禅次郎のblog

全てのものは疑いうる、 たとえ自分の存在であっても・・・

ネット拾い読み その1

ネットで見ていて、こんなブログを発見!

がきの釣り日記

その昔、毎週毎週下田に通っていました。
連休に4日で3往復したこともあります。
年末年始には一週間ほど下田を中心に南伊豆に留まるのが毎年の恒例だったし
仕事を変える時に、二か月伊豆で車中泊した事もあります。 

伊豆に何をしに行っていたかと言うと、磯釣りです。
雨でも雪でも嵐でも・・・まぁ、台風直撃みたいな時を除いて、とりあえず下田まで行く。

釣り人は前日の夜の天気予報後に、釣り船屋に連絡します。 
おいらも磯釣りとはいえ、沖の岩場まで渡船で渡してもらう事もあったので、天気予報後に電話を入れてました。
渡船屋もその天気予報をみて、翌日船を出すのか出さないのか決めるのです。

電話は、何か所かにします。
手前から外浦、下田、 大瀬、石廊崎、中木、入間、妻良のどこかです。
ちなみに「大瀬」は”オオセ”と読み 「妻良」は”メラ”と読み、「中木」は「仲木」と表記してある事もあります。
西伊豆の半島の付け根あたりに大瀬崎という場所がありますが、そちらは”オセザキ”と読みますが、南伊豆の大瀬は”オオセ”ですね。


さて、風向きを見てどこかに連絡するのですが、予報が悪くてどこも船を出せないって事もあります。
それでもとりあえず下田に向かいます。
予報は悪かったのに、まったく風も波もないって事もあるのです。
それでも予報とおりなら、伊東まで戻って地磯に向かいます。
それどころではないくらい荒れていたら、渡船屋のおやじとパチンコに行ったり、下田や河津あたりを散策します。
おかげで、下田市民に下田で道案内できるくらいになっていました。


それだけ釣りに通ったおいらも、釣りが嫌いだったのです。

小学校の時に親父に連れられて小田原の防波堤で釣りをしたんですが、一匹も釣れず、それ以来釣りが嫌いだったのです。
ところが、20代に付き合いで釣りに行った時に山ほど釣れてしまったのがきっかけで凝ってしまったのです。

釣れてみると、なんというか「狩猟本能」がくすぐられたんでしょうかね。
そして、釣れると分かると釣れない釣りが楽しくなってしまったんです。
釣れない釣りというのは正確ではないけど、困難に挑戦する楽しさを覚えてしまったという感じです。

釣りの経験がない人には分かりにくいので、おいらは「パズルと一緒だ」とよく説明します。
よく、コンビニなんかにパズルの本が置いてありますが、何も考えなくても解けてしまうパズルは面白くないはずです。
一方なかなか解けないパズルはパズル好きにはたまらない。
出来れば、誰も解けなかった問題を自分が解くみたいなのがいいんじゃないでしょうかね。

釣りも同じなのです。
特に磯釣りは、何から何まで自分の判断です。
上手い人と下手な人の差がつきやすいのですよ。

どこを釣り座にするか?
どんな道具で何を狙うか?
どんな仕掛けを使うか?
エサは何を使うか?
どこにエサを撒くか?
どこに仕掛けを投入するか?
どこまで仕掛けを流すか?
どこで誘いをかけるか?

もっともっといろいろな判断を自分で組み立てます。
それも、出鱈目に試してみるのではなく、季節や天気、風、潮、海水温や色など、その時の自然を見て理屈をたてるのです。
勿論水中の仕掛けの動きは正確にわかっている訳ではないので、自分の想像通りなのかは分からないけど、釣りが上手い人は確実にいる訳で、釣りは偶然を待っていても釣れないのです。

だから釣りは退屈、というのは、そのむかしのおいらのように釣りを知らないから思うので、実は釣れていない時こそ頭が回転していて、むしろ入れ食い状態の釣りこそ退屈なのです。 

よく「釣りは短気な人が合う」と言いますが、それは嘘です。
短気でも気長でも、釣りが好きなら向いています。
釣りのスタイルが違うだけです。


まぁ、釣りの話になってしまいましたが、そうして釣れた魚は持ち帰って食べます。
最近はゲームフィッシング流行りですが、狩猟本能に目覚めたおいらには食べない釣りは興味が持てないのです。
仮に食べないとしても、最初から「食べない」と決めてしまうと、釣りをしている意味が分からなくなってしまうのです。

