出版物一覧

《MMT派経済学批判を特集》『プロメテウス』59号発刊

労働者党理論誌『プロメテウス』59号発刊 

purome59


《MMT派経済学批判を特集》

  

厳しい状況の中で発刊できずにいた理論誌『プロメテウス』の59号がようやく出版されました。MMT派の経済学と政策を真っ向から批判した特集は、マルクス主義の観点からの一貫したMMT派批判であり、日本において――否、恐らくは世界でも――初登場であり、歴史的意義を持つと確信しています。特集以外に、時局論集や書評も掲載されています。 

時局論集は、アメリカ大統領選結果についての「危機深めるアメリカ」と、安倍から総理を交代した菅政権を暴く「安倍政治継承うたう菅の所信表明」、それと、来日した中国王毅外相発言を非難した共産志位発言を論じた「愛国共産党・志位の中国外相非難」の3本。

 書評は、白井聡著「武器としての『資本論』」と斎藤幸平著「人新世の『資本論』」の2冊が取り上げられています。時局論や書評は『海つばめ』や労働者党のホームページ及びブログで掲載されたものの中から厳選しました。


 MMT
派の批判は、正直、決して簡単でも楽しいものでもありませんでした。彼らは荒唐無稽の反動的ドグマ――政府が自国通貨建てで支出する能力に制約はなく、財政赤字や国債残高は気にしなくてよい等々――をあれこれの衒学的知識をちりばめ、もったいぶって説くことにより、読者をたぶらかしているのであり、その嘘っぱちを一つ一つ摘発し化けの皮を剥がしていくことは決して容易ではなかったのです。しかし、執筆者たちはマルクス主義の観点からその嘘、妄想、虚妄性、反動性を暴くことに真剣に取り組み、何とかまとめることができました。もとより、私たちはこれで十分と言うつもりは毛頭なく、さらに批判を深めていくつもりです。

 最後に、論文の中でしばしば、労働者の目指すべき方向として社会主義(共産主義)社会が提起されていますが、労働者党の文献を初めて読んだ方は、社会主義と聞くと、すぐかつてのソ連や現在の中国を思い浮かべ、眉をひそめるかもしれません。しかし、私たちは既に1960年代半ば過ぎからいち早く、ソ連・中国の体制を特殊な資本主義(国家資本主義)と規定し、マルクスが『資本論』などの中で提起した共産主義社会とは全く別物であること、商品生産は社会主義でも残るといった市場社会主義論は国家資本主義の現実の追認にすぎないことを明確にしてきました。興味ある方は本誌広告に出ている関連文献を是非お読みください。「目から鱗が落ちる」こと、請け合いです。(S)《編集後記より》

purome59back 

申し込みは全国社研社でも労働者党でも結構です。

プロメテウス59号の定価は800円、送料200円です。

 

メールでのご注文は webmaster@wpll-j.org 宛にお願いします。

 郵便振替口座:001206166992 

 

   ISBN978-4-9904618-7-4

   C0433800E

 

連絡先:〒1790074 東京都練馬区春日町1-11-12-409

TEL・FAX 03(6795)2822
      全国社研社

 

労働者党HPのプロメテウス59号紹介記事はこちら

いかなる観点で『資本論』学習会を組織するかの指針

いかなる観点で『資本論』学習会を組織するかの指針

 

《資本主義をトータルに理解するために》『資本論』を学び、『資本論』を超えよう!

 

 

sihonronpanhu この小冊子は今までの、ありきたりの『資本論』学習会の指針とか案内書とかプログラムといったものでは全くなく、むしろ『資本論』の、したがって資本主義の「トータルな」認識を目指し、また獲得するための学習会を組織していくための基本的な指針やプログラムです。

 

 『資本論』学習会は学習会であると共に参加者に資本主義の「トータルな」認識と自覚を得られるようなものにして、『資本論』の全体的な理解を、したがってまた資本主義の「トータルな」――その本質的で、全般的な――理解に関心を向け、資本主義を一掃して、どんな社会を勝ち取っていくのかが自覚できるものにして行くことが重要です。

 

 我々のスローガンは「労働の解放」です。資本主義を打倒した後、労働者・働く者が勝ち取る社会と社会関係の理想を明らかにする我々の目標もしくはスローガンこそ、その意義と内容を『資本論』の学習会の中で、労働者・働く者に明らかにし、我々の戦線に続々結集させる役割を直接に担う学校であることこそ、我々の『資本論』学習会の意義であり、実際の在り方なのです。

 

 『資本論』を学ぶにあたって、賃労働の廃止、つまり〝市場経済〟と資本主義、そして賃労働による分配法則の一掃(そして「労働時間による分配法則」の実現の必要性と必然性の自覚)という段階にまで進んで初めて、我々の資本論を学ぶ本当の意義と意味が明らかになるとさえ言えますが、これはすでに《『資本論』を学びつつ、『資本論』を超えていく》ことです。

