制裁。タンコブが出来るロボって素晴らし過ぎませんか?どうなってるんでしょう。


この技術をもってすれば2019年最後のちとせの入浴もママと一緒に。しかしそのためにはママは全裸でカメラの前でM字開脚という…それでもやってくれるところがエレナママの優しさ。この技術の可能性に歩鳥の妄想も留まる所を知らず、タンコブが二階建てになります。イチカも割と容赦ないですね。

 せっかくだから家族写真を撮ってという事になり、一眼レフに三脚で集合写真。とりあえずイチカは外して森繁家だけで、と画策する歩鳥ですが、イチカと歩鳥も入って撮る事に。確かにイチカも歩鳥も森繁家の娘ですものね。


セルフタイマーでの撮影の瞬間、歩鳥がホログラム映写機に接触。そのままシャッターが切られます。画像の確認をしなかったのか、それとも故意なのか。ママさんがこの世のものならぬブレ方をした写真が、1人新年を迎えたうみちゃんに送られます。うみちゃんの喜びからの恐怖のどん底絶叫の落差よ。みんなのはしゃぎ様やちとせの表情からすると、単にそのまま送ってしまったみたいですね。初日の出にうみちゃんを誘ってあげて欲しいところです。


そんなこんなで2020年もロロッロ!がますます面白く盛り上がりますように!