そうして持ち帰った魚を調理します。
新鮮ですから、たいていは刺身と、アラ汁になります。

その他には、フライ、塩焼、干物、鍋、ムニエル、アクアパッツァ、みそ漬け、粕漬け、天麩羅、丸焼き・・・
丸焼きというのは中木でご一緒させてもらったエド山口さんに教わったメジナの簡単調理で、ウロコも何も取らずに、釣ったそのままのメジナを網に乗せて焦げるまで焼きます。
あとは、食べるときに焦げたウロコをこそげ取って醤油をかけて食べるだけです。


釣りや料理の話となると、つい話が脱線してしまいますが、問題は刺身です。

よく釣りをしていると言うと「釣りたては美味しいでしょ?」と聞かれました。
おいらも釣りを始めた頃はそう思ってました。
ところが何度も釣った魚を食べていると、そうじゃないんじゃないかって思えてきたのです。 
釣りたては味がない。
いやないってことはないんだけど、味が薄い。
でも、自分の味覚が他人と違う事も多いので、おいらだけかと思っていたんですよ。
ところが、下田のある渡船屋の親父から「白身魚は釣りたては食べない」と聞いたのです。
調べてみるとアミノ酸の関係で、死後硬直が解けてから美味くなっていく事がわかったんです。

やっぱりそうだったんです。
「釣りたては甘いです」なんてTVでやってますが、あれはTV的コメントか、もしくは本当にそう感じるなら「釣りたては美味い」という自己暗示なのですね。

そして、先ほどリンクさせたブログによると青魚もそうらしい。
勿論それは魚の筋肉を食べるんですから当たり前なんですけど、青魚は匂いが出るんですよね。

一度釣って1~2時間以内だというカツオを食ったんですが、あのカツオ独特の匂いが全くありませんでした。
これはもう好みです。
甘みはなくてもカツオ臭がないほうがいいのか、カツオ臭はあっても甘みがあるほうがいいのかです。


ではまた脱線して、カツオ料理をひとつ、これはソムリエの田崎さん推薦の食べ方です。

カツオの刺身は1~2cmのやや厚めに切りボウルにいれます。
ここにキムチをどっさり、大葉の千切り、いりごまを入れて、ごま油とマヨネーズを少々。
これを混ぜ合わせて出来上がりです。

では又・・・

色々と書きすぎて乱筆・・・にはなりようもないけど「乱文」になってしまったので、最後にさつま揚げの作り方を・・・

基本的には魚のすり身、フードプロセッサーでもいいけど、出来たらすり鉢でなめらかになるまですります。
一度水にさらしてゴミ(ウロコなど)を取り除いて塩とみりんを加えてもう一度すり鉢ですってから蒸すと蒲鉾が出来ますが、塩と好みで野菜などを入れて揚げるとさつま揚げです。
ただしこれでは固い。
そこで、工夫次第だけどふんわりするものを混ぜます。
おいらは長いもと玉子ですが、他にもはんぺんとか豆腐などでもいいです。
混ぜるものによってはつなぎがないとまとまりにくいので、例えば豆腐を混ぜるなら片栗粉を振るといいと思います。
それぞれに特徴があるので、試してみるといいんじゃないでしょうか? 

トランプさんと民主党(日本の)政権

さて、デンマークと言えばドイツの上に突き出た半島・・・
なんだが、じつは首都はそこにはないのです。

デンマークの首都、コペンハーゲンはその横にある離島シュラン島にあるのです。

日本で言えば、兵庫県の県庁所在地が淡路島にあるようなものなのです。

dennma-ku



さてさて、デンマークなんてみんな聞いたことがあるけど、首都が離島にある事を知っている人はちょっと少なくなるんだと思いますよ・・・


アメリカで「日本は北京から電車でどのくらいかかるんだベイベー?」と言われたら、日本人にとっては笑い話だけど、けっこう多くのアメリカ人は「OH!それは聞いてみたい」と思うかもしれないし、「NO~!まったく興味がない」という人も多いんだと思いますね。

