前立腺がんの転移

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

リンパ節や骨、肝臓などの部位に前立腺がん転移してしまうと、治療にも影響してきます。手術を行えなくなる場合もあります。他の癌と同じように、転移が起きてしまうということは、それだけ症状が悪化してしまうことになり、生存率の低下にもつながります。発見が遅れるほど前立腺がんの転移が生じてしまっている可能性が高まりますので、早期発見が予防のための方法の1つになります。

転移によって原発巣とは別の症状が起きます。骨に転移すれば、骨の痛みが起きるため、それを緩和するために放射線治療を行います。前立腺がんを放置しておくと、それだけ他の部位にまで広がってしまいやすくなります。検査を受けることによって治療を早めに始めておくことは、症状が進行してしまうことを予防するために重要です。

すでに前立腺がんが転移している場合には、ホルモン療法によって治療を行うことが多くあります。ただし、ホルモン療法には再燃という問題があり、永久に効果が持続するわけではありません。複数の薬剤がありますので、それぞれの薬剤を切り替えることによって効果を長期間継続させることもできますが、それにも限界があります。ホルモン療法が終わると化学療法に切り替えるのが一般的です。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!