小パンフ④ 安倍の〝本職〟は政権維持のためのばらまき政治

小パンフ④ 安倍の〝本職〟は政権維持のためのばらまき政治

 ――消費税の「全世代型社会保障」への〝転用〟をゆるすな

syoupanhu4 労働者党参院選勝利のための小パンフシリーズの第4弾は、参院選の最も重要な争点の一つ、そして安倍の“争点ずらしの”経済政策――バラまき政策――の中心をなしている、「消費増税の転用と、それを財源とする全世代型社会保障」政策の批判特集です。

 ブルジョア政権によるバラまきポピュリズム政治がいつ頃から始まったかを正確にいうのは容易ではありませんが、民主党による政権交代が行われる直前の麻生のガラ悪政権の頃からであり、それを派手なポピュリズム政治として開花させたのは、09年の鳩山=小沢政権からであったといえるでしょう。


 もちろん安倍政権が、それを“異次元の”金融緩和とか財政膨張とかの有害で、場当たりの、そして今後そのマイナス面ばかりが出てきて、労働者・働く者を苦しめる政策(アベノミクス等々)として、リフレ派のヤクザ経済学者らの妄説を採用、悪用し、いわば“完成”させたともいえるのですが。

 我々の批判もまた、全体的な総括と、具体的な検討としては、民主党政権の直前の選挙闘争における自民党民主党の論争のチェックから始まり(1章)、次いで、新生の鳩山政権の年々5兆円もの財政支出となった「子育て支援」への批判となり(2章)、さらに、安倍政治と小泉のえせ「子育て支援」の愚説と闘った、17年の衆院選における神奈川11区の闘いに受け継がれ(3、4章)、さらにそれ以降においても、現在の参院選にもおいても、我々の闘いの重要な中心環をなしている批判に及んでいます(5、6、7章)。


 そして最後の2頁の2篇は編集の都合で、「補遺」として、一般的に、現代の“バラまきポピュリズム”政治を擁護し、正当化するブルジョアたちやブルジョア経済学者らの荒唐無稽の頽廃理論の紹介と批判となっています。


 こうした民主党政権や安倍政権の“バラまきポピュリズム政治”に反対する、我々の一貫した、揺るぎない10年間にわたる真剣な闘いの軌跡は、この小パンフを読み通されるなら、いくらかの前後はありますが、ほぼ歴史的、経年的に学び、確認することができます。

 この小パンフが、参院選を闘う我々の闘いの、そして安倍政権の打倒と一掃を目指して闘う全国の労働者・働く者みなさんの有効で、大きな力とも武器ともなることを期待して止みません。

(林 紘義)

 

    編者 労働の解放をめざす労働者党

    発行 全国社研社

    定価 100円+

小パンフ③ 幻想の野党共闘

小パンフ③幻想の野党共闘
  ――安倍自民党を助けただけ

syoupanhu3 序 文
 この小パンフは志位がこの4年ほどにわたって主唱し、実践してきた野党共闘路線が余りにも見事に破綻し、「安倍政権を打倒し、一掃する唯一の道」どころか、国政選挙で安倍の完勝を保障し、安倍政権の延命に事実上手を貸し、協力する、最も拙劣で、むしろ 敵を利するだけの最低最悪の愚策であることを完璧に明らかにし、志位共産党の死命を制するほどの重要な意義と役割を持つものです。

 我々の小パンフとその意義は、志位が3年前の参院選において野党共闘路線を推奨し、実践し始めた時に始まり、17総選挙で、その全面的な破産に行き着き、安倍と自民党の完勝を許したときに、すでにその完璧な正当性が証明されましたが、さらに今夏の19参院選にむけても、野党共闘などどこにも存在しないし、し得ない――仮に何かゆがんだ野党共闘が生まれたとしても、結局は一昨年の総選挙と同様な“野党”なるものの完敗に行きつくしかない――ことによっても、さらに明らかにされています。

 この小パンフは、その真実をこの3年ほどの政治闘争の経過を追いながら、具体的に、事実を追って明らかにしています。最初は16参院選における、野党共闘とその近い将来の行く末と結末に対する、我々の深い洞察と鋭い批判から始まっています(2頁)。

 今こそ我々の野党共闘の歴史的経験をチェックし、それを根底的に批判するこの小パンフによって、野党共闘の幻想は――同時に、共産党は労働者・働く者の政党であるという虚名も――終わるし、終わるしかないことを確認してください。

 また同時に、我々は、労働者・働く者は野党共闘ではなく、どんな闘い方や戦術によって安倍政権と自民党と反動派の専制政治を打倒していくのかについても明確な観念を提示し(5頁、15頁)、さらに野党共闘を謳う、さかしげで、しったかぶりの市民派やシールズ(学生運動家)らの無内容で、幼稚で、無力な本性をも暴露し、批判しています(6頁)。