日本人は概ね親米で、恐らく一番親近感を持った国がアメリカなんだろうけど、アメリカにとっちゃ~そうでもないんだろうと思うのですよ。


なんだかんだ言っても、世界は白人社会で、トランプさんが勝った理由のひとつが彼が排他的な面も大きいんだと思うんですよね。

かつて、アメリカは白人天国で、黒人を奴隷から解放されてからも差別がひどかった。
これを白人主観で書けば、かつて奴隷として扱っていた人間と同じだと言われ、場合によっては自分の上に立つこともあるんですよね。

心のどこかにある白人至上主義みたいなのに訴えた面は大きいと思うのですよ。

日本人は、政治的とか経済的なことは別にして、メンタル的には白人社会には入れないと、俺は思ってるんですよ。
向こうが入れてくれない。

そういうメンタルの塊なのがトランプさんだという印象です。


ただですね、そううまくいかないのが政治の世界だと俺は思ってるんです。
日本の民主党が全く役にたたなかったのと同じです。

俺は民主党がダメだった原因は政治の進め方を知らなかったからだと思ってます。

例えば大赤字の国で出費を見直すのは当たり前だし、沖縄の基地の負担を減らそうってのも頷ける。
体当たりしてきた中国漁船の船長を法に従って粛々と裁くのも、誰もが賛成なんですよ。

でも、出来なかった。

何故なら政治は自民党式で動いていたし、恐らく又自民党に戻ると、みんなが思っていたからです。

自民党は出来ないことは言わないしやらないし、政官の、あるいは政官財の協力体制が出来上がってます。
 
出費を減らそうにも、官僚を敵に回せない。
沖縄の基地を減らそうにも、受け入れる県がない。
中国を本気にさせたら何をするか分からない。 

一般の人は、無駄があるなら削ればいい、そういう事を公約にしている政治家を選んで・・・と思うけど
政権についてみれば出来ないんですね。

基地に関しても、総理が言ってるんだからだれか役人が動いたかと言えば、誰も動かなかった。

あの漁船の船長を、前原さんは「法に従って粛々と・・・」と言ってみたけど、たぶんいいがかり、イチャモンレベルで人質までとられてしまった。


トランプくんに寄せる期待は、日本であの時に起きた、根拠のない希望でしかないんじゃないかって思うんですよ。 

アメリカの場合、大統領が変わると各省のトップもがらりと変わるので官僚が動かないって事はないかもしれないけど、日本より怖いのは大統領は任期を全うするって事。

言ってみればド素人のトランプくんがどこまでやれるか?

正直、どちらがなってもそんなに変わらないことの方が多いと思いますよ。

TPPの事を書いてる人が多いけど、ヒラリーちゃんもTPPには反対ですし・・・

ただ懸念もあるのですよ。

トランプは日本と韓国に核兵器をと言ってる。
核兵器を持つのがよいか悪いかは置いておいて、最悪8年トランプが大統領をやっても恐らくそれで日本が核兵器を持つ事はないんだろうと思うのです。
ただ、北朝鮮が核保有国になった今、韓国が核兵器を持つ可能性はあるんじゃないかと・・・つまり極東の日韓中北の四か国で、核を持たないのが日本だけになってしまう懸念が自分にはあるのですよ。

 

ここからは余談だけど、民主党がダメ政権だったと書いたけど、例えばルーピーと言われちゃってる鳩山くんの「最低でも県外」発言。
結局出来なかったと沖縄県民にも嫌われちゃったんだけど、だから日本は変らないのですよ。
 
沖縄にある基地には、岐阜や山梨から移転したものもあるのですよ。
地理的に沖縄しかない訳ではないと思うのですね。
沖縄は米国領だったこともあるから、当たり前だけど移転前から基地は多かった訳で
地理的にと言うのならピョンヤンにも北京にも近い九州北部でもよかったんですよ。

沖縄でなければいけないというより、やはり押し付けやすかったから沖縄に移転したんだと思いますよ。

それを、一部県外にというのは、沖縄目線で見れば当然出てくる考えなのです。

しかし、誰ひとりそれに向けて動かなかった。

そりゃそうです。
仮に福岡に移転する目途がたっても、自民党政権に戻れば努力が水の泡なのです。
しかも「無駄を切る」と言ってる民主党より、官僚自身自民党政権を望んでいる中で、そんな事をしたら麻生さんが許しません。