 

 我々が『資本論』を越えていくというのは、『資本論』を徹底的に学び、その根本的な概念を理解し、そしてそれを現代の資本主義と闘い、それを克服するための理論として、より深化させ、いまだに明確でない概念――例えば、拡大再生産の概念とか、社会主義における分配法則を明らかにしていく等々――をはっきりさせ、労働者・働く者の共有の財産にし、労働者・働く者の自己解放の運動をより意識的で、自覚的な運動に高め、勝利に導いていくということです。それくらいの壮大な心意気と決意と覚悟で、『資本論』の学習(会)、研究(会)に取り組んでほしいということです。

 

 この『資本論』を読み、学ぶための「指針」も、まさにそうした目的意識で一貫して書かれ、まとめられています。

 

 

    著者 林 紘義

    発行 全国社研社

    定価 200円+

出版物一覧(6)プロメテウス(⒚‐1号)

出版物一覧(6)プロメテウス(19‐1号)

 

第19号(95年秋季号)《特集》戦後50年とオウム/広松物象化論批判・上

 

第18号(95年夏季号)《特集》エンゲルス没後百年(家族論/自然弁証法他)

 

第17号(95年春季号)《特集》廣松哲学の批判(マッハ主義哲学他)

 

第16号(95年冬季号)《特集》共産党の70年を総括する/労農派批判他

 

第15号(94年秋季号)《特集》資本主義と税制(租税論/税制改革他)

 

第14号(94年夏季号)破局の危機迎える北朝鮮/南ア「民主化」他

 

第13号(94年春季号)社労党10回大会報告=激動する国際国内情勢

 

第12号(94年冬季号)《特集》ファシズム批判他

 

第11号(93年秋季号)金融改革の意味、ローザと民族問題他

 

第10号(93年夏季号)《特集》『金融資本論』批判他

 

第8・9号(93年冬季・春季合併号)《特集》党組織論、民族概念、在日朝鮮人問題――党内闘争はいかに闘われたか

 

第7号(92年秋季号)《特集》第二インターを総括する

 

第6号(92年夏季号)《特集》退廃する米資本主義(米金融危機他)

 

第5号(92年春季号)《特集》国家資本主義諸説(対馬・クリフ他)

 

第4号(92年冬季号)民族問題(民族理論/レーニンの民族政策)

 

第3号(91年秋季号)《特集》民族問題(『民族』とは何か他)

 

第2号(91年夏季号)現代の土地所有と社会主義・地球環境破壊

 

第1号(91年春季号)《廣松・林対談》現代資本主義の根本問題

出版物一覧(5)プロメテウス29-20号

出版物一覧(5)プロメテウス29-20

 

第29号(98年春季号)《特集》恐慌

ブルジョアジーを震撼させる金融危機/“過少消費説”批判――恐慌はいかに説明されるべきか/一九二七年の金融恐慌――その歴史に学ぶ

 

 

 

第28号(98年冬季号)《特集》「橋本行革」批判

 《社労党第14回大会決議》ブルジョア行革といかに闘うか/破綻する“新自由主義”と“ケインズ主義”への回帰/橋本政権の財政改革/郵政事業の民営化と行革/日本版“ビッグバン”に未来を託せるか/差別・選別とエリート主義に堕す橋本の「教育改革」

 

 

 

第27号(97年秋季号)

《特集》“自由主義”の元祖アダム・スミス――私利追求社会への眩惑――

あらゆる「価値論」の契機が混在(価値論)/産業資本の要求を代弁(重商主義批判)/アメリカとの合邦制を擁護(植民地論)/国家はできるだけ“自由放任”に(教育・宗教論)

 

 

 

第26号(97年秋季号)《特集》現代資本主義と規制緩和

“規制緩和”は何を意味するか/西欧の「規制緩和」と労働者の闘い/「公共の精神」を説く国家エゴイズム(台頭する国家主義批判)/行き詰まるブルジョア医療保険/解体の危機に立つ春闘/ペルーの発展とMRTA/新農業基本法制定作業/聴濤の社会主義論/地球温暖化問題/埴谷雄高『死霊』論

 

 

 

第25号(97年夏季号)

フォードとの一体化進むマツダ/『父性の復権』論批判(ゴリラは人間の理想たりうるか)/「自由主義史観」という名の帝国主義史観/池上惇の「文化経済学」批判/遠藤周作論/詩稿・プロレタリア綱領Ⅱ/生産的労働のマルク主義的概念について(下)

 

 

 

第24号(97年冬季号)

