ごあいさつ

 

 本会発足より50年目を迎え、本会「カウンセラーの資格およびその養成に関する基準」に基づき認定された「二級カウンセラー」は2,782名を越え,各地で学習と実践を続けておられることと存じます。

 本研修会は,二級カウンセラーの一級カウンセラーへの学習と経験の拡大深化,相互交流と分かち合いを念じて企画されてきました。

 25回目となります本研修会が、より有意義で深い学びのある研修となりますように 1日目は軌道に乗りつつある地方創生さわやかサポーターの活動についての発表、(在宅療養支援診療所)ケアタウン小平クリニック院長山崎章郎先生ご講演2日目は昨年に引き続き清水幹夫先生による理論学習。続いて理事の先生方によって、グループ学習をおこないます。

1)第一日目地方創生さわやかサポーター認定協会の活動に参加しての発表。

2二級取得者による体験発表。その発表を聞いての学習は,各発表者のもとグループに分かれて行い、相互に経験の深化を図ります。その後,グループでの話し合いを全体に発表しあいます。

3)そして今回は,ケアタウン小平クリニック院長山崎章郎先生をお迎えし、「在宅ホスピスケアの実際ケアタウン小平チームの取組と題して、ご講演いただきます。

   山崎先生の著書には『病院で死ぬということ』<(1991)で日本エッセイストクラブ賞受賞。映画化(市川準監督1993)>の他、『「在宅ホスピス」という仕組み』(2018)、『死の体験授業』(2015)等多くの著書があります。「NHK総合 クローズアップ現代」で「ケアタウン小平の活動」が放送されました。「自分らしくいきる」ということ、「いのちと向き合う」ということの意味を深く考える機会になると思います。

4)夜は懇親会。昨年と雰囲気を変えた会場にて、相互交流を深めます。

5第二日目。昨年も引き込まれるようにお話下さった清水幹夫先生(法政大学名誉教授)による理論学習。

6体験学習(グループ学習)。一級取得者・二級取得者・参加者共に学ぶ体験学習。

   エンカウンター・グループロールプレイングファシリテーター研修グループフォーカシング4のグループに分かれての体験学習です。

2日間研修されますと、二級カウンセラー認定カード更新時のポイント(2ポイント)にもなりますので是非ご参加下さい。

 本研修会は二級取得者の継続研修を念頭に置いていますが、三級の方々他、どなたでもご参加いただけます。皆様の積極的なご参加を祈念し、ごあいさつとさせていただきます。

 

20189

一般社団法人全日本カウンセリング協議会 理事長 石井 要子


【日程 2018年11月24日(土) 10:00 受付開始    

10:30~10:40  理事長あいさつ
10:40~11:30  地方創生さわやかサポーター認定協会の活動について
         川手泰子・他(地方創生さわやかサポーター認定協会マネージャー) 
1
1:40~12:30 二級カウンセラー資格取得者による体験発表

「カール・ロジャーズに学んで―私のカウンセリング―」

《発表者》   ① 大島 礼子 (東京カウンセリング研修センター)

② 竹下 志磨 (日本カウンセリング研究会本部)
   ③
 妻木  真弓  (富山カウンセリングセンター)

 昼食
 

13:30~14:50 各二級カウンセラー発表者を囲んで
                               ―小グループでの話し合い

15:00~16:45 講演

    演題〔在宅ホスピスの実際―ケアタウン小平チームの取り組み―〕

 講師 山崎 章郎先生(ケアタウン小平クリニック院長) 
     

17:30~19:00 懇親会 「ドットハイル」目白駅近く 
                           こじんまりとした、会話の楽しめるスペースを選んでみました。


11月25日(日)

  9:15  受付開始
  9:30~11:00 理論学習 清水幹夫先生(法政大学名誉教授)
           カール・ロジャーズ「パーソナリティーの変容の必要にして十分条件」
 11:15~12:45 グループ学習
 12:45~13:45 昼食
 13:45~16:45 グループ学習

◎担当世話人

グループ学習
   石井要子(兵庫県カウンセリング協会)/
    
岩谷素子(カリスカウンセリング研修会)
  
 小河 豊(東京カウンセリング研修センター) 
  
 根岸常美(東京技術カウンセリング研究会)/
    
吉田尚友(日本カウンセリング協会)
  
 兵頭孝子(セルフ《自立》カウンセリング研究所)/
    稲毛田貴史(佼成カウンセリング研究所)
    