だから何も動かなかった。
しかしですね、これで沖縄県民は怒ってはいけません。
怒りたい気持ちは分かるけど、これで怒って「ルーピー鳩山」なんて言ったら、二度と「最低でも県外」などと言ってくれる総理は出てきません。

「総理なんだから、あんたの決心ひとつだろ」と思うかもしれないけど、どんな政策でも、方針を変えるって事は、今まで周辺にいた人の生活を脅かす可能性があるのです。

東京オリンピックに向けて民泊を進めればホテルや旅館、民宿から反対の声が上がるのは当たり前なのです。大金を使って国の基準に合わせて商売しているのに「民泊~?ふざけんな!」ってなるのです。

出来なかったからといって、怒ってはいけません。
むしろ「最低でも県外」と言ってくれた事に感謝すべきだったと思うのです。
いえ、内心は怒ってもいいけど、表面上「よくぞ言ってくれた」と言えばいいだけです。

そして、これは日本国民で民主党に期待した人たちにも言えると思います。

現在、民主党の支持率は著しく芳しくない。
ああ、民進党か・・・

民進党を見捨てて他の良いことを言っている野党を支持している人って多いと思いますが、無理です。
仮にそこが政権をとっても変わらないと思いますよ。

その事が身に染みた野田さんが手のひらを返したんでしょうね。
無能な総理と言われたくないばかりに・・・

自分が民主党をダメ政権と言うのは実はそこで、鳩山さんではないのです。

「川越に行く」の巻

昨日(2016.10.1)川越に行ってまいりましたよ・・・

行きはのんびり下道です。

先日、山梨で3番目にギターが上手いS先生と寄った 「SEいい気分~♪」のコンビニでゲージツカMと 孤高のミュージシャンJと待ち合わせをして 一路川越へ・・・

平本屋という、日本で唯一の壺焼き芋屋で 本当か嘘か分からないが、とにかくそこで焼き芋を食った以外 特に観光することもなく・・・
「俺、一回行った事あるからなぁ、行くのめんどうだなぁ」
というわけで、小江戸の風情を味わうこともなく 本当の目的地上福岡へ・・・

上福岡って言っても、九州じゃないんすよ。
東武東上線の上福岡駅ってのがあるんだけど 行きたかったのはその駅近くの「でんつくばんつく」
あの元オフコースの鈴木さんもここでライブをやったという 由緒正しきフォーク酒場。

PA010001




























平日と間違えて早く行き過ぎ、3時間も空いてしまったので ちょっと名古屋まで行って金のしゃちほこを見て 18時にお店に(写真参照)

無題6



























マスター「おかしいなぁ、今日は人が来ないなぁ」 と繰り返しておりまして、我々3人以外はおひとり・・・

俺たちは岩名や山女の燻製なんか食べながら 歌いたい放題・・・
なんせ客は4人っす。

PA010005
















その後、隠れさだまさしファンのMさんと、Mさんと同じ歳らしいそのお客さん、そしてマスターでさだまさし談義・・・

そしてさだまさしを歌う・・・

俺も学生時代の相方がさだまさしフリークだったこともあって 伴奏で参加。

「みんな見なくても弾けるんですねぇ」 と、マスターに言われたけど当時の、さだまさしフリークの、ついでに言うと最初のギターの師匠でもあった相方が、けっこう厳しい奴だったのです。
S先生ほどではないのですが(笑)

で、いいころあいでお開き。
この場所でライブをする約束をして、マスターとそのお客さんとはお別れです。

さて、駐車場でしばし話したあと、帰りはめんどくさいから圏央道でと思い、川越に戻ってインターに入ったものの 痛恨のミスで逆方向へ・・・

とりあえず所沢で降りて地図を見たが、ここまで来て戻るより東京に出たほうが早そうなので又所沢から関越道に・・・ 環八を通って首都高、中央道・・・と思っていたんだけど もう朝だか夜だかわからない午前3時。

道もすいてるので20号から尾根幹に入って帰宅。

1





















お疲れ様でした・・・オレ

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/dentukubantuku/
 

イカロスの翼 @鳥屋



学生時代に核エネルギーについて恐怖を感じた事があります。

一般教養科目だったから詳しくは分かりませんが、
核エネルギーを求める式「F=MC²」のCは光速です。
光速っていうのは特殊で、ボクには神の領域に思えてしまいました。

