前立腺がんの生存率

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

全身状態や年齢、ステージ(病気)等によっても差があるものの、一般的に言えば前立腺がん生存率は高いものと言えます。癌の中には、膵臓がんのように悪性度が高く、生存率が極端に低いものもありますが、そうしたものとは対極に近い位置にあると言ってよいでしょう。早期に適切な治療を行えば、前立腺がんは完治できますし、生存率も良好な数字を記録しています。

前立腺内に限局している場合であれば、手術を行った場合の10年生存率の目安は90%、放射線治療なら80%程度です。前立腺周囲に広がってしまった場合でも、手術を行えれば90%程度の10年生存率を期待できます。このように、癌が転移していない状態であれば、必ずしも命に関わるものではないのです。

しかし、遠隔転移を起こしてしまうと、前立腺がんの5年生存率は20〜30%になってしまいます。時期を逃してしまったばかりに、症状を改善させることができず、死に至ってしまうことは珍しくありません。早期発見のためにも、定期的な検診や、自覚症状がある場合に検査を受けておくことが欠かせません。

名医を探すにしても、まずは発症を確認するところから始まります。前立腺がんの生存率を高めるために、決して放置しておくことがないようにしてください。初期症状のうちに発見できれば、十分に治癒は見込めるのです。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!