   【目  次】
  序 文
一、野党共闘の現実――有権者裏切る結果に帰着
二、どんな政綱で一致したのか――それぞれの原則をぼかし、棚上げして
三、自公に3分の2の議席を許した民共を糾弾する
  心やましき“野党共闘”――自ら墓穴を掘る
四、シールズは保守主義の個人主義者――引き回された野党は余りに幼稚で低俗
五、乞食根性の共産党――共産も民進も議会主義病の双生児
六、ようやく固まった政治闘争の“構図”――17衆院選を前にしてすでに志位路線は破綻
七、志位「路線」の大敗北――850万票目標がたったの440万票
八、愚者の一つ覚え――志位またもや野党共闘幻想
九、瀬戸氏よ、野党共闘は野合ではないですか
十、破綻した志位の野党共闘路線――頭でっかちの観念論と敗北への道

小パンフ② 吉村ふみお奮戦記

安倍、野党へのドッチラケの中で高まる期待と応援
──吉村ふみお奮戦記 
yosimurapannhu1
 労働者党の参院選勝利のための小パンフシリーズの②として、「安倍、野党へのドッチラケの中で高まる期待と応援──吉村ふみお奮戦記」が出版されました。
 労働者党19参院選比例区の予定候補者(特定枠)の吉村さんは、昨年11月、新居浜市の医療生協の診療所を退職、それ以降、精力的に元職場の労働者やつきあいのあった労組の仲間、友人などに選挙への応援、協力を訴え飛び回っています。このパンフレットは、労働者党が参院選に向けていかに闘っているかの現場からの報告です。

 最新の世論調査(「報道ステーション」の調査)によると、安倍内閣の支持率は42%と不支持を5ポイント上回り、自民党の支持率は44%となっています。 データの改竄、森友・加計汚職に次ぐ下北道路建設にかかわる安倍と政治組織の汚職、国家予算の私物化の発覚、看板政策であるアベノミクス破綻等々自民党・安倍政権の恐るべき腐敗、退廃が次々に明らかにされているにも関わらず、安倍内閣や自民党に対する支持率はほぼ横ばいとなっています。この最大の理由は、「他の内閣よりよさそうだから』が45%を占めていることにあるように、内閣の政策を積極的に支持するというのではなく、代わりが見当たらないという全く消極的理由からです。政党支持も同じで、野党第1党の立憲は9・9%、共産4・6%、国民0・8%等々1割にも満たないところで横ばいを続けています。まさに政治は「ドッチラケ」状況です。

 その最大の責任は野党にあります。安倍がアベノミクスでカネをばら撒き経済振興を謳ったり、「全世代型社会保障」などを叫べば、立憲、共産党や連合も「賃上げで景気振興を」といったり、国家財政の破綻もおかまいなしに「社会保障充実」のためにカネのバラまきを訴え安倍政権に追随しています。自民党・安倍政権と野党は「同じ穴の貉」であり、こうした野党の現状こそ自民党、安倍政権を助けているのです。

 パンフは、現在の「ドッチラケ」状況を突き破り、労働者の未来に向けた闘いを切り開いていくものこそ、労働者・働く者の声を代表した労働者の政党の闘いとその発展です。私たちは多くの労働者・働く者皆さんに、私たち労働者党がいかに選挙戦を闘っているかを知り、支持と応援をしていただきたいと思います。

 申し込みは全国社研社または党支部迄。10部、20部とまとめて申し込まれた方は、送料は当方が負担します。定価は50円ですが、弾力的に考え、カンパも含めて買ってもらうとか、場合によっては無料で宣伝のために利用してください。(「海つばめ」1350号より)

     1部50円
ギャラリー
  • 《MMT派経済学批判を特集》『プロメテウス』59号発刊
  • 《MMT派経済学批判を特集》『プロメテウス』59号発刊
  • いかなる観点で『資本論』学習会を組織するかの指針
  • 小パンフ⑤ 労働者党の憲法(憲法第1章「天皇」条項)改訂試案
  • 小パンフ④ 安倍の〝本職〟は政権維持のためのばらまき政治
  • 小パンフ③ 幻想の野党共闘
  • 小パンフ② 吉村ふみお奮戦記
  • 小パンフ① 困難な介護問題の解決に向けて
  • 我々はいかに闘ったか 増補改訂版発売!
  • 新刊案内 我々はいかに闘ったか――神奈川11区の闘い
  • プロメテウス58号
  • 「レーニンの言葉」を販売します!
  • 「資本」の基礎としての「商品」(2)
  • 新刊・日本共産党と『資本論』
  • 57号《特集》資本の下での社会保障の限界と欺瞞