だから、原発事故が起きた時に人間はまるで
太陽に近づきすぎて落下したイカロスだと思ってしまい
この歌を作ったんです。

ボクは自然保護活動家じゃないし
実はそんなに自然に興味がある訳でもないのです。
綺麗な景色を見れば、いいなぁと人並みに思うくらいです。

でも、自然の大切さは感じます。
昔、磯釣りに凝っていた事があって
自然破壊をする人間はそんな海の享受を受けている釣り人や
漁師にもいることを知っています。
何も、自然を守る人間と破壊する人間に分かれている訳ではない。

人間が生活すれば、便利を求めてしまうのはしょうがない事だと思います。

この歌に「彼方は遠ざかり、欲望はあふれる」という歌詞があって
彼方だと思っていたところに行ってみると、そこからは又彼方が見えて
結局欲望は止まらないという意味です。

でもそんなことを繰り返せば
いつか落下するんじゃないかと思うのです。

このVTRを撮った場所はリニアの車両基地が出来て
いずれ埋まってしまいます。

人が早く移動するのは便利なことで、新幹線が出来た時にも
飛行場を作る時にも、一番身近な道路を作るときだって
自然を破壊していたのは確かです。
だから、リニアはダメだと言っていいのかは難しい問題です。

ただ、人が移動するのには時間がかかると考えれば
もう十分便利だと
ボクは思います。

感無量 NHK 受信料 ワンセグ判決

最近、ワンセグについて受信料を払う義務はないという判決が出ました。
原告は元NHK職員の立花という方でしたかね。
誰が訴えたのかは主題とは関係ないので、調べてません。
違っていたらすいません。


随分前ですが、知り合いがひとり暮らしを始めました。
その時に、NHKの集金人が来て、受信料を払ってくれと言われたらしいです。
「テレビはない」と言ったのに、携帯を見せてくれと言われて
「その機種はワンセグ機能があるので受信料を払わないといけない」
と言われ、結局払うことになったと言うのですね。

その話を聞いて、なんだか腑に落ちなくて調べてみましたよ。
放送法ですね。


『放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。』

とあります。
ここまでなら、ああ、払わないといけないのかと思ったんですけど、その先がありました。

『ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。』

とあります。

携帯”電話”は明らかに「放送の受信を目的としない受信設備」ではないかと思う訳です。
そこで、その方にはその話をして、もう一度集金人と対決しろと、おいら自身の憤慨もあって言ったんですが、結局その方は泣き寝入りでした。

おいらはその時「裁判までいったら負ける可能性が高いけど・・・」と言った覚えがありますね。

たぶん、理はこちらにあるけど、”国”としては払ってもらいたいんじゃないかと思ったんですね。
実際に国会では

「放送の受信を目的としない受信設備」と申しますのは、外形的、客観的にその設置目的が番組の視聴ではないと認められるもので、電波監視用の受信設備、あるいは受信画質の確認を行うための設備、あるいは、それと同様で、電気店の店頭に陳列されているものもいわば画質確認を行うものと考えられるので、そういった受信設備がこれに該当するもので、個人の意思に係らしめているものではない。

と言っているのです。

どうも国を(NHKを国側と言えるかは分からないけど)相手取るときには、相当に世論が盛り上がらないと勝てないと思い込んでいたんですが、今回の判決を見て、そう捨てたものでもないと思った次第です。

24時間テレビ

嫌いである

嫌いではあるが、批判するものでもないように思うんですね。
この番組を「偽善」と言うのは簡単だが、実際に金は集まっている。

批判するなら、普段からせっせと募金してから言うべきだな。

日本は何かしらイベントがないと、なかなか募金する、寄付するって事をしないですからね。

障碍者が何かを成し遂げて、それを感動の押し売りにしていると言うけど
それならパラリンピックだってそうじゃないのかね。
確かに感動の仕方も、この番組はクサイよ、見たのはもう何年も前だから今は分からないけどね。

