IMG_1350


ボルダリング部の人(仮称ボル子)かわいい

 のりお先生の描く「この部活にはこんな雰囲気の人」がいつも的確で感服します。小柄で身軽そうでストイックなたたずまい。単発ネタには惜しいのでまた出てきて欲しいです。


 洞窟探検からボルダリングまで。低めのアングルからの絶景、すなわちお尻動画を提供する事で圧倒的な視聴数を稼ぎ出すエレナママ。そんなママはいつの間にかちとせ達が通う学校の学園長、つまり華ちゃん会長のお父上のハートをも鷲掴みにしておりました。その結果学園長の個人的趣味からボルダリング部とクライミングウォールが作られる事になりました。いいのかこの学校…


 そしてそのウォールの絵を美術部が依頼されます。この巨大な壁に絵を描くのは大変そうですが、強者揃いの美術部には不可能ではありません。しかし、なぜ今になって…と思いきや、娘の華ちゃんによって明かされるその理由はエレナチャンネル。普通ならドン引かれそうな理由ですが、何と部員のみんなも既に知っているエレナママ。会長も乳・尻・フトモモにぞっこんで、あおい部長がジェラ気味です。そしてうみちゃんはエレナさんがちとせの母親だとは知らずに母娘で見ていたようで、前回の予想は見事に大外れでした。エレナママはよほど昔から不在にしていたようです。イチカがみんなにちとせのママだと言おうとするのを押しとどめるちとせ。ウォールにはエレナママが描かれる事になります。


 完成したのは全裸で微笑みながらウォールに誘う全裸のママ。何て性的なんでしょう。早速取り付く男子部員共。経験者らしいボル子さんのアドバイスも聞かずにひたすらその双丘の頂を目指しますが、相当の難ルートらしく初心者の彼等はあえなく敗退を続けます。しかしちゃんと部員が集まるのは素晴らしい。母の純潔を守るため、ちとせが奮起しますが、1番低い石でギブアップ。心配して側に駆け寄るうみちゃんが地味に嬉しい。


 ここで真打登場。イチカがもはやアピールをやめたロボパワーをここぞとばかりに見せつけます。驚嘆する部員にぼそっと「ロボだからな」と言う歩鳥。機械のように正確に(機械だからか)登って行くイチカ。オーバーハング直前の乳首ストーンに到達すると、力任せに剥ぎ取って放り投げます。もの凄いパワーです。群がる男共の中、無事に確保したのはちとせ。最後は母の乳首を守り切りました。


 結局ストーンは男共の劣情を刺激しない位置に変えられ、エレナママの純潔は保たれる事になりました。1日の終わりにその証拠のストーンを手に、本人に報告するちとせ。Crazy School!は仕方ないけど、ママ側にもその理由の一端がある気がします。