2008年03月23日

東野圭吾「時生」

私がこれまで読んできた中で面白かったおすすめ本は東野圭吾さんの「時生」です。

息子は難病に侵され、今まさに息をひきとろうとしている。
そんな時、宮本拓実は妻に言う。
「ずっと昔俺はあいつに会ってるんだ。」と...

まずこれを見て読みたいと思いませんか?

主人公である宮本拓実の息子のトキオが自分の若い頃の時代にタイムスリップしてくるというもの。
時代の違った2人のちぐはぐなやりとりが楽しい。
非常に面白い展開で読みやすくあっという間に読んでしまいました。
拓実がトキオの出現によって変わっていく姿がいいですね。

拓実の最後の台詞「トキオっ、花やしきで待ってるぞ。」 には心が震えました。
そして同時に涙が溢れてきました。
切なすぎます。
トキオに「花やしき」というキーワードを教えてあげないと、過去の自分と会えないからね。
そうなると今の自分はいない。
深いです。



オンライン書店セブンアンドワイならお得に本を購入することができます。
セブンイレブン受け取りなら、購入金額にかかわらず送料・手数料0円!
24時間いつでも受け取ることができますし、現金支払いもできます。
もちろん梱包もしっかりしているのでプライバシーも安心!
何より国内最大級の品揃えなのが嬉しいですね。

本を読んで感動の世界に浸りましょう〜。

セブンアンドワイ

リンクシェア レビュー アフィリエイト

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星