アイドルを出して若者の視聴率を、そして募金額を稼いでる部分もありますけど
アイドルってそういうものでしょ。

善行には偽善のそしりがもれなくついてくるものです。


電車でお年寄りに席を譲っても、偽善だと思う人はいるだろうし
駅で目の不自由な方に手を差し伸べてもそうですよ。

怖いのは、偽善だって声が大きくなって、誰も何もしなくなる事です。

24時間テレビで集まった金は、確実に誰かの為になっているんですよ。

感動を押し売りしているように見えようとも
アイドルを餌にしようとも

じゃぁ、なんでおいらは嫌いなのかって言えば
小さな子供がコツコツと貯めた小銭までもらわなくてもいいんじゃないかって思うからですね。
いくらか寄付してもらって、あとは持って帰って貯金しなさいでも
お菓子でも買いなさいでも
いいんじゃないかって思うからです。

今一度書くけど、最近見てないからそこのところも分かりませんが
おいらが見ていた頃の感想です。

原発について

すぐ消されると思うので、見たい方はお早めに・・・

http://www.dailymotion.com/video/x4ql7be

前にも書きましたけど、おいら原発には反対でございますよ。
だけど、残念ながら選択するのは日本国民ですからね、賛成の方もいるでしょう。

それで
仮に再稼働するならですよ、「住民の避難、事故後の生活」について、その対策があっての再稼働でしょ。
なぜなら、福島の教訓は「絶対安全はない」ということだからですよ。

しかし、またぞろ「安全神話」に陥ってる。
なぜ安全神話に陥るかと言えば、地域住民を避難させる方法も、その大勢の住民を事故後に受け入れる、一時避難ってことではなくですね、10年20年と、そしてその中の半数以上はそのままそこに落ち着いて生活出来る場所なんてないからですよ。
住民避難が出来ないなら「事故は起きません」と言うしかない。
国は安全委員会のお墨付きをもらってるけど、安全委員会は国が決めた基準をクリアしているかどうかしか判断していないんでしょ。
勿論国は「これで絶対安全だ」とは言ってませんね。
安全委員会も「安全を担保しない」ことは言ってるんですから言えませんよ、それは・・・

そして住民避難は自治体に責任があるんですね。
でも、実質住民避難について何も決まっていなくても、国が安全基準をクリアしたと言えば、それは「再稼働を迫る」ものになってしまってる。
押し付けられた自治体の首長は、住民避難の見通しが立たないので「安全です」と言うしかない。

それが伊方原発の再稼働を決めた愛媛の知事さんですよね。

実はおいらは、原発推進の考え方も分からないでもないのですよ。
原子力は理論的には有望なエネルギーなのですよ。

しかし、起きている現実を条件として論理的に考えれば、原発の理論は机上の空論でしかない。
科学の進歩とは失敗の繰り返しであって、そういうもんなんだけど、失敗したときの規模が違うんですよ。
事故は起きないとは言えないのは当たり前なんですけど、一番肝になるのはやはり住民避難です。
「安全性」と考える人もいるだろうけど、おいらはそうじゃないと思ってますよ。

いやいや「安全性」にも万全は期するべきだけど、絶対がないんだからセイフティーネットは張っておくべきでしょう。

つまり福島の事故後5年以上たっても解決できない現状があるのに、住民避難については安心してくださいなんて言えないのですよ。
電気を作る技術は他にいくらもあるのに原発に拘る理由は・・・
原発の推進はエネルギー問題じゃないってことですね。
第一には安全保障上の問題ですよね。
兵器そのものはなくても材料も技術もはそろってるというね。

それから商売でしょうか。
外国に原発を売るのに、日本は危ないので廃止ですとは言えませんから・・・
まともな理由があるとしたら核融合エネルギーへの橋渡しかなぁ。
でもこれは実験炉規模でもいいと思うんですよ。
あまり知られていないけど、大学や企業の実験炉ってのがあって、わが神奈川県にもあったんですね。


じゃあ、原発をやめて電力をどうするのか、対案を出せって言われるんですが、おいらはこの言い方が嫌いなんですよね。
例えばです、これまでのハイブリッドにはどうも不具合があるとします。
当然自動車会社は非難されて、ハイブリッドはダメなんじゃないかって言われますよ。
こんな時に自動車会社が客に「対案を出せ」と言いますか?
そんな事言ったら「お前が考えろ」と怒られちゃいますよ。
どこに、客に向かって「対案を出せ」なんて業界がありますか?
ラーメン屋さんだって、客に不味いと言われても「お前が作り方を考えろ」なんて言わないでしょ。