菅直人の“市民主義”批判/生産的労働のマルクス主義的概念について・上/矛盾を深める財政投融資/北朝鮮は開放経済に向かうのか/崩壊するアメリカンドリーム/司馬文学と明治維新/いわゆる回り道について/丸山真男論/社労党第13回大会決議=96総選挙と労働者党の任務

 

 

 

第23号(96年秋季号)

《特集》破綻するブルジョア福祉

 「貧民の救済」かブルジョア社会の“救済”か?/破綻するブルジョア福祉と年金問題/高齢社会と公的介護保険/アメリカの医療制度問題/大塚久雄の“方法論”/企業の腐敗と現代資本主義/労働者の闘いとインターネット/高橋和巳没後二十五年によせて

 

 

 

第22号(96年夏季号)《特集》ケインズ没後五十年

 

 

 

第21号(96年春季号)《特集》飛躍するアジア/広松共同主観論批判

 

 

 

第20号(96年冬季号)《特集》金融危機/広松物象化論批判・下他

 

出版物(単行本)一覧(4)

出版物(単行本)一覧

 

 

 

教育問題シリーズ 1

 国民教育の成立とその歴史的意義

――フランス革命期における公教育

 菊池 里志 著  1,000円+税・送料200円)(2002年10月刊)

 

 

教育問題シリーズ 2

 顕現するブルジョア教育

 国家主義と“市場主義”――アメリカの「教育改革」

 有賀 明彦 著  1,000円+税・送料200円

 

 

 

以下の書物(◆)は、
「ういんぐ出版企画センター」の発行ですが、

全国社研社でも取り扱います。

 

 

 

◆林 紘義著作集 全六巻  定価=各巻2,000円

  第一巻=「労働価値説」擁護のために

 

   第二巻=幻想の社会主義(国家資本主義の理論)

 

   第三巻=腐りゆく資本主義

 

   第四巻=観念的、宗教的迷妄との闘い

 

  第五巻=女性解放と教育改革

 

   第六巻=民族主義、国家主義に抗して

 

 

 

 

 

◆『変 節』

 

 郵政労働者の生活と労働、闘いと苦悩を描く

著者・増田 勇  定価=1,500円

 

 

◆破産した現代“社会主義”

 

ソ連・中国に見る国家資本主義の“進化”過程

 

 著者・鈴木研一  定価=2,000円

 

 

◆変容し解体する資本主義

 

“管理通貨制度”とは何か、そしてそれは歴史的に何を意味するか

 

著者・林 紘義  定価=2,200円

 

 

 

その他、全国社研社出版物
(在庫切れもありますので、全国社研社にお問合せ下さい)

 

 

 

■国際共産主義運動史

その苦悩と闘いの歴史(在庫切れ)

 

 

■スターリン体制から「自由化」へ

国家資本主義の内的「進化」のあとづけ

 

 

■資本主義の民主的改良か社会主義的変革か

日本共産党批判

 

 

■新たな労働者党の建設をめざして

吉岡直人遺稿集

 

 

■革命的社会主義の旗をかかげて

 マル労同は選挙闘争をどう闘うか

 

 

■労働者派・社会主義派の代表を国会へ!

マル労同は第三四回衆院選を闘い抜く

 

 

■破産した“革新”幻想

 美濃部都政8年の総括

 

 

■ジャガノートの車輪の下で

苦悩し闘う労働者たち

 

 

■栗木伸一(林 紘義)評論集

 我々の闘いの軌跡

 

 

■宮本・不破への公開質問状

ハンガリー事件・スターリン批判・ポーランド問題について

 

 

■部署は違えど心はひとつ

永井明遺稿集

 

 

     連絡先= 全国社研社

 

       住所 〒179-0074 東京都練馬区春日町1-11-12-409

    電話・FAX   03-6795-2822

 

    メール  uing-shaken@jcom.home.ne.jp

 

ギャラリー
  • 《MMT派経済学批判を特集》『プロメテウス』59号発刊
  • 《MMT派経済学批判を特集》『プロメテウス』59号発刊
  • いかなる観点で『資本論』学習会を組織するかの指針
  • 小パンフ⑤ 労働者党の憲法(憲法第1章「天皇」条項)改訂試案
  • 小パンフ④ 安倍の〝本職〟は政権維持のためのばらまき政治
  • 小パンフ③ 幻想の野党共闘
  • 小パンフ② 吉村ふみお奮戦記
  • 小パンフ① 困難な介護問題の解決に向けて
  • 我々はいかに闘ったか 増補改訂版発売!
  • 新刊案内 我々はいかに闘ったか――神奈川11区の闘い
  • プロメテウス58号
  • 「レーニンの言葉」を販売します!
  • 「資本」の基礎としての「商品」(2)
  • 新刊・日本共産党と『資本論』
  • 57号《特集》資本の下での社会保障の限界と欺瞞