                            
 五十音順
              
やむを得ない事情により世話人が交代することがあります。

グループ学習の願い
 
①グループ担当世話人  石井 要子

ロジャーズは、エンカウンター・グループの目的について「個人の成長、個人間のコミュニケーション及び対人関係の発展と成長」と述べています。

ファシリテーションとは何か。ファシリテーターのあり方について、グループ体験を通してお互いに学び合いながら、「今、ここでの」自分に出会いたいと思います。

  グループ担当世話人  小河 豊

あるとき、私は電車の中で、私が今出会っているのは、「乗客」という名称をかぶった人であって、「人間、その人」には出会っていない、ということに気づかされたのです。

職場や家の中でも、上司、部下、同僚、夫、妻、子、親、という肩書のついた人には出会っていても、はたして「人間、その人」に出会っていると言えるのでしょうか。ここに現代の孤独の問題も見え隠れするのですが、それはともかくとして、この「人間、その人」に出会える道はあるのでしょうか。
この道は、実は、この世界でたった独りのかけがえのない「人間、その人」に向けて、呼びかけてゆく(今ここの自己を語る)ところから始まるようです。この「呼びかけ」は、この私が「聞いていける人」になる道に必要な第一歩であり、このE・Gの切なる願いであると言えるのです。
  

 グループ担当世話人  根岸 常美

ロールプレイ学習は技術よりも感覚を磨く体験学習です。自分がどうあると相手が信頼してくれるか。人はどういう経験をしているときに素のままを語るか、成長が促進されるか。これらについて、具体を通して学べる機会になります。

カウンセラーの基本的なあり方としてまず第1にクライエントから学ぶという姿勢が大事です。次に、より良くなろうとする力と傾向を信頼し、具体的仮説を立てながら相手の語るところを理解しようとすることです。その手掛かりとして相手の語るところをすなおに聴き、あるがままを理解しようとすることです。違っていても相手が心の世界を述べることの役になります。そんな関わりを続けることを通して、その人の心の世界を教わり続けるのです。だからこそカウンセラーは成長し続けられます。そんな学習ができることを願っています。

グループ担当世話人  兵頭 孝子   

「今、どんな感じ?」自分の内面に向かって、自分の内面に矢印を向けて、今自分の中でどんな感じが起こっているのか、そこに焦点を当てて、感じ取ろうとします。
カウンセリング場面では、同時に「今どんな感じ?」と、クライエントさんの内面に向かって、その感じを感じ取ろうとすることです。
「今、どんな感じ」自分に向けるときも、他者に向けるときも、これには、練習が必要です。ご一緒に練習してみましょう。
    

 

------------------------
参加費 
 2日間通しての参加  12000円 (当日受付は13000円)
 1日目だけの参加    7000円 (当日受付は 8000円)
 2日目だけの参加    7000円 (当日受付は 8000円)
 2日目のお弁当申込み  1000円
 懇親会参加(定員30名) 4500円 (当日受付は 5000円) 
----- 申し込み要領  ------ー
1,お申し込みは,下記の「参加申込書」に必要事項をご記入の上,参加費を添えて,協議会事務局までお送りください。
2,「参加申込書」,「参加費」が揃った後,事務局から「参加受付(領収)証」をお送りいたしますので,当日会場受付にお示しの上ご参加ください。
3,お申し込み後,事情があって参加できなくなった場合は,参加費の返金はいたしかねますので,ご了承ください。
申し込み先 全日本カウンセリング協議会事務局
 〒161-0033 東京都新宿区下落合1-3-16 ジョリメゾンヌベル下落合101号室
     ℡・Fax 03-3362-3736
    銀行振込 みずほ銀行 高田馬場支店 №0222236
    郵便振替 00170-7-37988
定員 第1日目 200名  第2日目 120名
お申込み締め切りは,11月17日(金)
お申込みフォームからお申し込みください。

<場所>
<住所>東京都文京区目白台2-8-1 TEL 03-3942-6090
<交通>山手線-目白駅下車(桜楓二号館まで徒歩18分)
    バス-目白駅から日本女子大行スクールバス
           〃   新宿西口行、江戸川橋行、椿山荘行きで女子大前下車
    地下鉄-有楽町線「護国寺」駅下車 (4番出口から徒歩16分)
        副都心線「雑司ヶ谷」駅下車(3番出口から徒歩13分)
※宿泊をご希望なさる方は、近くにホテルメッツ目白(03-5984-0011)、リッチモンドホテル目白(03-3565-4111)、
  ホテルサンルート高田馬場(03-3232-0101)があります。