原発なしでもやってきたんですからとりあえずはいいってのもある。
ですが、これもまた安全保障にかかわってきますが、自前のエネルギーが悲願なんですね。

例えば地熱発電なんですが、多くの場所は国立公園だからとか、景観を損なうとか言うんですね。
そんなことどうにでもなるでしょう。
温泉を利用すると商売あがったりだとか、そんな話もあるけど地熱バイナリーという方法もあるし何が何でも出来ないって事はないと思うのです。

それに、日本はどれだけ石炭が埋まっているか分からないくらいの埋蔵量らしい。
これにCO2を注入するとガスが採れるらしいんですが、これも有望だと、個人的には思ってます。

何も対案を出さないのも”イチャモン”並みに言われちゃうから書いたけど、さっきも書いたようにそれは商売をしている側が考えることですから、これらにも問題がない訳ではないかもしれません。
太陽光でも風力でも、問題がない訳ではないでしょう。
しかし、原発が国民に受け入れられなければ、原発以外で東電さんが考える事です。

個人的にはそのあたりの問題は現状の原子力に比べれば解決方法は容易にみつかるんだと思ってます。


それに、大きいのは核廃棄物の問題ですよね。
日本じゃ核燃料リサイクルなんて建前でやってます。
これも理論上成り立つけど、他の国じゃとっくに見切りをつけてる話です。
実際のところはトラブル続きで、とてもやっちゃーいられないレベルですよ。

有名な六ヶ所村はリサイクルを条件に受け入れてるので、この核燃料リサイクルが破たんすると原発が成り立たないのですよ。


結局ですね、日本って国は建前建前建前なんですよね。
おいらは「憲法九条改正論者」です。
だって、自衛隊は普通に憲法を読めば違憲ですよ。
憲法は文学作品じゃないですからね。
自衛隊と九条が両方成り立つなんてのがおかしい話です。
自衛隊を「軍隊じゃない」と言うのは建前も建前、もはやただの嘘です。

安倍さんは「軍隊」って言ったけど、ひと昔前なら「軍隊」なんて言ったら内閣が飛ぶ失言でしたよ。
国民のほとんどが「ありゃ軍隊だろ」って思っていても「軍隊ではございません」と言うしかなくて、みんな軍隊だと思っているのに国会で「軍隊だ」と言わなかったから
OKみたいなね。

このへんは、実は「護憲派」と呼ばれる側に問題があるんだと思ってるんですけどね。
実際より建前の虚構を要求していた感じがしますね。

あぁ、念のために言っておくけど、現在の自民党の憲法草案は全く支持しません。



話が脱線しましたが、核燃料リサイクルも、安全神話も、建前、虚構、嘘、そういう話なんですよね。
理論敵に原発が素晴らしい技術だとしても、現実を組み合わせてみれば、純粋なエネルギー問題として見た場合、そんなリスクを冒して、しかも大金を捨てるような状態を続けてまですすめなくちゃいけない技術ではないと思うんですよね。


小池百合子都知事

都知事選は低調でした。

主要候補と呼ばれる3人以外に、本当は適任者がいたんじゃないかと思ってるのです。
消去法で小池さんに決まった感じはするんだが、おいらはどうもこの方は好かんのですよ。

その理由はただ一点。

あれは鳩山政権時、鳩山さんは「米軍基地は最低でも(沖縄)県外!」とぶち上げたのです。
その時に候補と噂されたのが「徳之島」です。

当たり前だが、徳之島では反対の声があがり、集会やデモが開かれました。
この集会に参加して、デモに加わり「ハンタ~イ!」とこぶしを突き上げたのが小池さんです。
おいらは別にその集会が悪いと思っている訳ではないんだけど、小池さんが参加するってのはどうもしっくりこないのです。

小池さんは防衛大臣まで務めた方ですよ。
沖縄に米軍基地をお願いしていたひとりと言ってもいい立場でしょう。
小池さんが、基地は沖縄がベストと考えていたとしても「米軍基地をおらが島には作ってくれるな。」
という趣旨の集会には参加すべきではないと思ったのですよ。

社会生活をしていれば、産廃場、ゴミ処理場、斎場、原発(おいらはいらないと思うが)などなど、社会には必要でもうちの近所にゃ作ってくれるなっていう施設がある訳です。

これにその地域の方が反対するのを、一般的に「地域エゴ」なんて言うけど、おいらはむしろそういう事はどんどんやるべきとも思うのですよ。
結果はどうだか分かりませんけどね。

政争的意味合いもあっただろうから見逃しがちですけど、例えば我が相模原にゴミ処理場が沢山あって、少しでも他の地域に移せないかと運動があって、では「厚木に・・・」という話が出てきたとしますよ。

当然厚木では反対運動が起こったんだけど、そこに元環境大臣が出てきて
「ゴミ処理場移転、ハンタ~イ!!」とやったら・・・・

おいらは釈然としませんよ。

いや、反対なら反対でもいいのですよ。
例えば「朝まで生テレビ」なんかに出てきて
「道路事情の関係で、厚木ではごみの回収にコストがかかりすぎる」とか言うなら
それは一理あるんですね。

しかし、反対運動に加わっちゃったら、今までゴミ処理場を押し付けられていた相模原市民は怒るのですよ。


ただですね、では誰?と言われると困るのですね。

そんな都知事選でした。
おいらは神奈川県民だけどね(笑)


8月15日

「良い戦争なんかない!」

俺はそう思います。

それでも必要悪だと言う人もいます。
愛する人を守るため戦うのだと言うなら、それはそれで理解はします。
そうして日本の為に戦った方々は立派だったとも思います。

ただ、そうするべきかと聞かれれば、そうとは限らない。


戦争は正しい方が勝つ訳ではないのですよ。

必ず守りきれると思っているなら都合がよすぎる。

いやいや、守りきれるかどうかではなく、守ろうという意思の問題だ・・・と言うなら
国が滅びようとも絶対に戦争はしないと心に強く誓うのも意思の問題であって
つまりは同じ精神論なのです。


それでもまだ、戦えば”勝つ”目も出てくるけど黙って負ければ100%負けるのだと言われます。
そりゃ道理です。

ただし「勝つ」とは誰が「勝つ」と認識するかです。


よく、戦う事を身近な話に置き換える事があります。
家に強盗が入ったうんぬんかんぬんです。

しかしですよ、この例では表しきれない事がありますよね。

戦争には、国民の多くが死んでしまっても、敵国が「降参」と言ったから
戦争に「勝利した」と言える考え方があるのです。

ところが、妻も子供も殺されたけど自分は残り、しかも強盗が「参りました」と言ったからといって
「これは勝利したのだ」という考え方は出来ないって事です。

国が勝つ事を家族を守ることに置き換えるのはそこが危険なのです。
気が付いた時には戻れません。


昔戦争で南方に行ったという方に話しを聞いた時、その老人はこう言ってました。
「例え、属国になっても戦争はいかん」・・・と
勿論その方は「属国」で生活した経験がないので、一方的な想いであるんだけど
それ程に悲惨な現実を見てきたのです。

憲法九条を護るのが戦争を避ける方法だという方々を「お花畑」と言う方もいます。
でも、かの老人が経験した悲惨さも分からず、そう言うほのも”立派な”「お花畑」だと思うのですよ。

相模原で事件がありました。

事件の内容はこちら・・・


相模原障害者施設殺傷事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%96%BD%E8%A8%AD%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この事件について「介護職員の過酷な仕事内容に対して給料が安い」という話が出てきます。
これはこれで問題はあるのかもしれないけど、この事件についてそれを言うのはどうなのでしょう?

介護の仕事についている方が言いたくなる気持ちは分からないでもないけど
19人も殺害した凶悪事件ですからね・・・
待遇が悪くてちょっとイタズラをしたっていうような事件ではないのです。



さて、時間の経過とともに、容疑者は「障害者は死んだほうが良い」という考えだったという話が出てきました。
まぁ、ナチス的思想ですね。

ナチスはユダヤ人虐殺ばかりが取り上げられるけど、障碍者も大量に虐殺しているのです。
この思想の根本には「殺害していい者がいる」という考え方があると、死刑廃止論者の自分は思うけど
まぁこれもあまり掘り下げるとこの事件の本質を見失うのでやめておきます。

ただ、ネット社会が一般社会の縮図ではないけど、この容疑者と同じような事を言う人は思ったより多いのです。

なんにせよ、こういう人がいることも考えながら社会生活を送らなければいけなくなった事は心しておかないといけないのでしょう。


プロフィール

Zenjiro

アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